サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013年9月30日 (月)

3連休の楽しみ方【3】大阪市交谷町線の30系に会いにいきました(2)

こちらの記事の続きになります。



あれからおよそ2時間、大日駅内で時間を費やしました。


そして、15時38分。

S_dsc7450



S_dsc7454




八尾南から折り返してきた、30系の到着です。



画像をご覧いただければお分かりかと思いますが、行先表示が「回送」となっていました。



この時は、大勢の撮り鉄さんがいらっしゃいました。



それではここで、同列車が出発するシーンの動画(YouTube)をご覧いただきます(「ココログ」においては、初めてのアップロードとなります)。




このあと私は、かなり以前に訪問したことのある、大日検車場へ行く事にしました。

S_dsc7481



構内を裏側から見た様子です。

ちなみに以前は、近くにある歩道橋から、この検車場が見渡せたのですが、どういう事情か分かりかねますが、閉鎖されていました。

ですので、ほかの方もそうでしたが、金網越しからの撮影となりました。



S_dsc7487



現在の谷町線で走っている車両(左から22系、30系(3545編成。もうひとつの編成)、最新型の30000系)です。




S_dsc7501



30系3545編成です。
HMは同じデザインですが、色が異なっていました。

この時は、望遠レンズを使用しました。



S_dsc7507



場所を少し移動してみました。
向かって右から4番目に見えるのが、30系です。




S_dsc7522



八尾南寄りの先頭車、3045号車です(望遠レンズを使用)。

昨日(29日)をもって、「ラストラン」は終了しました。
今回は乗車は叶いませんでしたが、個人的には満足しています。(完)

※おまけ画像




S_dsc7533




帰路に就く前に車庫の反対側を見ると、夕焼け空とうろこ雲(?)が綺麗でした。

たまたまですが(種類は分かりませんが)、鳥も一緒に写ったのでした。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月27日 (金)

3連休の楽しみ方【3】大阪市交谷町線の30系に会いにいきました(1)

こちらの記事の続きになります。


先日大阪市交通局のHPを見て初めて知った「さよなら30系LastRun」


その30系は、谷町線に6連2編成(アルミカー)のみが残っているとのことでした。


今月(9月)いっぱいで運行を終了する旨の情報を入手し、22日は自分も過去に乗車した経験のある30系車両を見たくて、大阪市交谷町線の大日駅まで行ってまいりました。


大日駅に到着したのが、13時40分頃でした。


どうにか、同社のHPに記載されていた「運行予定時刻表」の列車(大日13:48着、13:52発の八尾南行き)の列車にどうにか間に合いました。


ホームへ降りてみました。

_dsc7318



見えてまいりました。




_dsc7322



こちらが、その30系(2編成のうちの1編成。3549編成)なのです。



_dsc7324




特製HMです。

_dsc7331




同社のHPによりますと、同車は今年の10月初旬に廃車を目前に、この「Last Run」列車を8月25日~9月29日までの日曜日(計6回)運転するとのことでした。

この車両は、30系の中でも比較的製造年が新しいグループで、1992年より冷房化や室内インテリアのリニューアルなどを実施し、室内に至っては新車と見紛うような装いで、今日まで走り続けてきたのです。


このあと、まもなく発車するので、八尾南側に移動しました。

_dsc7337



むしろこちら側の方が、撮り鉄さんは多かったです。

こうして13:52分に、この30系は大日駅を後にしたのでした。(つづく)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月26日 (木)

3連休の楽しみ方【2】京阪寝屋川車庫へ・・・。(2)

こちらの記事の続きになります。


それでは、この日の寝屋川車庫の様子を見てみましょう。



S_dsc7270




S_dsc7271




2600系(0番台)の出町柳行き準急が通過していきました。

自宅に帰ってから調べてみると、2624Fであることが分かりました。

このほかの2600系0番台(2編成。2601Fおよび2609F)もそうですが、現在本線を走っている同系(7連3編成)の大きな特徴としては、7両中6両にパンタグラフが搭載されているということと、2連と3連の編成を組み合わせていることが分かりました。

S_dsc7278

そのあとの特急(出町柳行き)は、「きかんしゃトーマス」のラッピング編成(3006F)でした。

高架下にも3000系を見受けることができました。




S_dsc7284



このあと思わぬ珍客(?)がwobbly!!

