サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012年3月

2012年3月31日 (土)

京阪撮影日記(2012.3.20)(その7)

 (その6)の続きになります。

 

 



 枚方市駅へ到着し、帰路へ就くため、大阪方面のホームへ移動しました。



 するとなんと、ひらかたパーク開園100周年装飾編成(以下、「ひらパー電車」と呼称)の2編成のうちの1編成、7200系7203Fの普通中之島行きが、停車していたので、急いでカメラを取り出し、撮影しました。



画像




画像




画像



 HMを拡大してみました。



画像



 こちらは、車体側面の戸袋部に貼り付けているPRステッカーです。


 この後、接続する先発の特急の発車後、この「ひらパー電車」の発車を見送り、後発の急行でこの「ひらパー電車」と普通と接続する、香里園駅まで乗車しました。


 香里園駅に到着し、急行から下車した私は、再び「ひらパー電車」を撮影するのでした。(笑)



画像




画像



 この「ひらパー電車」は、ご覧のように車体の装飾のみで、車内は特に変更はありません。



画像



 発車前にもう一度、前面を撮影しました。


 そして、最寄り駅までこの「ひらパー電車」に乗車しました。



画像



 下車した最寄り駅で、発車したところを撮影しました。


 なお、この「ひらパー電車」のもうひとつの編成、7000系7004Fの撮影記録は、先日拙ブログにアップしているので、併せてご覧下さいませ。


 京阪「ひらかたパーク開園100周年記念」装飾編成を撮影(2012.3.11)


 ちなみにこの「ひらパー電車」2編成は、どちらも7連なので、土休日の日中の場合、京阪本線、鴨東線、中之島線で、準急もしくは普通運用で見ることが出来ますので、意外と簡単に出くわす事が出来るかと思います。


 そんなわけで、この日は「充実した1日」でした。(完)


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

2012年3月30日 (金)

京阪撮影日記(2012.3.20)(その6)

 (その5)の続きになります。



 郡津駅に到着しました。



画像



 ホームへ降り立つと、ご覧のように「きかんしゃトーマス」のキャラクターが出迎えてくれました。(笑)



画像




画像




画像



 郡津駅は「スペンサー」というキャラクターの装飾でした。



画像




画像



 結構「重量感」のあるこのスペンサー、日本のSLで例えると、どの形式になるのでしょう・・・?



画像




画像



 こちらは、通常の駅名標です。



画像



 いったん改札を出て、枚方市方面の駅舎を撮影しました。


 それにしても交野線は、一昔前に比べると、本当に車両も駅も近代的になったと思います。



画像



 こちらは、枚方市方面のホームに建っている、昔ながらの駅名標です。


 この後、一般色の10000系の私市行き列車が到着したので、練習を兼ねて撮影しました。



画像



 だいたいこの位置で、きれいな「編成写真」が撮れる事が分かりました。



画像



 次に到着する私市行きが「トーマス号」でした。うまく撮れました。



画像



 発車直前に、先頭車(10001)をアップで撮りました。


 この後、動画(YouTube)を撮影しました。






 今回のものは「うまく撮れている」と自負している次第です。


 この後、到着した枚方市行きの列車に乗車し、交野線の後にするのでした。(つづく)


 p.s.明日(31日)は「トーマス号」の「ラストラン」となる日なのですが、予報では、残念ながらかなりの荒天となるようで、「トーマス好きの子供達」はガッカリしているかもしれません。


 ここで、.「トーマスファン」にご朗報です!!


 「きかんしゃトーマス」のアニメが、NHKのEテレ(教育テレビ)で、4月8日より放送される予定です。


 その「予告編」とも言える番組が、明日(31日)、午後5時30分から放送されます(地域により、放送時間等が異なります。詳細はNHKオンラインのHP(こちら)より、画面上の「番組表」をクリックして、お住まいの地域を選択して下さい。


 私も子供の頃、絵本を読んだ記憶があるだけで、個性的な「トーマスのキャラクター達」がどのように表現されているか、見てみたいと思い、録画予約をしました。(笑)


 (特に子供達への)期待を裏切らない内容になるよう、願っている次第です

!(^^)!。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村











2012年3月29日 (木)

今日の日記【59】今日はポカポカ陽気♪

 今日(29日)は、日中は晴れ渡って気温も上昇し、ポカポカ陽気でした(^^)。



 さて、私はと言いますと・・・。



 鉄道愛好団体である「鉄道友の会」が主催の行事「京阪13000系見学会・撮影会」が京阪の寝屋川車庫にて行われたので、それに参加して参りました。



 今回は、撮影した写真の中から、両先頭車の写真をご覧いただきます。



画像




 こちらが、京都方先頭車の13000形です。



画像




 一方こちらは、大阪方先頭車の13050形です。



 違いがあるのが、お分かりでしょうか?



