« 今日の日記【71】今日は、この話題で持ちきり・・・。 | トップページ | 今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その7) »

2012年5月23日 (水)

今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その6)

 (その5)の続きとなります。



 やや遅れて到着した高野山駅行きのバスに乗車し、どうにか14時40分発のケーブルカーに間に合いました。



 実はバスを待っている間、私はSさんに帰路の経路をどうするか、相談したのでした。



 「(自分に)まかせるわ」というお返事が返ってきたので、私は「南海(高野線)の橋本駅まで「天空4号」の自由席車両に乗って、橋本駅で急行に乗り換えて、さらに中百舌鳥(なかもず)駅で地下鉄に乗り換えて、京阪に乗り換えませんか?」・・・これは、私が往路で考えていた経路とほぼ同じでした。



 「南海の(なんば)まで・・・。」という経路も考えたのですが、「18時頃までに空いてる電車で帰れたらいいわ」と思い、南海高野線内の以下に紹介する帰路の行程は「ややこしい経路だったかも・・・」と自分の「趣味本位で考えた経路」だったと、つくづく思っている次第です・・・。(汗)



画像



 さて、高野山駅14時40分発のケーブルカーですが、ご覧のような混雑ぶりで、私達は「ようやく乗れた」といった具合で、発車間際には積み残しの乗客も出るほどでした。

 

 しかし「「天空」をもう一度撮影したい!!」という私の「鉄の魂」(笑)が頭の中をよぎっていたのを今でも覚えています。



画像



 「欲張り」な私は、大勢の乗客が去った後、発車直前にケーブルカーの車体を撮影するという、一般の観光客から見たら「こいつ、何してんだ?」と思われているような錯覚に陥りました。(笑)


 まあ、南海の職員様には注意を受けてはいませんので、ご安心下さい。(汗)


 そして、高野線の極楽橋駅まで移動し、どうにか14時58分発の「天空4号」の発車までに間に合ったのでした。


 ここで、わずかな時間を利用して、「撮影タイム」です。(笑)



画像



 31000系の「特急こうや」が発車待ちをしていました。


 「特急こうや号の特急券は完売しました」という、構内アナウンスが聞こえました。


 続いて念願だった南海ご自慢の観光列車「天空」の撮影です。


 あいにく予約はしていなかったので、「車体の撮影」のみですが・・・。(^^ゞ



画像




画像




画像




画像




画像



 この「天空」は、元は「角ズームカー」とも呼ばれていた22001系を1994年に「2200系」として、更新改造した車両で、この「天空」用の編成(2208‐2258)のみ、展望席の設置などの大改装を受け、外観も一新したのです。


 ちなみにこの「天空」の車内は、すでに満席でした。


 そして、私達はなんば寄りに連結されている自由席車両(2300系、2304-2354)に乗車し、クロスシートに座れました。


 14時58分、私達が乗車した列車は「天空4号」として発車し、極楽橋を後にしました。


 列車が「天空」だったからでしょうか?スピードはゆっくりでした。


 途中、「高野山の観光はいかがでしたでしょうか?」という車内放送が流れていました。


 同じような放送が、ケーブルカーでもありました。


 しばらくすると、どこの駅かは忘れていまいましたが、こんなワンシーンが撮影できました。



画像



 「見事なコンビネーション」だと思いました。



画像



 極楽橋行きの普通列車(車両は、2300系ほか)との交換でした。



画像



 この高野山をPRする立派な看板(と言ってもいいのでしょうか・・・?)も見受けられました。


 極楽橋駅を出発しておよそ50分で、橋本駅に到着です。


 ここで、なんば方面の急行に乗り換えます。


 その急行が到着する前に、撮影しておきました。



画像



 この車両が、私達が乗車した「天空」と併結されていた「自由席」の車両、2300系です。


 この2300系は高野線橋本-極楽橋間においてワンマン運転を行うため、2005年に2連×4本、製造された17m級2扉の軽量ステンレス車です。


 VVVFインバータ制御で、扉間の座席は2+1列の転換式クロスシートが配置された、なかなか豪華な車両です。



画像



 すでにお気づきの方もいらっしゃるかと思いますが、各編成には「さくら」、「はなみずき」など、花の名前が付けられています。


 この2304‐2354の編成は、「コスモス」でした。


 ちなみに、高野線の橋本-極楽橋間は「こうや花鉄道」という愛称が付けられています。


 しばらくすると、なんば行きの急行が到着しました。



画像



 高野線では、14両しか配置されていない(2011年4月現在)、1000系でしかも「ミナピタ」のラッピング編成(1002F)でした。


 実は、私は一昨年に南海本線で、この1000系の「ミナピタ」のラッピング編成に、偶然乗り合わせる事ができました。


 拙ブログの以下の記事をご覧下さい。


 南海線 浜寺公園駅へ(その2)

 

 


 さて、このなんば行きの急行に乗車して、このあとどうなるのか・・・。


 続きは次回をご覧ください。(つづく)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 





 

[DVD] 天空運転席展望 南海電鉄シリーズ 橋本駅→極楽橋駅→高野山駅
ぐるぐる王国 オレンジ DS
1週間前後の発送(土日祝を除く)詳しい納期他、ご注文時はお支払・送料・返品のページをご確認ください発

楽天市場 by [DVD] 天空運転席展望 南海電鉄シリーズ 橋本駅→極楽橋駅→高野山駅 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

|

« 今日の日記【71】今日は、この話題で持ちきり・・・。 | トップページ | 今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その7) »

ケーブルカー・ロープウエイ」カテゴリの記事

南海電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の日記【71】今日は、この話題で持ちきり・・・。 | トップページ | 今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その7) »