「きかんしゃパーシー号」(10000系10001F)が車庫の奥から留置線に入っていました。



S_csc7289




S_csc7291


しばらくすると、ふたたび奥の方(?)へ移動したのでした。

S_dsc7299





S_dsc7300



約20分後、さきほど述べた2600系2609Fを見ることができました(下の画像は、望遠レンズを使用)。



S_dsc7307

その9分後、5000系のゾロ目編成(5555F)が入線してきました。


おそらく、萱島神社の時に見た、5000系だと思います。


今回、気づいた点としては、萱島止まりの中之島行きの普通は、車庫の留置線を出る(本線上へ入る)際に、ブザーが鳴った後、動く(留置線を出る)ことが分かりました。


結局この場所に1時間以上滞在していて、時刻は正午前で暑かったです。


翌日もお天気が良かったので、別の場所へ行きました。(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月24日 (火)

3連休の楽しみ方【2】京阪寝屋川車庫へ・・・。(1)

こちらの記事の続きになります。


京阪の萱島駅から最寄り駅へ向かう道があるのです。

その道をたどって行くと、京阪線の高架下に京阪電車の車両基地でもある、寝屋川車両基地があるのです。


今回は、保線用の車両などを紹介します。

S_dsc7254




S_dsc7256



S_dsc7259



ちょうど、出町柳へ向かう3000系の特急と、2400系の普通、6000系の樟葉行きの急行を見ることができました。


S_dsc7257




S_dsc7264



S_dsc7263

ご覧のように、保線用の車両にも京阪のロゴマークを見受けられました。

S_dsc7261


こちらは、レール運搬台車です。




S_dsc7260



右奥に見えるのが、レール削正車です。

次回は、道路から京阪の高架線を走る電車と、この時の車庫の様子をお送りします。(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月22日 (日)

3連休の楽しみ方【1】京阪萱島駅の萱島神社へ・・・。

皆様、今回の3連休はいかがお過ごしでしょうか?

私ですが、21日は久しぶりに自転車を使い、最寄り駅のお隣の萱島駅まで行ってまいりました。






_dsc7234





まずは、駅の下にある萱島神社でお参りをしました。



_dsc7232




今年の3月に初めて訪問した、大阪天満宮にもあった牛さんの像です。
この像に触れると、ご利益があると聞いたことがあります。



_dsc7236




さて、本題に入ります。


この萱島神社には、とても有名なものがあるのです。


地元のほとんどの方や、他方から京阪電車を利用される方などが、よく「途中下車をする駅」として有名なほどです。


それは・・・?




_dsc7231




この神社の御神木「楠(くすのき)」なのです。



寝屋川市のHPによりますと・・・。


「高さ約20m、周囲約7m、樹齢はおよそ700年と推定されます」とのことです。



では、その楠を見てみましょう。



_dsc7239




ご覧のように、ホームの屋根を貫いているのです。


ふたたび、同市のHPより簡単に説明します。


京阪のこの区間が高架複々線になる前は、地元の方が大切にされていました。
そして・・・。


「京阪電車が高架複々線になる時に、地元住民の強い要望により切られることもなく駅構内に取り込まれ、新しい駅舎の中に末永く保存されることになりました」
とのことです。



では、この日私が撮影したものを紹介します。




_dsc7238



電車を絡めると、こんな具合です。



_csc7302




_dsc7237




神社を絡めてみました。


このあと私は、「あの場所」へ赴いたのでした。(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(番外編)