 これは撮影前に、京阪の職員様がおっしゃっていた事ですが、13050形は「増結に対応させるため、スカートの一部を切り欠きました」との事で、ジャンパ線などが露出しているのです。



 この他、車内なども撮影しました。



 詳細は追って、後日レポートします。



 なお、京阪の広報誌「K PRESS(Kプレス)」2012年4月号の裏表紙「くらしのなかの京阪」では、この13000系車両のニュースを採り上げていて、デビュー初日の4月14日(土)に、同車両による中之島発宇治行きの臨時列車を運転する事や、宇治駅における車両の展示およびグッズ販売が行われる事が分かりました。



 4月14日のデビューの日が待ち遠しくなりました。



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村






細密イラストで見る京阪電車 車両の100年 (NEKO MOOK 1472)
ネコ・パブリッシング

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 細密イラストで見る京阪電車 車両の100年 (NEKO MOOK 1472) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

京阪撮影日記(2012.3.20)(その5)

 (その4)の続きになります。



 村野駅で下車し、最初に撮影したものが、こちらです。



画像



 「きかんしゃトーマス」のキャラクターがデザインされた、駅名標です。


 村野駅は「ヘンリー」でした。



画像




画像




画像




画像



 こんな具合で、村野駅は「ヘンリーでいっぱい」でした。(^^)



画像



 しばらくすると、枚方市行きの列車が到着しました。



画像



 先ほどの列車が発車した後の、村野駅の枚方市方を望みます。

 ※追記:以下の画像は、郡津駅のものです。おわびして、訂正いたします。


 ここは、春になると桜の花が咲いて、とても良い写真が撮れるのですが、この日はこんな感じで、まだまだでした。



画像



 私市方面のホーム脇にある桜の木も、こんな具合でした。



画像



 この画像は、2010年4月3日に撮影したものです(再掲)。こんな具合に良い写真が撮れるのです。

 

 春はもうそこまで来ているのに、今年の気候は少し変だと思うのは、私だけでしょうか・・・。



画像



 次の枚方市行きの列車が「トーマス号」だったので、撮影しました。


 この後私は、私市行きの列車に乗車し、隣の駅である、郡津駅へ向かうのでした。(つづく)


 ※おまけ画像






 この動画は、村野駅で下車した時に撮影したものです。


 VVVFインバータの音に耳を傾けてみて下さい。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

2012年3月28日 (水)

京阪大津線 開業100周年で、様々なイベントを実施

 京阪の大津線(京津線、石山坂本線)が、2012年度にめでたく開業100周年を迎えます。



 これを記念して大津線では、2012年度を大津線100周年キャンペーン期間とし、100周年にまつわる様々なイベントを実施する事が決まりました。



 特に車両面では・・・。



 (1)大津線の車両(800系、600形、700形)に100周年記念HMの掲出。



 (2)大津線100年の歴史を、車内や駅においてのパネル展示。



 (3)かつて、260形や300形がまとっていた京阪本線特急色を600形1編成(603‐604)において、再現して運転。



 などです。



 詳細につきましては、同社のHP(こちら)より、「報道発表」(2012.3.28付。PDFファイル)をご覧ください。



 京阪大津線の今後の一層の発展を、心から願うばかりです。



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

2012年3月27日 (火)

京阪撮影日記(2012.3.20)(その4)

 (その3)の続きになります。



 自宅で昼食を済ませたあと、今度は京阪交野線の10000系「きかんしゃトーマス号」(以下、「トーマス号」)を撮影するため、再び最寄り駅へ向かいました。



画像



 7200系7201Fの急行樟葉行き。この列車に乗車して、交野線の乗換駅である枚方市駅へ向かいました。



画像



 枚方市駅へ到着しました。


 2600系2631Fの普通中之島行きを撮影しました。


 この2600系30番台は、2600系の「純然な新造車」なので、0番台のように廃車にはならないかと思いますが、内装などは、製造から30年が経過した現在まで変更がありません。


 2400系のような「改修工事」は、この車両には施工されないのでしょうか・・・?



画像



 この後、交野線ホームへ移動し、10000系と並ぶ3000系の特急淀屋橋行きを撮影しました。



画像



 枚方市駅を後にしていくシーンです。どうしてもLED表示が途切れてしまいます。


 手持ちのカメラで「プログラムオート」モードで撮影しているからでしょうか・・・。



画像



 この後、後発の6000系6002Fの準急中之島行きを撮影しました。


 ちなみにこの6002Fは、10年前(2002年)は8連を組んでおり、「くずはタワーシティー号」という「ラッピング電車」でした。


 その時の写真は、拙ブログにリンクを貼らせていただいているなかっちょ様が記事として、掲載していらっしゃいます。以下のURLをご覧下さい。


 http://nakkacho.cocolog-nifty.com/main/2012/03/post-edb7.html



画像



 さて、今回(で最後となる予定ですが)は、13時55分発の列車を撮影することにしました。


 この日は天候が良かったのか、親子連れなど、観光客が大勢いらっしゃいました。



画像



 到着しました。撮影されている方も写ってしまいました。(汗)


