« 3連休の楽しみ方【2】京阪寝屋川車庫へ・・・。(2) | トップページ | 3連休の楽しみ方【3】大阪市交谷町線の30系に会いにいきました(2) »

2013年9月27日 (金)

3連休の楽しみ方【3】大阪市交谷町線の30系に会いにいきました(1)

こちらの記事の続きになります。


先日大阪市交通局のHPを見て初めて知った「さよなら30系LastRun」


その30系は、谷町線に6連2編成(アルミカー)のみが残っているとのことでした。


今月(9月)いっぱいで運行を終了する旨の情報を入手し、22日は自分も過去に乗車した経験のある30系車両を見たくて、大阪市交谷町線の大日駅まで行ってまいりました。


大日駅に到着したのが、13時40分頃でした。


どうにか、同社のHPに記載されていた「運行予定時刻表」の列車(大日13:48着、13:52発の八尾南行き)の列車にどうにか間に合いました。


ホームへ降りてみました。

_dsc7318



見えてまいりました。




_dsc7322



こちらが、その30系(2編成のうちの1編成。3549編成)なのです。



_dsc7324




特製HMです。

_dsc7331




同社のHPによりますと、同車は今年の10月初旬に廃車を目前に、この「Last Run」列車を8月25日~9月29日までの日曜日(計6回)運転するとのことでした。

この車両は、30系の中でも比較的製造年が新しいグループで、1992年より冷房化や室内インテリアのリニューアルなどを実施し、室内に至っては新車と見紛うような装いで、今日まで走り続けてきたのです。


このあと、まもなく発車するので、八尾南側に移動しました。

_dsc7337



むしろこちら側の方が、撮り鉄さんは多かったです。

こうして13:52分に、この30系は大日駅を後にしたのでした。(つづく)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

|

« 3連休の楽しみ方【2】京阪寝屋川車庫へ・・・。(2) | トップページ | 3連休の楽しみ方【3】大阪市交谷町線の30系に会いにいきました(2) »

大阪市交通局」カテゴリの記事

コメント

大阪地下鉄は、乗ったこと結構あっても写真を1枚も撮ったことありませんでした。それにも増して、2桁の系式が存在するって凄いですね。

投稿: キハ58 | 2013年9月27日 (金) 21:15

キハ58さんへ

おはようございます。

いつも、コメントありがとうございます。

大阪の地下鉄は・・・
「ホームの狭い場所が多い」、「駅によっては混雑している」などの理由から、鉄道情報雑誌や関連書籍などでの写真は多いですね。

そうなのです。大阪の地下鉄が2桁の形式にしたのは、50系(旧5000形および5500形の2両ユニットカー。現形式消滅)が最初です。

なお、開業時(現在の御堂筋線梅田-心斎橋間)の車両は100形と言いまして、これはそのまま用いられ、のちに1100形という車両が登場し、30系の大量増備による100形などの車両を置き換える際にこの1100形は、2代目100形を名乗りました。

ちなみに現在の最新型車両は、この谷町線と御堂筋線に所属している30000系という車両です。

こちらは、前述の100形と同様、車体番号の表記が5桁となっております。

投稿: 京阪快急3000 | 2013年9月28日 (土) 07:17

おはようございます。

長年親しんできた谷町線の30系も廃車になるのはさみしいですね…

明日がヘッドマーク掲示の最終日ですので、時間があれば見にいこうと思います。

投稿: kaz_eg6 | 2013年9月28日 (土) 08:27

kaz_ez6さんへ

おはようございます。

いつも、コメントありがとうございます。

実は、自分が社会人になった20年ほど前に、この30系に乗車する機会ができました。

この30系は、大阪市交の現役の車両では唯一の抵抗制御車両です。

そうですね。明日がいよいよ最終日ですね。

時間がございましたら、最後の雄姿を見届けてみてはいかがでしょうか・・・。

投稿: 京阪快急3000 | 2013年9月28日 (土) 09:48

わたしはこの30系が“3000系「シルバーカー」”と呼ばれ7000系や8000系と呼ばれたグループが存在していた時代から乗っています。その当時はまだまだ50系が主力で、御堂筋線に颯爽と現れた銀色の車両は注目の的。しかし、初期の30系(3000系)は“高速運転対応窓”としてドア窓が小さく外が見えないので子供心には不満でしたね。ビニールレザー張りのさして柔らかくない座席(60系よりはマシ、後にモケットに変更)も懐かしいです。その30系もステンレス車は既に無く、ついにアルミ車も引退。なんだか一時代が終わってしまうようで寂しいです。

投稿: よさみのみやけ | 2013年9月29日 (日) 12:45

よさみのみやけさんへ

こんばんは。

いつも、コメントありがとうございます。

そうですか。
30系の登場当時の御堂筋線はそのような感じだったのですね。

自分も手持ちの本で、30系(7000系および8000系を含む)と60系の竣工時の車内の写真を見ましたが、「50系の方が古いけどよっぽど良い」と思いました。

自分も子供の頃(1980年代)の御堂筋線で、ドアの窓が小窓でクーラーのない30系よりかは、クーラー付きの10系か、北急の2000系が来るように、乗車時は心から祈っていた想い出(笑)があります。

引退する30系も大阪の地下鉄の一時代を築き上げた車両でもあるので、やはり寂しさを感じております。

投稿: 京阪快急3000 | 2013年9月29日 (日) 17:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 3連休の楽しみ方【2】京阪寝屋川車庫へ・・・。(2) | トップページ | 3連休の楽しみ方【3】大阪市交谷町線の30系に会いにいきました(2) »