« 回想「今年のJR西日本のダイヤ改正で・・・。」【1】「寝台急行きたぐに」(その1) | トップページ | 京阪「七夕関連電車」の撮影(2012.7.7) »

2012年7月 6日 (金)

回想「今年のJR西日本のダイヤ改正で・・・。」【1】「寝台急行きたぐに」(その2)

 (その1)の続きになります。

 



 

画像





画像




 6時49分、定刻通り「急行きたぐに」(502M)(当時)は、大阪駅4番線ホームに到着しました。

 

 自分も含め、皆いっせいにカメラを向けていました。



画像




 言うまでもなく583系です。

 

 塗色は、JR西オリジナルのカラーになっていましたが、現物を拝見したのは、実はこれが初めてでした。

 

 以下の画像は、自分が「ここぞ」と思った「きたぐに」用583系をチェックしたものです。



画像




 JR西ブランドの連結器カバーです。



画像




 ヘッドマークや「特急マーク」も撮影しました。

 

 続いて車体側面です。



画像




 1号車(クハネ581)です。

 

 寝台用の小窓など、塗色変更はされているものの、原型を保っています。



画像




 車番もチェックしました。

 

 「クハネ581‐36」でした。

 

 帰宅してから手持ちの本で調べると、京都総合運転所(近キト)所属の「B06編成」(当時)であることが分かりました。



画像




 座席は降りた状態でした。



画像




 「きたぐに」のシンボルマークです。結構いいデザインですね。(^^)



画像




 続いて、モハネ582のパンタ周辺を撮影しました。

 

 交流区間に対応した碍子(がいし)が見えます。



画像




 高い天井が特徴のグリーン車、サロ581です。



画像




 国鉄時代の1984年にサハネ581を改造した 「A寝台車」、サロネ581です。

 

 JR化後は、このJR西のみの配置でした。



画像




 新潟方先頭車、クハネ581-35も撮影しました。

 

 10両編成だったので、ここまで行き着くのは、少し疲れました。

 

 「走行シーン」こそ撮影できなかったものの、自分では「満足のいく写真が撮れた」と思っています。

 

 実は自分は「きたぐに」の列車の「歴史」をほとんど知らなかったので、この場をお借りしてウィキペディアに掲載されていた「きたぐにの歴史の概要」を引用させていただきます。

 

 1947年に大阪駅 - 青森駅間で運転を再開した急行507・508列車が「きたぐに」のルーツである。この急行は1950年11月8日に「日本海」の列車名が与えられたが、1968年10月1日から運転を開始した大阪駅 - 青森駅間の寝台特急(ブルートレイン)に「日本海」の名称が使用されるようになったため、大阪駅 - 青森駅間の急行列車は「日本海」から「きたぐに」に改称された。



 1982年に上越新幹線が開業したことに伴い、昼行列車としての側面が大きかった新潟駅以北を特急「いなほ」として分離し、大阪駅 - 新潟駅間の夜行急行列車となった。



 愛称の「きたぐに」は北陸地方を指す北国(ほっこく)の訓読みとされている。583系電車のヘッドマークでは列車名と「佐渡おけさを踊る人と北陸地方の地図」が表示されている。

 

 ちなみに583系による列車となったのは1985年3月14日からで、それまでは、客車による列車でした。(完)

 

 ※おまけ画像



画像




 これは、帰路に乗車した223系の「関空/紀州路快速」を乗車前の大阪駅にて撮影したものですが、以前報道で「JR西では列車運転の安全性向上のため、連結部分の前照灯も点灯する」といった内容を思い出し、「それがこれなのか」と思いました。

鉄道コム

|

« 回想「今年のJR西日本のダイヤ改正で・・・。」【1】「寝台急行きたぐに」(その1) | トップページ | 京阪「七夕関連電車」の撮影(2012.7.7) »

JR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 回想「今年のJR西日本のダイヤ改正で・・・。」【1】「寝台急行きたぐに」(その1) | トップページ | 京阪「七夕関連電車」の撮影(2012.7.7) »