 今回で枚方市駅における「トーマス号」の撮影は、最後となります。



画像




画像




画像



 それは掲出のHMのとおり、今月の31日(土)で運転を終了するからです。



画像



 最後のキャラクターHMは「ヒロ」でした。



画像




画像




画像



 今まで通り、私市方先頭車である10001も撮影しました。



画像




画像



 こうして見ると今回も、愉快なラッピングですね。



画像



 車内へ入りました。このようなポスターが掲出されていました。



画像




画像




画像



 今回は、乗客が非常に多かったです。というわけで、自分の周囲のラッピングなどのみを撮影しました。


 トーマスの「あの声」でいよいよ発車です。


 周りのお子様は、皆はしゃいでいました。


 「「トーマス」は、本当に子供達に人気があるんだな」と、改めてそう思いました。



画像



 個人的にはこのドアのステッカーが「トーマス仕様」になっているのが、今回の「トーマス号」で印象に残った事です。



画像




画像



 なお、乗務員室裏側の車番プレートと、香里園駅の近くにある「成田山不動尊」安全祈願のお守りは、京阪の営業用車両には必ず掲出されています。


 本当は私市駅まで乗車する予定でしたが、急遽予定を変更して、村野駅でいったん下車するのでした。(つづく)


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村





TOMY プラレールTHOMAS&FRIENDS京阪電車10000系きかんしゃトーマス号111016
タカラトミー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by TOMY プラレールTHOMAS&FRIENDS京阪電車10000系きかんしゃトーマス号111016 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

2012年3月26日 (月)

今日の日記【58】「駄作の夜景シリーズ」第2弾!!

 皆様、こんばんは。



 今日も日中は3月下旬とは思えないような寒さで、おまけににわか雨は降るわで、変な気候の1日でした。



 さて、今日は更新する予定ではなかったのですが、自宅のマンションのベランダから夜空を見ると、お月様とお星様が一つ輝いていたので、またまた「この夜景」を撮影したくなり、ベランダへ出ました。



 まずは、手すりの上にカメラを載せて撮影した写真をご覧下さいませ。



画像




 撮影時刻は20時14分です。



 上空に写ったので、今度は手すりの隙間から撮影してみました。



画像




 こちらの撮影時刻は20時17分でした。



 言うまでもありませんが、大きい方が「お月様」です。



 シャッター速度優先モードで、速度を一番低い値に設定し、ISO感度はこのモード最大の「1600」での撮影でした。



 愛用のコンデジでは、これが限界だと思います。



 デジイチだと、もっと綺麗に撮れるのかな?と最近思った次第です。 

2012年3月25日 (日)

今日の日記【57】今日は京阪宇治線へ・・・。

 皆様、こんばんは。



 今日は結構寒かったり、夕方に大雨が降ったり、変な気候でした。



 私というと、京阪が来る4月14日(土)に決めた新型車両13000系の導入を目前に、現在活躍中の2600系を撮影すべく、宇治線に約17年ぶりに乗車しました。



画像




 往路で乗車した2620Fです。



画像




 京阪宇治駅の駅舎も撮影しました。



 そして、京阪宇治駅の近くの宇治橋で、JR奈良線の列車も撮影しました。



画像




 これは、シャッターを押すタイミングが悪かった、「失敗作」です。(汗)



 せっかく宇治まで来たので、ついでに平等院にも行ってきました。



画像




 画像は、かの有名な鳳凰堂です。



 この後、京阪宇治駅へ戻る前に、もう一度JR奈良線の列車を撮影し、そして京阪宇治線の木幡(こわた)駅で、少し宇治線の2600系を撮影し、帰宅しました。



 最後に帰路で中書島駅まで乗車した2621Fの写真をご覧下さい。



画像




 この時間(12時頃)は、4番線ホームに列車が停車していなかったので、2621Fをたっぷりと撮影できました。



 さて、話題の新型車両13000系が導入されると、京阪宇治線はどのように変化していくのでしょうか・・・?



 これからの京阪宇治線に、期待している次第です。



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

 

2012年3月24日 (土)

京阪撮影日記(2012.3.20)(その3)

 (その2)の続きになります。



 私が守口市駅のホームに到着した頃には、この列車が到着したので、乗車しました。



画像



 7000系7001Fの準急出町柳行きです。



画像




画像



 この列車の発車と入れ替わりに、あまり面白味はありませんが、2600系2634Fの普通淀屋橋行きを撮影しました。



画像



 この後通過する特急が8000系30番台だったので、撮影しましたが、編成の後ろが途切れてしまいました。(汗)



画像



 気を取り直して、後追いで撮影です。


 以上の画像はすべて、寝屋川市にて。 


 このあと、自宅で昼食タイムです。


 私がチョイスした商品を並べてみました。



画像



 向かって左が「加古川かつめしバーガー」(以下、バーガー)、右が「かつめし弁当」です。



画像



 ふたと包装を開いた写真です。バーガーの印象が、いまひとつ分からないかと思いまして・・・。


 こんな画像を用意しておきました。(笑)



画像



 ジャーン!!これが、「加古川かつめしバーガー」です!!(笑)