こちらの記事の続きになります。


前回の記事で「とある場所へ向かった」と書きましたが、それがこちらなのです。

S_dsc6860




なんと、ご覧のようなものを見つけたのでした。

S_dsc6862


乗車用ホーム(乗り場?)には、このような掲示がありました。私はちょうど、13時45分の便に間に合いました。



S_dsc6866



車内は、このような雰囲気です。

私が座った車両後部では、このチンチン電車の由来や歴史などのお話を熟練の方がアナウンスをしていました。

このチンチン電車は、一往復乗車で300円でした。というわけで、復路も乗車しました。



S_dsc6872



私は、熟練の運転士さんの運転の様子を観察していました。

主要時間は、往復で4分くらいでしょうか・・・。最初の場所まで戻ってきました。

ほかの乗客の方が降りられてから、この車両を観察することにしました。

S_dsc6877




この方のブログ
に詳しい解説がございますので、ここでは簡単に紹介させていただきます。



S_dsc6881




S_dsc6882




S_dsc6886


この車両は、京都市電の狭軌路面電車路線(N電)北野-京都駅前間(昭和36(1961)年7月)の廃止時廃車となった車両を活用したもの(27号車)だそうです。

S_dsc6887



運転操作をするマスコン(?)も、海外製で、年期が入っています。




S_dsc6889


乗り場から少し離れた場所からの撮影です(セピア調にしてみました)。



S_dsc6894



その乗り場から、梅小路蒸気機関車館の方への風景です。



S_dsc6898



もう一度乗り場へ戻りました(モノクロ調処理をしております)。



S_dsc6906




S_dsc6909


今度はそのあとの便を撮影してみました。

このあと私は、非常に暑かったので、近くの自販機でアイスクリームを購入して食べたあと、往路と同じく京都市バスの「東山・水族館ライン」に乗車し、最寄り駅に着いたのが15時頃でした。

最寄り駅の近所に、私がまだ子供の頃、当時母に連れられて食べたことのある「モスバーガー」のお店が出来たので、そこへ立ち寄り、帰宅したのでした。(完)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月20日 (金)

もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(4)

こちらの記事の続きになります。



S_dsc6790




保存展示されたSLをひと通り見たあと私は、この車両がある場所へ赴いたのでした。

ある程度の年齢の方ならご存知かもしれませんが、その車体色からかつて「レッドトレイン」という愛称を持っていた50系客車(オハフ50形)です。

かつては1000両以上を有したこの50系客車も、2000年代初頭に引退しました。

意外なことにこの客車は鉄道友の会より、1979年にローレル賞を受賞しているのです。



Ssimg_139920111



前々回(2011年1月)の時は、ご覧のような姿でした。



S_dsc6788



この客車は「オハフ 50 68」でした。

サボ受けには「客車休憩所」という表示のものが見受けられました。




S_dsc6791




室内です。


冷房用の家庭用エアコン(画像の右上に見えるもの)が取り付けられている以外は、ほぼ廃車当時の状態でした。



S_dsc6802





S_dsc6796




S_dsc6795





S_dsc6810







こういったものを観察していると、今に生きる国鉄型客車を象徴するかのようです。



このあとこの客車を出て、こんなものを見つけました。



S_dsc6813




S_dsc6814




キハ58系ディーゼルカーや、0系新幹線などの車輪が展示されていました。


このあとだんだんと暑さが増してきたので、館内へ入りました。



S_dsc6829





このようなものや・・・。



S_dsc6847




鉄道関連の施設では、おなじみとなった鉄道ジオラマ。
そのとなりには、SLのナンバープレートが展示されていました。




S_dsc6825




ご覧のようなユニークなジオラマも見受けられました。



これらを見学したあと、先ほど紹介した50系客車でしばしの休憩を取り、13時より再開したイベント「SLのナンバープレートの拓本作り」に挑戦しました。



これは、SLのナンバープレート(レプリカ)に白い紙を乗せ、その上から自分の好みの色のチョーク(のようなもの)をこすり付け、自分だけのナンバープレートの複製を作るというイベントです。


