« 今日の日記【72】今日は久しぶりに鉄分補給。 | トップページ | 阪堺沿線へお出かけ(2012.4.28)(その2) »

2012年5月28日 (月)

阪堺沿線へお出かけ(2012.4.28)(その1)

 今回は、去る4月28日(土)にいつも当ブログにコメントを下さるのりさんと初めてご一緒させていただいた、阪堺電気軌道(以下、阪堺電車)の撮影の模様を中心にリポートします。

 いきなり余談ですが、今日(28日)で、あの日からもう1か月が経過しました。

 前回訪問した時(2012年2月12日(日))は、私は阪堺線の恵美須町電停(以下、「電停」は省略)から乗車したので、今回は上町線の天王寺駅前から乗車する事にしました。

 ちなみに待ち合わせ場所は、住吉大社がある住吉鳥居前でした。

 京阪線天満橋‐大阪市交谷町線天王寺と乗り継いで、いよいよ約2か月ぶりの阪堺電車とご対面です。

画像



画像



画像



 この階段を昇れば、阪堺上町線の天王寺駅前です。

画像



 乗り場に到着です。

 今時、この種の案内表示は珍しいのではないかと思いました。

 ここで、阪堺の1日乗車券「てくてくきっぷ」を購入しました。

画像



 発車待ちをしていたのは、モ601形603号の住吉公園行きでした。

 まずは、この車両に乗車することにしました。

画像



 天王寺駅前を出たところです。

 最後部が空いていたので、そこの座席に座り、撮影したものです。

 次の電停、阿倍野へ向かう途中、「福助電車」とすれ違いました。これに乗車する事にし、阿倍野で下車しました。

画像



画像



 阿倍野界隈です。

 画像右側に見える建設中の建物が「あべのハルカス」です。

 この建物が完成すると、この周辺も大きく変化していくことでしょう。

画像



 この車両は、のりさんが「あめ電」と呼んでいる、「黄金糖」の広告電車(モ601形602号)です。

 その向こう側には、すでにこれから乗車する「福助電車」が見えているのがお分かりでしょうか?

画像



 そして到着した、かつての「東京都電」のカラーにまとった福助電車(モ501形502号)に乗車します。

 「浜寺駅前行き」だったので、このまま住吉鳥居前まで乗車します。

 前回の訪問で見つける事ができなかった、「福助人形」ですが、後日のりさんより助言を賜り、見つける事ができました。(^^)

画像



 これがその「福助人形」です。その下には解説も添えられていました。

 ここからは車内の様子を紹介します。

画像



 この502号はご覧の通り、1957(昭和32)年に帝国車輌(当時)に製造されました。

 登場当時は「新型車両」として、かなり注目を集めていたそうです。

画像



画像



 車内設備も、今となっては「レトロなもの」だと思います。

画像



 冷房装置のダクトには、福助のイラストがご覧のように散りばめられていました。

 さて、道中では「古豪」であるモ161形2両とすれ違いました。

 そして、住吉鳥居前に到着です。

画像



 「阪堺線開業100周年」をお祝いしたHMが掲出してあったので、撮影しました。

 昨年デビューした阪堺のマスコットキャラクター「ちん電くん」の隣にあるかわいらしいキャラクター(名前は不明)が並んでいました。

 この後、のりさんとご対面となります。(つづく)

鉄道コム

|

« 今日の日記【72】今日は久しぶりに鉄分補給。 | トップページ | 阪堺沿線へお出かけ(2012.4.28)(その2) »

阪堺電気軌道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今日の日記【72】今日は久しぶりに鉄分補給。 | トップページ | 阪堺沿線へお出かけ(2012.4.28)(その2) »