 ここで、添付していたパンフレットを紹介しましょう。



画像



 簡単に言えばライスバンズに秘伝のたれで煮込んだカツと新鮮なお野菜、そして隠し味にピクルスではなくたくあんを使用した、ジューシーなバーガーです。


 お味の方はと言いますと・・・。お弁当とともに「最高!!」でした!!(^O^)/


 それでは、購入時に付いていたこの「かつめし弁当」と「バーガー」を作っているお店、「きりしま」のパンフレットをここで紹介したいと思います。



画像



 表表紙です。



画像



 「きりしま」の店内で、召し上がる事ができるメニューです。



画像



 こちらには「きりしま」の「お店のこだわり」と店舗の地図や、営業時間などが記載されていました。


 このお店には、電車では、山陽電鉄の別府、もしくは浜の宮駅からが近いようです。


 私の自宅からだと、少し遠いです!!(汗)


 というわけで、自宅で腹ごしらえをした後、京阪交野線の「トーマス号」を撮影するため、自宅を後にしたのでした。(つづく)


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

2012年3月23日 (金)

京阪13000系デビュー記念 宇治線歴代車両メダルセットを限定発売

 京阪では、来る4月14日(土)に新型車両13000系がデビューすることが、正式に決定いたしました。



 同社ではそれを記念して、「京阪電車13000系デビュー記念 宇治線歴代車両メダルセット」を4月14日(土)より、2500セットを限定販売することとなりました。



 この商品は、晩年に活躍していた1300型、現在主力車両として活躍中の2600系、そして今回宇治線に新型車両としてデビューする13000系の、宇治線を代表する歴代3車種の前面を表側に、シリアルナンバーを裏面に刻印しているというものです。



 京阪ファンは迷まずゲット!ですね。!(^^)!



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村






細密イラストで見る京阪電車 車両の100年 (NEKO MOOK 1472)
ネコ・パブリッシング

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 細密イラストで見る京阪電車 車両の100年 (NEKO MOOK 1472) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

京阪撮影日記(2012.3.20)(その2)

 (その1)の続きになります。



 開店時間になり、女性の店員さんが「8階大催事賞へお越しの方はこのエレベーターへどうぞ」とお声を掛けて下さり、私を含めた数名のお客さんは、そのエレベーターに乗って、8階まで上がりました。



 会場へ到着しました。



 このようなディスプレイが展示されていました。



画像



 京阪百貨店の行事なので、京阪特急(8000系)が一番大きく映し出されているのがお分かりかと思います。



画像



 京阪8000系をモチーフにした展示台の上には、京阪電車プラレールなどが展示されていました。


 会場では、チラシに載っていたもの以外に、たくさんのブースがありました。


 どれもおいしそうでしたが、私は移動が困難になってしまった母から頼まれた、京阪伏見稲荷駅のお店のブースの「伏見稲荷すし」(6個入り)をまず購入しました。


 そして、その場で作って下さったものを代金を支払い、受取りました。


 この後、私のこの日の昼食として購入する阪神(山陽)別府駅の「きりしま」というお店の「かつめし弁当」を一つと、「加古川かつめしバーガー」が1個491円で販売されていましたが、「2個で900円」という貼り紙を見て、2個購入しちゃいました。


 このブースのスタッフさんいわく「このかつめしバーガーは、テレビにも出させてもらいましたよ」とのことでした。


 このほかのブースにも立ち寄りたかったのですが、予算の関係もあり、以上の商品の購入のみにしておきました。


 さて、帰路へ就くべくエスカレーターで降りる途中、このような展示物をみつけたので、あわててカメラを取り出すのでした。


 以下の画像がエスカレーター横に展示されていた物です。



画像




画像



 樟葉行きの急行列車に掲出された、標識板です。



画像




画像



 これらは「競馬臨」のものですね。下の画像のものは、標識掛けが見えているので、この列車の運転の際は反対の面を裏返して、この面がおもてになるようにしたものと思われます。



画像




画像




画像



 準急列車の標識板ですね。これは私も見た記憶があります。



画像



 区間急行の標識板です。これは、末期に使用されたものですね。


 私の記憶では、京阪線でこういった標識板が使用されていたのは、2400系の改修工事が完了した、1990年頃までだったと思います。

 

 ということは、「普通出町柳行き」の「出町柳」と表記された標識板は、極めて貴重なものと言えるでしょう。



画像



 そして、なんとご覧のとおり、叡山電車のものまで展示されていました。


 さて、これらの展示物は傷などが入っていたので、「実際に使用された実物」なので、この百貨店の即売会などで販売される際は、結構高額(3万円~)な価格になるものと思われます。


 これらを撮影後、私は京阪守口市駅へ向かうのでした。(つづく)


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

2012年3月22日 (木)

なにわ筋線 難波ルートで合意

 大阪都心部から関西国際空港への所要時間を短縮するなにわ筋線について、国土交通省近畿運輸局の検討会は、新大阪駅とJR西日本のJR難波、南海電気鉄道の難波駅を結ぶ「JR難波・南海難波ルート」(難波ルート)で、今月21日合意しました。



 今後、大阪府や大阪市やJR西、南海などが事業化に向けた検討に入る模様ですが、実現すれば、関空活性化の課題だった都心部からのアクセスが大幅に改善されます。



 このなにわ筋線が開通すれば、大阪(梅田)-関空の所要時間はJR利用の場合、最短で現在の68分から41分に(これは、現状では実現不可能とのことです。詳細は追記を参照願います)、南海の場合、地下鉄御堂筋線を経由して(同)55分から46分にそれぞれ短縮される模様です。