魚釣りの魚拓(ぎょたく)のイメージに近いものとお考えいただければいいかと思います・・・。



S_dsc6850





S_dsc6855




このあと、私はとある場所へ向かったのでした・・・。(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月18日 (水)

もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(3)

こちらの記事の続きになります。


それではこれから、同館に保存展示されているSLを紹介します(「SLやまぐち号」として運転されていた、「貴婦人」の愛称を持つ、C57 1号機の現状につきましては、こちらをご覧ください)。

_dsc6815



こちらは1070形1080号機です。

_dsc6760



9600形9633号機です。


その左に写っているのはC11形64号機です。



Simg_26432013720



8620形8630号機です(これは、前回訪問した7月20日に撮影したものです)。

_dsc6768




D50形140号機
です。

_dsc6741




C51形239号機です。




_dsc6779




C53形45号機です。




_dsc6719



C55形1号機です。



_dsc6774



「デゴイチ」の愛称を持つ、D51形1号機です。
SLの代名詞とも言える機関車です。




_dsc6775



お召列車を仮定したという設定で、お召列車の装飾が施された、C58形1号機です。

_dsc6748



前々回(2011年1月)に同館を初めて訪問した時は、「SLスチーム号」に抜擢されていて、体験乗車もした想い出がある、D51形200号機です。

この時は、テンダ(炭水車)部分が手前に向いていました。



_dsc6750



「SL北びわこ号」 のHMを掲出した、C56形160号機です。




_dsc6762


B20形10号機です。



_dsc6777



C59形164号機です。



_dsc6767




D52形468号機です。



_dsc6734


C61形2号機です。
この日は転車台の上に置かれていました。

以上、紹介したSL各機の詳細は、同館のHP(こちら)に詳しく書かれています。



_dsc6723



この日の同館の扇形車庫です。
「999」のHMを掲出したC62形1号機が中央に見えました。(つづく)

p.s.先日の台風の被害にあわれました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月16日 (月)

もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(2)

こちらの記事の続きになります。


999のコーナーで、「999って、どんな内容だったっけ・・・?」というのを思い出し、999のビデオ映像が放映されているコーナーで、私はしばしの間、「999」(この時のものは、CGアニメだったので、比較的新しい作品だったものと思われます)の映像を観ていました。


ちなみに同作品のテレビアニメ放送の最終回は、1981年と掲示されていました。

私のおぼろげな記憶では、アニメ放送を見たのは、小学校中学年の頃だったので、その時見たものは再放送だったのでしょう。


999のコーナーを出て、次に私は館内(旧二条駅舎内)の展示物を見て回りました。

S_dsc6623



こちらは、お召列車(皇族の方々などがご乗車になられる列車)とその列車をけん引したSLに掲出された紋章などが展示されたコーナーです。



S_dsc6634



こちらは画像の上の方にも見えますが、全盛期の梅小路機関区を再現したジオラマです。

_dsc6649



これらは、自分でもよく分からないのですが、「こういった状況になった時は、警戒してください!!」という意味合いで、線路の近くに立てる標識ではないでしょうか・・・?



_dsc6651



こちらも詳しくは分からないのですが、SLの全盛時代の改札を再現(?)したものだと思います・・・。

以上の2点について、ご存じの方はご教示いただけると幸いでございます。


このあと私は館内を出ました。
この段階で、時刻は11時をまわっていました。
この時、暑かったかどうかは、あまり覚えていません・・・。



_dsc6708



前回(7月20日)に訪れた際は、転車台に置かれていたDE10形ディーゼル機関車が今回は、この場所に移動していました。


手前からDE10形1118号機、C55形1号機、「旧型客車」と呼ばれるオハ46形(こちらにこの車両についての解説がございます)13号車です。



_dsc6713




こちらは同じDE10形でも、嵯峨野観光鉄道のトロッコ列車用の1156号機です(こちらに関連情報あり)。



_dsc6715



この辺りは、221系や関空特急「はるか」に使用される281系などが見受けられました。


手前に見える貨車は、ホッパ貨車ホキ800形ですね。(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月14日 (土)

もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(1)

先月の17日のお話です。

私は前回(7月20日)に大雑把な見学に終わってしまった、梅小路蒸気機関車館(以下、同館)へ、もう一度訪問することにしました。



_dsc6620




現地には、開場(10時)前に到着するように、前もって時刻を調整しました。


開場時刻の10時になり、入場しました。


この時は上の画像のように「銀河鉄道999」のイベントを開催していました。


同館へ入場後、999のうちわを受け取り、まずは「999」のイベントを見て回ることにしました。

_dsc6633




S_dsc6673



999のイベント会場の入り口は、ご覧のような感じでした。



S_dsc6671




S_dsc6660


まず、999のイベントの説明と、C62形で運用された、有名な列車のパネルを見ました。



S_dsc6661



S_dsc6662


続いて、「999とC62との関わり」、そして私もこの時に駆け付けた日の模様のレポートのパネルを見ました。


それではここで、999のモデルとなった機関車(C62の1号機と2号機)をご覧いただきます。

_dsc6763



まずは1号機です。

原作で用いられた「999」のHMと、徐煙板(デフレクタ)には「999」のサインが描かれていました。



_dsc6693



続いて2号機です。

同機は「SLスチーム号」として、動態保存されています。

今回はデジイチを持参したので、この「SLスチーム号」の動くシーンを動画で撮影もしました。

自分が撮影したものは、あまりたいしたものではないので、別の日に同館へいらっしゃったkaz_ez6さんが、同機の見事な動画を撮影していらっしゃいます。

こちらからご覧いただけます。

興味のある方は、ぜひご覧くださいませ。(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月13日 (金)

シリーズ MY PHOTO 【12】リニア・鉄道館の展示車両(4) 100系168形(9000番台)

今回はこちらです。

Dsc_7344_6263dsc_7344_2



この車両は国鉄時代に最後に製造された100系新幹線の食堂車168形です。



Dsc_7347_6266dsc_7347



同車の下側にある解説のパネルです。

この車両は、当時のX編成(16両編成)の8号車に組み込まれた車両で、1階が売店、2階が食堂車となっています。

この9000番台(9001)は、X編成で唯一大窓仕様となっています。

1985(昭和60)年に製造されました。

当時の新幹線(「ひかり」)は、移動時間も長く、このような食堂車も欠かせないものだったと考えられます。

さて、このX編成の推移(ウィキペディアより引用)ですが・・・。

1998年10月2日の「ひかり126号」(新大阪発東京行き:X1編成)を最後にX編成の食堂車営業と「ひかり」運用が終了し、以降は東海道区間の「こだま」のみとなった。総走行距離が車齢に比して多かったことから、0系YK編成の撤退半月後である1999年10月1日の「こだま429号」(東京発新大阪行き:X1編成)を最後に定期列車の運用から離脱した。同年8月から2000年11月にかけて全車が廃車とされた

となっています。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月11日 (水)

阪堺の「堺トラム」に会いに行きました(3)

こちらの記事の続きになります。


同車両が、浜寺駅前に到着しました。

_dsc7185



私を含めた利用者の方々は、この場所で下車しました。

_dsc7190

このドアから乗車しました。




_dsc7191




我孫子道方面を望みます。




_dsc7194




こちらが、同車両の車体全体です。

ご存じの方もいらっしゃるかと思いますが、浜寺駅前の構内は以前はこのようなものでは、なかったのです。


ご参考までに、浜寺駅前(以下、同駅)周辺の過去の写真をご覧いただきます。

Sdsc_1488_1369dsc_148820111110


昨年(2012年11月10日)の同駅の様子です。

その後、今年の2月に阪堺電車はダイヤ改正を実施し、日中のダイヤでは、基本的に「恵美須町-我孫子道間」、「天王寺駅前-浜寺駅前間」、「天王寺駅前-住吉公園間」という3系統の列車にまとめあげたのでした。

