« 今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その3) | トップページ | 今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その5) »

2012年5月19日 (土)

今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その4)

 (その3)の続きになります。



画像



 南海高野線の終点、極楽橋駅に到着しました。


 ここからケーブルカーに乗り換え、高野山駅を目指します。


 本当ならすぐケーブルカーに乗り換えないといけないのですが、「鉄ちゃん」である私は、同伴しているSさんを待たせておいて、極楽橋駅に停車している車両を撮影するのでした。(^^ゞ



画像



 2200系を2009年に観光列車に大改装した「天空」が停車していました。



画像



 向かって左側が私が乗車した30000系で、右側は30000系の増備車という位置づけで、1999年に製造された31000系という車両です。


 これらを撮影した後、ケーブルカー乗り場へ移動するのでした。



画像




画像



 ケーブルカー乗り場への通路です。



画像



 ケーブルカー乗り場へ到着しました。


 ご覧のように溢れんばかりの観光客で賑わっていました。 



画像



 私達もどうにか乗車でき、車窓を少しだけ撮影しました。



画像



 極楽橋の乗り場から、およそ5分程で到着しました。



画像




画像



 「ようこそ世界遺産へ・・・」・・・。ついにここまでやってきたのでした。


 それにしても、GW中だけに観光客も結構多かったです。



画像



 ケーブルカーの山上側を撮影しておきました。


 このケーブルカーは、1964年に製造された3代目の車両です。



画像



 出口でも大勢の観光客で、職員さんも忙しそうでした。



画像



 これが、高野山の駅舎です。国の有形文化財に登録されている、由緒ある駅舎です。


 「野」の文字が一部破損しているのが、気になりましたが、とうとうここまでやって来ました。(^O^)/


 ここから「世界文化遺産・高野山」への観光の幕開けです。(つづく)


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村





 

南海電気鉄道 BDスペシャルバージョン 車両図鑑&前面展望(Blu-ray Disc)
ビコム株式会社

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 南海電気鉄道 BDスペシャルバージョン 車両図鑑&前面展望(Blu-ray Disc) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

|

« 今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その3) | トップページ | 今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その5) »

ブルーリボン賞・ローレル賞」カテゴリの記事

南海電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その3) | トップページ | 今年のGWの思い出「初めての高野山観光」(2012.5.5)(その5) »