 鉄道会社各社も「有益な路線だと認識している」(JR西)、「詳細な検討に臨みたい」(南海)と前向きで、近畿運輸局も「事業として成立する路線なので、今後は関係者に議論を進めてほしい」と期待感を示すコメントを発表しました。



 この内容から、個人的にはJRルート(JR難波-JR新大阪間)の方が、所要時間が大幅に短縮されることがお分かりかと思われます。



 今後の展開に期待をかけたいところです。



 追記:当記事の文中で誤解を招く記述があり、申し訳ありませんでした。



 当記事につきまして、某氏よりご指摘がございました。



 その方は、JR西日本の列車をご利用になられていらっしゃる方と思われます。



 その方のご指摘された事を一部掲載させていただきます。



 (1)大阪~天王寺を大和路快速(あるいは関空・紀州路快速)、天王寺~関西空港を『はるか』と乗り継げば、現状で所要時間は51~58分です。



 (2)なにわ筋線開通後の所要時間41分というのは、なにわ筋線だけの短縮効果では実現不可能です。現在の『はるか』では天王寺~関西空港間の所要時間が32分前後ですので、阪和線でなんらかの時間短縮が実現しなければ、無理があります。



 以上です。ご指摘ありがとうございました。



 今後、このような誤解を招く記事を掲載しないよう、事前に下調べをする所在でございます。  



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

2012年3月21日 (水)

京阪撮影日記(2012.3.20)(その1)

 20日(火・祝)、私は午前中は守口市にある京阪百貨店(以下、百貨店)で、今日(21日)まで開催されていた「春の大感謝祭 関西私鉄沿線 グルメな旅」に出向き、午後からは今月31日に「ラストラン」となる京阪のきかんしゃトーマス号(以下、トーマス号)の交野線バージョン(10000系10001F)を撮影するため、交野線を訪れました。



 今回は、その時の模様をお伝えします。



 行楽日和の晴天となった当日、最寄り駅から百貨店のある守口市まで、京阪電車を利用しました。



 「休日だし、開店前に並んでおかないと」と思い、最寄り駅9時30分発の急行淀屋橋行きに間に合うように、自宅を出発しました。



 最寄り駅に到着したのが9時15分頃でした。



 9時19分発の準急淀屋橋行きに間に合うのですが、この列車に乗車するとあまりにも早く到着してしまうので、まずは、この準急で「練習」することにしました。



画像




 1000系の貴重な旧塗装編成、1506Fでした。

 

 この列車が発車したあと、私が乗車する急行まで時間があったので、しばしの「撮影タイム」です。(笑)



画像




 出町柳方面ホームに6000系6014Fの急行樟葉行きが到着しました。



 「「前パン」が凛々しい」と思ったのは、私だけでしょうか・・・?



画像




 この6014Fは、7000系の製造との関係で、前後が異なる前面となっているのが特徴です。



 これは7000系7004Fも同様です。



画像




 この後他の列車も撮影して、私が乗車する9000系9004Fの急行淀屋橋行きが到着しました。



 この列車に乗車すると、次の停車駅が百貨店のある守口市駅です。



 途中、寝屋川車庫を眺めてみると、話題の新型車両13000系らしき車両(4両1編成)が見受けられました。



 今春のデビューが楽しみです。



 さて、9時37分に守口市駅に到着し、百貨店の近くに行くと、予想とは裏腹に人気(ひとけ)がまばらだったので、これを撮影しました。



画像




 京阪電鉄守口車庫 工場跡之碑です。



画像




 説明板です。



 説明板の解説のとおり、この「京阪百貨店」がある場所に、かつて、京阪の守口車庫および工場があったのです。



 履歴は割愛しますが、現在の寝屋川車両工場が完成するまでは、この場所に京阪線車両の車庫および工場が存在していました。



 当時は、京都方の深草車庫(現・廃止)も存在していました。



画像




 モニュメントとなっている車輪には「住友」と刻まれているのが、お分かりかと思います。そのほかは、私では解読不可能です。(汗)



 今回はここまでです。(つづく)



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村 

2012年3月18日 (日)

旧長浜駅舎 今年で130年

 国内で現存する最古の駅舎である旧長浜駅舎(滋賀県長浜市)が、1882(明治15)年に完成してから、今年で130年目を迎えました。



 旧長浜駅舎は旧敦賀線(現在の北陸線の一部。以下、同線)の起点駅として、また長浜-大津間の鉄道連絡船の駅として1880年に着工、1882年3月10日の鉄道開通と同時に完成した、東西24.5m、南北9.7m、木骨構造の石灰コンクリート造りの2階建ての、格調高いたたずまいの建物です。



 設計を担当したのは、イギリス人技師のホルサム氏です。



 1889年7月、東海道線新橋-神戸間の全通とともに鉄道連絡船が廃止され、1903年には現在の長浜駅の位置に新しい駅舎が完成して、旧駅舎は20年間にわたる長浜の鉄道の玄関口として、また日本の鉄道交通の要としての役割を終えました。



