« 今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その6) | トップページ | 今日の日記【72】今日は久しぶりに鉄分補給。 »

2012年5月25日 (金)

今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その7)

 (その6)の続きになります。



 私達を乗せたなんば行きの急行が発車しました。



 私は、車内の乗降扉の上にあった、路線図を見ながらしばらく考えていました。



 「このままなんばまで行くか、途中で各停に乗り換えて、中百舌鳥まで行くか・・・?」



 それは、Sさんに自分の趣味のために、迷惑を掛けたくないと思ったからでした。



 Sさんに改めて訊いてみると、「心配してもらわんでも、大丈夫やで」とのお返事が・・・。



 それを聞いた私は、車内放送を聞いて「今度停まる駅で(各停に)乗り換えて、中百舌鳥で地下鉄に乗り換えましょう」と言いました。



 そして私達は金剛駅で、乗車していた急行から降車するのでした。



 近くにあった発車時刻表を見ると、なんば行きの各停(南海本線および他社で「普通」と呼んでいる列車も、ここでは説明を割愛しますが、「各停」と呼んでいます)の発車時刻が16時18分とありました。



 実を言いますと、南海高野線全線に乗車したのが、今回が初めてだからです。



 私は、京阪以外の私鉄やJRに初めて乗車する路線で、よく乗車する列車を間違えて、下車する駅を通過していまうというミスをする「あわてん坊な鉄ちゃん」だという事をこの場を借りて、告白します。(恥)



 さて、極楽橋方面に列車が到着したので、撮影しました。



画像




画像



 6200系による、河内長野行きの各停でした。


 そして、私達がこれから乗車する各停は・・・。



画像



 1番線に停車していました。こちらも6200系でした。


 私達は急いで移動して、乗車したのでした。


 この列車で、中百舌鳥まで乗車しました。



画像



 車内の様子です。ご覧のように空いていました。



画像



 製造銘盤を見ると・・・。


 「昭和52年 東急車輛(で製造)」 「南海車両工業 2011年更新」とありました。


 ちなみに6200系は、1974(昭和49)年が製造初年です。南海の車両では比較的新しい車両ですね。


 程なくして中百舌鳥駅に到着です。



画像




画像



 側面の方向幕と車番を撮影しておきました。


 これで、南海高野線は「完乗」した事となります。



画像



 ここからは「鉄ちゃん」である私の腕の見せ所です。(笑)


 最近、何かと話題が多い大阪市交の御堂筋線なかもず駅(大阪市交では、我孫子(あびこ)と同様、ひらがなで表記)への階段が見えてきました。



画像




画像



 VVVF化改造が施工された、10A系1124Fが発車待ちをしていました。


 実を言いますと、私は19年前の1993年の秋頃、所用でこのなかもず駅まで乗車した記憶があります。


 しかし、それでは「記憶」のみなので、今回の撮影をもって、昨年新型車両である御堂筋線用30000系で千里中央駅まで乗車したので、御堂筋線も完乗したことになりました。


 発車してから、「このまま淀屋橋まで乗るか、天王寺で谷町線に乗り換えるか」をSさんに尋ねてみたら「どっちでもいいよ」とのお返事でした。


 ここで、乗車中に撮影したものをいくつか紹介します。



画像



 この1124Fは、1988(昭和63)年に近畿車輌で製造されました。


 その3年後(1991年)に、御堂筋線用新20系(21系)が登場しました。


 ご覧のように、この日は祝日(こどもの日)だったので、国旗が掲揚されています。



画像



 乗務員室側には、LED式の案内表示器が設置されています。


 天王寺駅に到着し、ここで谷町線に乗り換え、京阪の乗換駅である天満橋駅まで乗車することにしました。



画像



 乗り換え通路の途中で、このような光景が撮影できました。


 ちょうど、天王寺止りの列車が到着するところを狙ってみました。



画像



 一方こちらは、往路で撮影した淀屋橋駅のなかもず寄りのホームの階段から撮影したものです。


 天王寺駅や淀屋橋駅の照明は、見事な造りだと思いました。


 余談ですが、谷町線の天王寺駅までの乗り換え通路は、けっこう距離があり、少し疲れました。



画像



 この写真は谷町線の天満橋駅にて撮影したものです。


 ご覧の22系22658Fは、中央線から転属した編成のひとつです。


 同時期に当時、谷町線に在籍していた20系(30番台)は、中央線に転属しました。


 京阪の天満橋まで到着したのが、17時30分頃でした。


 結局、途中で乗り換えることなく最寄り駅に戻る事ができる、急行に乗車しました。



画像



 この写真を撮影した17時50分にようやく最寄り駅に到着したのでした。


 この後階段を下り、改札を出てから「お疲れ様でした」とSさんに言ってから解散となりました。


 この日は特に大きなトラブルも無く、世界遺産「高野山」を堪能できた事がとても強く印象に残りました。(完)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

|

« 今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その6) | トップページ | 今日の日記【72】今日は久しぶりに鉄分補給。 »

南海電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その6) | トップページ | 今日の日記【72】今日は久しぶりに鉄分補給。 »