« 3連休の楽しみ方【3】大阪市交谷町線の30系に会いにいきました(2) | トップページ | 京阪電車の発車時刻表を眺めながら、この10年間を振り返る・・・。 »

2013年10月 1日 (火)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」【1】「GMエコノミーキット「近鉄2410系制作記」(1) 

今月より、新たなシリーズをお送りします。

 

題して「シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」」です。


第1回目は、現在も近鉄大阪線で活躍中の2410系です。

 

今回は、グリーンマックス(以下、GM)より発売されているエコノミーキット「近鉄2410(1810)系<2連×2>4輌編成セット」を用いて、2410系の2両編成の制作の様子をお伝えします。


完成まで日数がかかるかと思いますが、末永くお付き合い下さいませ。

なお、2411Fは、電気計測車「はかるくん」へ改造。事業用車両に転用されました

その「はかるくん」を撮影した写真が手元にありました。

 

Img001

 

撮影日は不明ですが、HDD内のデータには「2007年 近鉄京都線新祝園付近で撮影」とありました。



では、本題に入りましょう。

 

Simg001



このパッケージの商品を組み立てます。
まずはこのうちの2両分(2410系2連)を組み立てることにしました。
以下に、組み立てる際に活用する、私が撮影したロケハン(下見)写真を紹介します。



Simg_01892009911

 

2009.9.11 俊徳道駅にて



Sdsc_4640_3865dsc_4640201327



2013.2.7 大阪上本町駅にて

 

そして今回より、以下のコンセプト(概念)に基づいて、制作することとしました。

 

(1)ロケハンの写真とほぼ同じ姿のものを制作。


(2)細かいところに手を加えない。


(3)一見して、「近鉄の2410系」とわかるようにする。

 

それでは、次回より制作の模様をご覧いただきます。(つづく)

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 3連休の楽しみ方【3】大阪市交谷町線の30系に会いにいきました(2) | トップページ | 京阪電車の発車時刻表を眺めながら、この10年間を振り返る・・・。 »

「自分なりのNゲージ鉄道模型」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3連休の楽しみ方【3】大阪市交谷町線の30系に会いにいきました(2) | トップページ | 京阪電車の発車時刻表を眺めながら、この10年間を振り返る・・・。 »