 1958年10月には、「鉄道記念物」に指定され、鉄道黎明期の息吹を現在に伝える歴史遺産として、大切に保存されています。



 現在はこの旧長浜駅舎、長浜鉄道文化館、北陸線電化記念館を長浜鉄道スクエアとして、一般公開されています。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 

2012年3月17日 (土)

東武鉄道伊勢崎線の業平橋駅がとうきょうスカイツリー駅に改名

 東武鉄道は今日(17日)の伊勢崎線と日光線のダイヤ改正(一部)で、東京スカイツリーが今年5月22日に開業するのに合わせ、伊勢崎線業平橋駅をとうきょうスカイツリー駅に改名されました。



 また、伊勢崎線浅草・押上-東武動物公園間に東武スカイツリーラインという路線愛称名を導入しました。



 詳細は東武鉄道のHP(こちら)の「東武鉄道からのお知らせ」→「お知らせ一覧へ」より、「3月17日(土)伊勢崎線・日光線で一部ダイヤ改正を実施(2012.1.26付。PDFファイル)」および「東武スカイツリーライン誕生!・・・(2012.2.6付。PDFファイル)をご覧下さい。



 東武鉄道は、私にとって「未知の鉄道」でしたが、このようなビッグな話題があったので、採り上げた次第です。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

 






プラレール 東武スペーシア S-36
タカラトミー

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by プラレール 東武スペーシア S-36 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル


東武鉄道 (私鉄の車両24)
ネコ・パブリッシング
飯島 巌

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 東武鉄道 (私鉄の車両24) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

「えいでん」訪問記(2012.2.18)(その7)

 (その6)の続きになります。



画像



 二人を乗せた「けいおん!トレイン」、デオ720形721号が、出町柳駅へ到着しました。



画像




画像



 私はこのラッピングとHMをもう1度、撮影するのでした。



画像



 後で詳しく説明しますが、鞍馬線方面のホームでは、今回の訪問で何度も見たデオ900形「きらら」が発車待ちをしていました。



画像




画像



 発車したところを撮影しました。



画像



 その後、この日臨時列車を務めたデオ720形723号も到着して、再び「けいおん!トレイン」のツーショットが撮れました。



画像



 前面上部の「ワンマン」表示が行燈(あんどん)式になっていることが、お分かりいただけるかと思います。


 ここで、(その1)でお約束した、側面のラッピングをご覧下さいませ。



画像




画像



 同じデザインですね。(^^ゞ



画像



 今度は、出町柳側とは反対側からのアングルです。



画像




画像



 この後、721号は八瀬比叡山口へ向かって行くのでした。



画像



 出町柳駅の駅名標はこちらになります。



画像



 八瀬比叡山口駅などで見た、デオ730形732号が入線してきました。



画像



 鞍馬線ホームには、デオ810形が入線していました。


 この編成は、この日初めてみました。



画像



 何か意味ありげな(?)ロゴマークを見つけたので、撮影しました。



画像



 しばらくすると鞍馬へ向けて、発車しました。



画像



 732号の先頭部分です。


 「京阪の子会社」であることを示す、京阪と同じロゴマークが貼り付けられています。



画像



 「けいおん!トレイン」の723号の前面です。


 何か「行燈式」の「ワンマン」表示に見とれてしまいました。(照)



画像



 そして、修学院へ向けて発車するのでした。


 翌19日(日)は、「けいおん!とれいん」の2両が連結運転されました。


 その時の模様は、なかっちょ様がしっかりと記録されていらっしゃいました。


 以下のURLをご覧下さいませ。


 http://nakkacho.cocolog-nifty.com/main/2012/02/post-32cd.html


 なかっちょ様のお話によりますと、この日は私が訪問した日の3倍近くの人数の撮影者が溢れていたようです。


 「「けいおん!」パワー」、恐るべし!!」ですね。(笑)


 さて、ここで前述の叡電出町柳駅ホームの説明を、下の画像を使って説明します。



画像



 向かって左から1番線と2番線が叡山本線ホーム、3番線が鞍馬線ホームとなっています。


 その下には、路線図が併記されています。


 このような案内表示も今となっては、珍しいものだと思います。


 そして、改札前には、このような「けいおん!トレイン」の模型などが展示されていました。



画像




画像




画像




画像




画像



 なかっちょ様いわく「よく出来ていますね」との事でした。



画像



 この画像の通り、この日限定で「叡電ファンのボランティアの方が製作された」ものです。


 今思えば、この日は「「けいおん!」に始まり、「けいおん!」で終わった」1日でした。


 私は特別「けいおん!」のファンではないのですが、この日は、本当に楽しかったです。


 この後、なかっちょ様は、京阪の出町柳駅まで付き添って下さり、改札前で私はお礼の挨拶をして、解散となりました。


 時刻は確か、15時10分を回っていました。



画像




画像



 帰路は枚方市までが、3000系の特急(上の画像)、枚方市からは、6000系の急行に乗り換えました(下の画像)。


 ここで、私の叡電にまつわる「思い出話」をしたいと思います。


 私が小学生の時(約20数年前)でした。「ボーイスカウトの小学生バージョン」と言い換えれば良いのでしょうか・・・。


 「カブスカウト」に当時私は入団していました。


 ある日、そのカブスカウトのハイキングで鞍馬山へ行くこととなり、京阪電車で三条まで乗車し、当時はまだ、叡電は「京福電気鉄道叡山線」と呼ばれていて、出町柳駅まで歩いて移動しました。


