« 「万博鉄道まつり2012」に参加(2012.3.10)(その3) | トップページ | 撮影日記(2012.4.1)(その4)「嵯峨トロッコ駅の「鉄道ジオラマ」と「トロッコ列車」」 »

2012年6月25日 (月)

撮影日記(2012.4.1)(その3)「嵯峨野観光鉄道 嵯峨トロッコ駅へ」

 (その2)の続きになります。



 私達は河原町駅で阪急電車を撮影した後、梅田行きの準急に乗車し、大宮駅で下車してから、嵐電の四条大宮駅へ向かいました。



 私にとって「嵐電の乗り鉄・撮り鉄」は、初めてでした。



 「嵐電」の模様は、後日ご紹介すると致しまして、まず向かったのは、以前から見たかった国内最大級の鉄道ジオラマ「ジオラマ・京都・JAPAN」を見学するため、嵐山本線の終点・嵐山駅のひとつ手前の駅「嵐電嵯峨(さが)」で下車しました。



 

画像




 嵐電嵯峨駅から歩いて数分のところに嵯峨野観光鉄道(以下、同鉄道)の「トロッコ嵯峨駅」があります。



画像




 同鉄道は、JR山陰本線の旧線区間(嵯峨-馬堀間)を利用した日本初の観光専用鉄道として、1991年に開業しました。

 

 今回の目的は、大人気の「トロッコ観光列車への乗車」ではなく、前述したように上の画像にある「鉄道ジオラマの見物」でした。



画像




 このトロッコ嵯峨駅の周辺の地図です。

 

 現在地(私達がいる場所)の近くにSL(蒸気機関車)が展示されているようです。

 

 そのSLを見に行く事にしました。



画像





画像




 「デゴイチ」こと「D51」の51号機が、静態保存されていました。

 

 かつては、京阪本線樟葉駅の「くずはモール」に展示されていたとの事でした。

 

 「形式と車番がゾロ目」なのは、偶然でしょうか・・・?



画像




 このD51の奥にはSLの車輪を模したモニュメントが展示されていました。



画像




 モニュメントの下部を拡大してみました。

 

 「希望」と書かれた石碑がありました。

 

 何か、特別な意味があるのでしょうか・・・?

 

 それでは、「D51 51号機」の各部を見て行きましょう。



画像




 「テンダ」とも呼ばれる、石炭などの燃料や、蒸気を作るための水を積載していた炭水車部分です。



画像




 連結器です。

 

 どうやらレプリカのようです。



画像





画像




 やはり、SLの足回りって、カッコいいですね。(^^♪



画像




 製造銘板には「昭和12年 川崎車輌製造」とありました。



画像




 「キャブ」とも呼ばれる運転室です。この機関車では、ここまでしか撮影できませんでした。



画像




 この角度は「カッコいい~!!」(^^)

 

 この後、いよいよ「ジオラマ」を見に行くのでした。(つづく)

鉄道コム

|

« 「万博鉄道まつり2012」に参加(2012.3.10)(その3) | トップページ | 撮影日記(2012.4.1)(その4)「嵯峨トロッコ駅の「鉄道ジオラマ」と「トロッコ列車」」 »

嵯峨野観光鉄道」カテゴリの記事

鉄道博物館、施設」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「万博鉄道まつり2012」に参加(2012.3.10)(その3) | トップページ | 撮影日記(2012.4.1)(その4)「嵯峨トロッコ駅の「鉄道ジオラマ」と「トロッコ列車」」 »