サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

« 「宇治・伏見・八幡 1dayチケット」を使って・・・。(1) | トップページ | 昨日は七夕でした♪ »

2013年7月 6日 (土)

「宇治・伏見・八幡 1dayチケット」を使って・・・。(2)

こちらの記事の続きになります。

続いて私が向かったのは、京阪宇治線の観月橋駅へ下車し、中書島の方角へ少し歩いた場所にある、淀川澱川橋梁でした。

前回(先月16日)にも訪れましたが、その時は望遠レンズを持ち合わせていませんでした。

今回は、望遠レンズを使用し、ご覧のような写真が撮影できました。

Dsc_5910_14474dsc_5910



Dsc_5905_14470dsc_5905



Dsc_5898_14453dsc_5898


Dsc_5908_14473dsc_5908


京阪線の方を見ると、ご覧のような感じになっていました。


Dsc_5917_14495dsc_5917


このあと、うまいタイミングで、「宇治線開業100周年記念HM」の掲出編成(13000系10003F)を撮影する事ができました。



お昼前になり、暑くなってきたので、最後は久しぶりに岩清水八幡宮へ赴く事にしました。



Dsc_5921_14493dsc_5921


京阪本線八幡市駅で下車し、大阪方面へ少し歩いた場所に、ケーブル乗り場があります。
男山ケーブル乗り場の改札(乗車券売り場)で、ご覧のようなものを見つけました。

Dsc_5923_14491dsc_5923



そのすぐ近くには、手書きのメッセージボードなどが見受けられました。

ちなみにこの日は、15分間隔で運転されていました。



Dsc_5928_14487dsc_5928


男山山上駅への所要時間は、約3分です。
また、「鋼索線としての橋梁の高さが日本一」という記録を持っています。

画像の車両は、2001年に登場した2代目の車両です。
この列車(12時発)に乗車しました。


Dsc_5955_14520dsc_5955


男山山上駅のホームで、ご覧のようなものを見つけました。

ここから、石清水八幡宮へ向かいます。



Dsc_5965_14527dsc_5965


途中で、ご覧のような看板を見つけました。

歩くことおよそ10分、岩清水八幡宮に到着です。
岩清水八幡宮へ赴いたのは、本当に久しぶりでした・・・。

せっかくですので参拝を済ませ、そのあとチケットの特典だった、オリジナル鳩形キーホルダーを受取り、岩清水八幡宮をあとにしました。

Dsc_5980_14539dsc_5980

男山山上駅まで戻りました。

向かって左側に紫陽花が見えました。



Dsc_5984_14543dsc_5984


今度乗車するのは、1号車でした。
ちょうど、13時発の便でした。


Dsc_6000_14582dsc_6000


車内は、ご覧のような感じです。



Dsc_5990_14549dsc_5990



こちらは、ブレーキハンドルです(正式名称は「手ブレーキハンドル」です)。
山上駅にこのケーブルカーの巻き上げ設備があり、これを制御してロープを制御し、このケーブルカーは動くのです。
このケーブルカーの車体自体には、動力は備わっていません。

Dsc_6024_14572dsc_6024


淀川橋梁と、京滋バイパスが見えました。

Dsc_6027_14570dsc_6027


このトンネル内で、すれ違い(画像は2号車)を行います。

このあと、京阪線に乗り換え、帰路に就きました。(完)

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

« 「宇治・伏見・八幡 1dayチケット」を使って・・・。(1) | トップページ | 昨日は七夕でした♪ »

京阪電気鉄道」カテゴリの記事

近畿日本鉄道」カテゴリの記事

ケーブルカー・ロープウエイ」カテゴリの記事

鉄道景観」カテゴリの記事

お出かけ、散策」カテゴリの記事

神社・仏閣」カテゴリの記事

風景」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。

この橋、一度行ってみたいと思っていたんですよね~
これだけ大きい無橋脚のトラス橋だと迫力がありますね。


三室戸寺の紫陽花のついでに撮影しようと考えていたのですが、なかかな日程が取れなくて…
今後、挑戦してみたい被写体の一つです。

ちなみに正式名称は淀川橋梁ではなく、澱川橋梁(よどがわきょうりょう)でございます。

こんにちは。

わたしの思い違いでなければ、ケーブルカーの車両の運転席の
ようにみえる所は車掌室で、運転ハンドルにみえるのは、
手ブレーキハンドルだと思いますが。

ケーブルカーの運転室は、山上駅の構内にあって、ここに運転士
がいて、巻き上げ機のモーターを制御して、ロープを引き込み
または引き出して車両を上下させている(車両自体には動力はない)と
理解しておりますが、どうでしょうか?

kaz_ez6さんへ

こんにちは。

いつもコメント、ありがとうございます。

冒頭の橋脚は、本当に迫力がありましたね。
近鉄の列車も、特急列車も含め、頻繁に通るので、とても楽しかったですよ。

近鉄京都線の電車が通る橋梁は、澱川橋梁と書くのですね。
訂正しておきました。

なかっちょさんへ

こんにちは。

ご指摘、ありがとうございます。

ケーブルカーが動く仕組みは、おっしゃる通りですね。
本文を書き替えて置きました。

失礼致しました。

どうも、こんばんは(^-^)
近鉄だけでなく、京阪13000系も撮影されたんですね。
私にとって、羨ましいです。

けんまるさんへ

おはようございます。

いつもコメント、ありがとうございます。

自分は乗車中の車窓で分かったのですが、宇治線の観月橋駅で、近鉄京都線の電車が走る橋梁(澱川橋梁)があります。

京阪の宇治線は、現在の日中のダイヤでは、10分間隔でワンマン運転をしています。

近くに踏切があるので、その音で分かりますよ。

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「宇治・伏見・八幡 1dayチケット」を使って・・・。(1) | トップページ | 昨日は七夕でした♪ »

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