« 撮影日記(2012.4.1)(その5)「初めての嵐電」【2】 | トップページ | 今日の日記【77】今日は・・・。 »

2012年7月20日 (金)

撮影日記(2012.4.1)(その5)「初めての嵐電」【3】

 【2】の続きになります。



 

画像




 しばらくすると(その2)で紹介したモボ501形+モボ301形の列車が到着しました。

 

 今度はモボ501形に乗車し、「桜のトンネル」で有名な北野線との接続駅、帷子ノ辻(かたびらのつじ)駅へ向かいます。

 

 「車折神社」(くるまざきじんじゃ)もそうですが、嵐電には「帷子ノ辻」や「西院(さい)」など、地元の方でないと読むのが困難な「難読駅名」が多いのも特徴でしょう。

 

 余談ですが、自分のPCでは簡単に変換できました。(^^ゞ

 

 さて、今回は少し空いていたので、天井部を中心に車内を観察することにしました。



画像




 この標記は、阪堺のものとそっくり!!だと思いました。



画像




 これはスピーカーなのですが、現在は「パナソニック」に統一された「ナショナル」のロゴが印刷されていました。

 

 しかも当時のものです。

 

 これはある意味、「価値があるのでは・・・」と思いました。



画像




 製造銘板です。「武庫川車両」で1984(昭和59)年に製造された事が分かります。



画像




 この車両にもモダンな(?)案内表示器が設置されていました。

 

 まもなく帷子ノ辻駅に到着です。



画像





画像




 私達が乗車した、発車していく列車を見送りました。

 

 この後、北野線の列車を撮影することにしました。

 

 この日は時間の関係で、終点の北野白梅町(きたのはくばいちょう)までの乗車はあきらめて、到着する車両を撮影する事にしました。

 

 この日は北野線も2両連結運転でした。



画像





画像




 ちようどモボ101形105号のラッピング電車「パト電」が発車したところでした。

 

 側面のラッピングを撮影したかったのですが、間に合いませんでした。(涙)

 

 次回訪問する際にまだ走っているでしょうか・・・?

 

 この後、到着した車両がこちらです。



画像




 2000年に製造され、翌2001年より営業運転を開始した、嵐電唯一のVVVFインバータ制御車、モボ2001形です。

 

 この日は、北野線の運用に就いていました。

 

 あとレトロ風車両、「モボ21形」を見れば、「嵐電の旅客用車両」はすべて見た事になるのですが・・・。

 

 この日は残念ながら見る事は出来ませんでした。

 

 しかし、北野線の「桜のトンネル」に初めて撮影に出向いた4月15日(日)、偶然ながら見る事ができました。

 

 

画像




 「夕子さん」の広告車、モボ631形633号ほか2連の列車が到着しました。

 

 この列車に乗車し、嵐電において併用軌道区間の山之内駅まで乗車しました。(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 撮影日記(2012.4.1)(その5)「初めての嵐電」【2】 | トップページ | 今日の日記【77】今日は・・・。 »

嵐電(京福電気鉄道)」カテゴリの記事

鉄道景観」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 撮影日記(2012.4.1)(その5)「初めての嵐電」【2】 | トップページ | 今日の日記【77】今日は・・・。 »