« もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(2) | トップページ | もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(4) »

2013年9月18日 (水)

もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(3)

こちらの記事の続きになります。


それではこれから、同館に保存展示されているSLを紹介します。

_dsc6815



こちらは1070形1080号機です。

_dsc6760



9600形9633号機です。


その左に写っているのはC11形64号機です。



Simg_26432013720



8620形8630号機です(これは、前回訪問した7月20日に撮影したものです)。

_dsc6768




D50形140号機
です。

_dsc6741




C51形239号機です。




_dsc6779




C53形45号機です。




_dsc6719



C55形1号機です。



_dsc6774



「デゴイチ」の愛称を持つ、D51形1号機です。
SLの代名詞とも言える機関車です。




_dsc6775



お召列車を仮定したという設定で、お召列車の装飾が施された、C58形1号機です。

_dsc6748



前々回(2011年1月)に同館を初めて訪問した時は、「SLスチーム号」に抜擢されていて、体験乗車もした想い出がある、D51形200号機です。

この時は、テンダ(炭水車)部分が手前に向いていました。



_dsc6750



「SL北びわこ号」 のHMを掲出した、C56形160号機です。




_dsc6762


B20形10号機です。



_dsc6777



C59形164号機です。



_dsc6767




D52形468号機です。



_dsc6734


C61形2号機です。
この日は転車台の上に置かれていました。

以上、紹介したSL各機の詳細は、同館のHP(こちら)に詳しく書かれています。



_dsc6723



この日の同館の扇形車庫です。
「999」のHMを掲出したC62形1号機が中央に見えました。(つづく)

p.s.先日の台風の被害にあわれました皆様には、心よりお見舞い申し上げます。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

|

« もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(2) | トップページ | もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(4) »

SL」カテゴリの記事

梅小路蒸気機関車館」カテゴリの記事

コメント

写真を見ていると十数年ぶりに梅小路に行ってみたくなりました。

転車台の上のC61形2号機、いいなぁー ぽち

投稿: 阪南市テクノ森田 | 2013年9月18日 (水) 11:46

阪南市テクノ森田さんへ

こんばんは。

いつも、コメントありがとうございます。

自分の写真で喜んでいただいて嬉しく思います。

そうですか。久しく行かれていないのですね。
3年後(2016年)には、この梅小路機関車館の敷地付近に、弁天町の交通科学博物館の展示物が移設され、大規模な「鉄道博物館」が出来るとのことです。

それまでに、ぜひ1度お越し下さいね。

投稿: 京阪快急3000 | 2013年9月18日 (水) 18:54

どうも、こんばんは(^-^)
蒸気機関車の大御所といえば、なんてたってD51ですよね。
このD51を見ると、懐かしく感じます。

投稿: けんまる | 2013年9月18日 (水) 21:34

けんまるさんへ

おはようございます。

いつも、コメントありがとうございます。

そうですね。
一般の方でも「SLといえばデゴイチ」と聞きます。

D51形は、約1100両が製造され、当時の国鉄が1975(昭和50)年のSLの定期運用終了まで、全国各地で活躍していました。

「懐かしい」とおっしゃるお気持ち、よく分かりますよ。

投稿: 京阪快急3000 | 2013年9月19日 (木) 05:52

こんばんは、京阪快急3000さん

また、行ってきましたか~
何度みても、SLには温かいものを感じるので
飽きませんし、何と言ってもあの汽笛の音が良いですよね~

私も、また、行きたくなってきました。

投稿: みっかん | 2013年9月20日 (金) 01:15

みっかんさんへ

おはようございます。

いつも、コメントありがとうございます。

はい。999のうちわが欲しかったのと、後ほど紹介しますが、この蒸気機関車館の近くに今となっては珍しいもの(?)がありましたので、そちらへ立ち寄ってから帰宅しました。

おっしゃる通り、SLにはほかの車両には無い温かみがありますね。

投稿: 京阪快急3000 | 2013年9月20日 (金) 05:37

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(2) | トップページ | もういちど、梅小路蒸気機関車館へ・・・(4) »