その結果・・・。



Sdsc_2910_12140dsc_2910



「堺トラム」の運転対応のために、ホームの改修工事が開始されたのです。
画像は、2013年4月27日に撮影したものです。



Sdsc_2911_12141dsc_29112013427



このときのモ703号から見た構図です。
天王寺駅前行きの列車が退避していました。

それでは、本題に戻ります。



_dsc7203


先行の天王寺駅前行きの列車(モ607号)が、発車したシーンです。
奥に同車が見えますね。



_dsc7210



このあと、後発の天王寺駅前行きの列車(モ701号「アドベンチャーワールド」の広告車)が同車のいた場所に止まり、同車は奥の乗り場のホームへ移動したのでした。



_dsc7218



そして、同車の第2便の発車時刻となりました。




_dsc7226



同車はゆっくりと動き出しました。
このタイミングで写してみました。

このあと私は帰路に就くため、モ701号の天王寺駅前行きに乗車しました。

天王寺駅前に到着し、モ701号をふと見ると行先表示が「住吉公園」に変わっていました。

注:以下の画像より、携帯のカメラで撮影したものです。



S130907_130556




行先案内の表示も、前回(今年の4月)の時と比較して、変化していることに気がつきました。

このあとですが、近鉄の来年のカレンダーを発売しているという情報を得たので、近鉄の大阪阿部野橋駅にてカレンダーを購入後、改札越しに近鉄電車を眺めました。


このあとJRの天王寺駅へ移動し、13時36分発の加茂行き大和路快速221系)に乗車しました。

130907_133110



発車前の天王寺駅での同車の全面です。

同車は今後、製造から20年以上経っているものもあることから、順次リニューアル工事を施工することになりました。

リニューアル工事が施工された車両の写真はこちらをご覧くださいませ。



130907_133214


今回私が乗車した車両は、まだリニューアル工事施工前のものでした。

この座席だけを見ても、リニューアル工事前の京阪の8000系特急車や、近鉄の5200系などとほぼ同クラスの豪華なものだと、私はそう思いました。

この221系「大和路快速」に乗車し、京橋駅で下車し、京阪線に乗り換え、帰宅したのは15時前でした。(完)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月10日 (火)

阪堺の「堺トラム」に会いに行きました(2)

こちらの記事の続きになります。


到着した同車両ですが、従来の乗降扉(片開き)が、両開きでプラグドア (?)となっていたのに思わず驚いてしまいました。

私は座席が空いていた、進行方向の最後部(我孫子道寄りの車両)の座席に座りました。

車内の様子ですが、乗降扉部分に係員の方がいらっしゃって(おそらく身体の不自由な方のための添乗員だと思います)、「和(雅(みやび))の雰囲気と、モダンな雰囲気が融合した」ような、阪堺の従来の車両にはなかった新鮮さを存分に味わえました。また、車内の自動放送も従来のものと異なっていました。

_dsc7160


同車両の連接部分です。


同車両は連接車なので、床面がご覧のような構造となっているのです。



_dsc7163




同車両の座席ですが、ご覧のような感じで、ゆったりと座れました。



_dsc7170



車号プレートと銘板です。

同車両は、3車体連接で、私が乗車した車両がこの「1001A」となります。

前の2両の車号の割り振りは、中間部分が「1001B」、浜寺駅前寄りの先頭車は「1001C」となるわけです。



_dsc7169



後部(場所は、大小路のあたり)を撮影すると、こんな風に写りました。



_dsc7175



阪堺電車は、現在はワンマン運転を行っているので、途中で下車する場合は、路線バスと同じように「止まります」のボタンを押すわけですが、同車両では、従来の車両と異なり、最近の路線バスと同じものが採用されていました。