 その時、往路が2008年の秋に引退した吊り掛け駆動車デオ600形で、帰路が奇遇にも1994年に引退したデナ21形にそれぞれ乗車したのを、今でも記憶に残っています。


 ちなみにデナ21形は、前面のカットボディが鞍馬駅に展示されています。


 その時は前述のような目的だったので、写真撮影はしていませんが、後日手持ちの文献に写真を見て「昔これに乗ったことがある!懐かしい!!」と、思いを馳せた次第です。


 以上で、この日の「叡電訪問記」はお終いです。


 最後になりましたが、ご一緒させていただいたなかっちょ様、本当にありがとうございました。(完) 


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

2012年3月16日 (金)

300系、100系新幹線、今日ラストランetc・・・

 今日(16日)、東海道・山陽新幹線で運転されていた300系および100系が最後の運転を行い、20年以上の歴史に幕を閉じました。



 ラストランを飾った列車ですが、300系は東京発新大阪行き「のぞみ329号」と新大阪発博多行き「のぞみ609号」、100系は岡山発博多行きの「ひかり445号」でした。



 JR新大阪駅での引退セレモニーでは、約500人のファンが駆け付けたとのことです。



 私はあいにく出向きませんでしたが、去る3日にJR大阪駅のノースゲートビルの11階にある鉄道グッズショップ「鉄道プラザ」で、「引退記念」のクリアファイルを購入しました。



 今回はそちらを紹介します。



画像




画像




 100系のクリアファイルです。



画像




画像




 300系のクリアファイルです。



 ちなみに昨年の9月24日にJR新大阪駅にて300系新幹線を撮影した記事が拙ブログにありますので、よろしければご覧下さい。



 JR新大阪駅にて(2011.9.24)(その3)



 また、583系では唯一の定期運用だった「急行きたぐに」と寝台特急「日本海」は、明日(17日)のダイヤ改正以降は臨時列車となります。



 その両夜行列車のクリアファイルも前述のお店で購入しました。



画像




画像




 「急行きたぐに」のクリアファイルです。



画像




画像




 「日本海」のクリアファイルです。



 この2列車も、私は3日と11日にJR大阪駅で撮影しました。



 その時の模様は後日書きたいと思います。



 一方、関東の大手私鉄の小田急電鉄も、JR御殿場線乗り入れ用ロマンスカー「RSE」20000形(1991年製)、「ハイデッカー構造」が特徴だったロマンスカー「HiSE(ハイエスイー)10000形(1987年製)、そして最後の「小田急通勤車両顔」だった5000形(1969年製)の3車種が、JR東海のダイヤ改正の関係も絡み、今日(16日)で引退することとなりました。



 詳細につきましては、小田急電鉄のHP(こちら)をご覧下さい。



 何はともあれ、引退する車両達には「長い間、お疲れ様でした」と言いたい気持ちです。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村 

2012年3月15日 (木)

北神急行電鉄 軌道モーターカーを2万円で売却

 北神急行電鉄(以下、同社)は、青函トンネル建設工事で使用された後、同社が所有していた軌道モーターカー(以下、同車)を2万円で売却することを発表しました。



 近いうちに購入希望者を募り、運搬費用200万~300万円は、購入者の方の負担になるとのことです。



 売値は同社の「事務経費」となります。



 同車は1978年製で、青函トンネル工事を担当した旧日本鉄道建設公団(以下、公団)の作業車で公団が同社の路線の建設を請け負ったことから、公団が同社に譲渡したもので、青函トンネル工事の作業車では、最後の現役車両でした。また、軽油を燃料に走行が可能な車両です。



 同車は同社の保線車両を牽引していましたが、昨年12月に老朽化で引退することとなり、これに先立つ同11月12日(土)のイベント「2011 北神急行フェスティバル」では、およそ900人の参加者で賑わいました。



 私も昨年、このイベントに参加しました。同車の展示の模様は拙ブログのこちらの記事「2011 北神急行フェスティバル」に初参加(その4)をご覧下さい。



画像




 画像は、上記記事内の画像を再掲したものです。



 同社の担当者は「鉄道史に残る逸品を何とか保存してほしい」とコメントしています。



 大事にしてくれる方のもとで、大切に保存されたらいいなと、私は思いました。



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村 、

「えいでん」訪問記(2012.2.18)(その6)

 (その5)の続きになります。



画像



 デオ900形「きらら」に乗車した私達二人は、今度は茶山駅で下車し、少し北に歩いて、なかっちょ様が「車両の走行写真が撮影できる場所」まで案内してくれました。


 上の画像はデオ800形という車両ですが、「何か(デオ)700形より、古くみえるのですけど・・・」と私がつぶやいたところ、なかっちょ様から「実際は(デオ)800の方が新しいのですよ」というお答えが帰ってきました。