_dsc7174




_dsc7172



画像は同車両の両先頭部に設置されている、情報表示器(LCD表示)です。

上の画像でもお分かりかと思いますが、次の電停の案内と広告も表示されたり、下の画像のように、先ほどの「止まります」のボタンを押すと、ご覧のような表示となります。


あと、乗車中感じたことなのですが、東湊(ひがしみなと)あたりから線路と地盤の関係からでしょうか、けっこう揺れを感じました。



_dsc7183



船尾を過ぎると、浜寺公園駅に向かう南海本線の線路と交差します。


まもなく、終点の浜寺駅前に到着です。(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月 9日 (月)

阪堺の「堺トラム」に会いに行きました(1)

7日、私は阪堺の新型車両であり、阪堺初の超低層式車両である「堺トラム」(モ1001形)を撮るのと乗るのが目的で阪堺線へ赴きました。

事前にネットなどで調べた結果・・・。


〇「堺トラム」を撮るのは、花田口と浜寺駅前。


○「堺トラム」に乗車するのは、花田口-浜寺駅前間。



ということにしました。


当日の経路ですが、まず最寄り駅から、京橋まで乗車し、詳細は後述しますが、今回は久しぶりにJRの大阪環状線 を利用してみました。


往路は京橋から、外回りの列車(201系)を利用し、新今宮まで乗車しました。

天王寺駅では大和路線の201系(沿線の若草山をモチーフとした、ウグイス色に白帯)や、287系 「くろしお」などを見ることができました。


ちなみに、大阪側(白浜・新宮寄り)の先頭車は、クモロハ286形という、半室グリーン車でした。


新今宮で下車し、歩くこと数分でほどなく阪堺線の南霞町に到着です。


阪堺電車のHPで見た「堺トラム運行開始記念乗車券」を購入したかったので、さっそく購入しました。


このあと、9時59分発の我孫子道行き(モ608号。「岡崎屋質店」の広告車)に乗車し、我孫子道まで乗車し、このあと到着した浜寺駅前行き(モ711号。岡崎屋質店の広告車)に乗車し、花田口で下車しました。


阪堺電車のHPで「堺トラム」の運行時刻を確認すると、我孫子道へ向かう「第1便」が大小路(花田口より浜寺駅前方面に向かって、ひとつ隣の電停)を10時56分に発車するとのことでした。


花田口には、10時41分(発車時刻表での時刻。実際には信号待ちなどで、数分遅れていました)に到着したので、「堺トラム」(以下、同車両)の発車時刻表から計算すると、同列車は10時58分頃に見ることができることが分かりました。


そこでまずは10時52分発の天王寺駅前行きの列車を練習も兼ねて撮影することにしました。


背後を見ると・・・。

_dsc7098


なんと、モ505号(「キン肉マン」の広告車)が発車待ちをしていました。


そのあとですが、阪堺電車の進行方向の信号が青になると・・・。

_dsc7099


_dsc7100



こんな構図の写真が撮れました。

_dsc7106


そして、いよいよ「本命」の登場です(時刻は11時をまわっていました)。




_dsc7108



_dsc7109


同車両(我孫子道行き)は、颯爽(さっそう)と駆け抜けるかのようでした・・・。

このあとは、折り返しで浜寺駅前行きの便(第2便)が来るまで、ほかの阪堺の車両撮影をしました。



_dsc7131


先月で閉店となった「鉄道喫茶 あびこ道」の来店した際の帰路で、先ほどの「キン肉マン」のピンチヒッターとなった、モ708号です。



_dsc7133

今度の浜寺駅前行きは、モ502号(東京都電色)でした。



_dsc7140




_dsc7142


花田口の浜寺駅前方面のホームは、ご覧のような感じでした。



_dsc7149



この次の両方向の列車です。

うまく並んでくれました。



_dsc7154




_dsc7156


HPの時刻より2分遅れで、同車両が到着しました。
これからこの列車に乗車します。(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月 7日 (土)

今年の夏の想い出 電車より風景♪(2)

こちらの記事 の続きになります。

_dsc6527





19時10分頃の夜景は、ご覧のような感じでした。

_dsc6538



(少し明るく見えますが)電車のライトから、電車は大阪方面を向かうものだったと思います。




_dsc6568




このあと、少し線路沿いに移動しました。
この付近の電車で流し撮りなど、いろいろやってみたのですが、結局うまくいきませんでした・・・weep




_dsc6589



気を取り直し、少し橋の方へ移動しました。
8000系の特急のダブルデッカーを写してみました。



_dsc6593





_dsc6594



もう一度、橋の方へ戻りました。
なんとも幻想的な風景が・・・。




_dsc6602



20時をまわりました。
最後は大阪城も含めて写してみました。


このあと、私は帰路に就いたのでした。(完)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月 5日 (木)

今年の夏の想い出 電車より風景♪(1)

今回は、先月のお盆休み(13日)のお話をさせていただきます。

この日の夕方、kaz_ez6さんのブログのとある記事をふと思い出し、夕方に京阪の天満橋駅まで向かいました。




駅を出て、北に向かうと大川をまたぐ橋を渡りました。
18時10分頃だったと思います。
ちょうど沈む夕陽が見える場所で、写真を撮っていた外人さんらしき人物を見受けることができました。



私もその夕陽を観ながらその橋を渡り、交番とコンビニの近くに公園らしきものを見つけ、その先を進んでみました。



すると、その先に、細い橋を見つけました。



その橋を渡ると、大川が両側に見渡せました。


「ここだ!!」



私はカメラを取り出しました。



時刻は18時40分頃でした。




_dsc6481




_dsc6485



ちょうど、OMMビルや、日本経済新聞社やテレビ大阪のビル、そして大阪城が見える橋なのでした・・・。



しばらくすると、電車が見えました。
ご覧のような感じに写りました。



_dsc6489



そのあと、ジャズの生演奏の船(?)を見る事ができました。




_dsc6494




こちらが、私がいた橋のライトアップした部分です。



_dsc6500




カヌーを漕いでいる方の姿も見受けられました。




_dsc6509




19時をまわり、お月様moon3が見えてきました。




_dsc6512




その3分ほどあとに、8000系の特急が見えましたhappy01



_dsc6521

_dsc6525



夜が更け、ご覧のような雰囲気を満喫できましたhappy01



_dsc6526



振り向くと、電車が通過するのがみえました。(つづく)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2013年9月 3日 (火)

シリーズ MY PHOTO 【11】リニア・鉄道館の展示車両(3) 「EF58 157」

まず、お知らせしたいことがございます。

実は、先日私が使用しているPCで、以前使用していた外付けHDDが認識(エクスプローラーに表示されなくなり、中身を見る事ができなくなった)しなくなり、デジカメ画像のおよそ8割が実質見る事ができなくなってしまった状態に陥ってしまいました・・・。


そこで、PCを使用した仕事をしている私の弟(IT関連にはとても詳しい)のPCにそのHDDを接続すると、認識したのでした。


弟の案で、弟が持っていたノートパソコンを借りて、新しく購入した外付けHDDと以前使用していた外付けHDDを接続させ、画像データなどの移行作業を先週末に行っていました。


結果、見事データを新しい外付けHDDに移行することができたのでした。

それから、手持ちのデジイチを本格的に使用してから、1年が経過しました。


それでは、本題に移らせていただきます。


今回はこちらです。




Dsc_7204_6127dsc_7204




リニア・鉄道館に展示されている車両シリーズです。



今回紹介するのは、国鉄型電気機関車の名機、EF58 です。



同館に展示されているのは、157号機です。



157号機についての詳細は、こちらをご覧くださいませ。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

« 2013年8月 | トップページ | 2013年10月 »

京阪3000系「水の路」ラッピング電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年3月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