 自宅に帰り、文献で調べてみると、デオ800形、デオ810形は、京阪鴨東線の開業による利用客増加に応じて、デオ800形は1990年、デオ810形は1993年に新製された車両だということが分かりました。


 ちなみに叡電の現役車両は、すべて「抵抗制御」とのことです。



画像




画像



 こんな感じで、面白いように撮れる場所でした。


 しかし、次の写真はどちらかと言うと、「失敗作」です。(>_<)



画像




画像



 どちらもシャッターを切るタイミングが、悪かったです。(涙)



画像



 ホームに停車したところを撮影して、汚名挽回(?)です。



画像




画像




画像



 来た時にはものすごく積もっていた雪が、ほとんど融けているのが、お分かりかと思います。


 この場所で撮影したあと、あまり記憶に残っていないのですが、私となかっちょ様は、茶山駅より、出町柳寄りにひとつ隣りの駅、元田中駅の近くまで、徒歩で移動しました。



画像



 デオ900形「きらら」とデオ810形「こもれび号」が見事に並びました。



画像




画像



 今度は、自分の思うように撮れました。


 ちなみにこの「こもれび号」は、叡電のHPによると、今月11日(日)より、東日本大震災で被災してしまった鉄道会社5社の復興への歩みを撮影した写真を展示し、前面には特製のHMを掲出した「がんばろう!東日本の鉄道」トレインを運行しています。

 

 

 


 詳細は叡電のHP(こちら)より、「ニュース&トピックス」(2012.3.9付。PDFファイル)をご覧下さい。 


 さて、少し歩いて元田中駅に到着しました。



画像




画像



 「乗車口」の案内は、4か国語でした。



画像



 列車が近づいてきました。


 この駅など叡電のほとんどの駅は、「列車が到着します」というような構内放送はありませんでした。



画像



 この「けいおん!とれいん」に乗って、二人は出町柳へ向かうのでした。(つづく)


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

2012年3月14日 (水)

今日の日記【56】駄作ですが、夜景を・・・

 皆様、こんばんは。



 今夜は、自宅のマンションのベランダから星が見えたので、それを一生懸命撮影しました。



 その中で、一番「ベスト!」だと思ったのが、この写真です。



画像




 シャッタースピードをかなり遅くして、ベランダの手すりを三脚替わりにしてみました。



 コンデジで夜景を撮るのは難しい・・・。(汗)

2012年3月13日 (火)

京阪「ひらかたパーク開園100周年記念」装飾編成を撮影(2012.3.11)

 11日のJR大阪駅で「急行きたぐに」を撮影した帰路の京阪電車で、最寄り駅で下車して乗車した車両を撮影後、大阪方面のホームに到着する列車をよく見ると「水色のヘッドマークらしきものが見える・・・」



 急いでカメラを取り出すと案の定、「ひらかたパーク開園100周年記念装飾編成」(以下、「ひらパー装飾編成」と呼称)2編成のうちの1編成、7000系(7004F)が撮影できました。



画像




 7004Fの大阪寄り先頭車、7054。



画像




 特製HMです(カメラの望遠機能を使用しました)。



画像




 車側ステッカーです(上に同じ)。やはり、戸袋部分に貼ってあるのがお分かりだと思います。



画像




 駅を出た7004Fです。(撮影はすべて寝屋川市にて)



 ご覧の通り7000系7004Fは、両端で異なる前面(7054のほうが、7000系の前面)であることが、趣味的に見て面白いところだと、私は思います。



 京阪サイドが、なぜ7000系のこの編成を選んだ理由は不明ですが・・・。



 ちなみにもう1編成の7200系7203Fの方は、同じく11日に2度目の大阪駅に出向く際(「日本海」撮影のため)の往路の最寄り駅で急行淀屋橋行きに乗車後、ちょうど準急出町柳行きとしてすれ違い、残念ながら撮影はできませんでした。



 この「ひらパー装飾編成」は、来年の2月下旬まで運転されるので、こまめにチェゥクすれば、意外と簡単に撮影できるものと思っている次第です。



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ みんなの京阪電車へ
みんなの京阪電車
 

2012年3月12日 (月)

「えいでん」訪問記(2012.2.18)(その5)

 (その4)の続きになります。



 次に二人が訪れたのは、この駅でした。



画像



 三宅八幡駅です。



画像



 ご覧の通り、雪がちらついています。この駅を見て「まるで、京阪の伏見稲荷駅にそっくり!!」と思いました。


 文献によると、三宅八幡宮という神社に近いことにちなんで、このような朱色塗りにしたのだとか。


 しかし、三宅八幡宮は鞍馬線の八幡前駅の方が近いのだそうです。



画像




画像



 列車が到着したので、撮影しました。


 こうして見ると「模型で再現してみたい」と思ったのは、私だけでしょうか・・・。(^^ゞ



画像




画像



 それにしても、良く出来ていますね。



画像



 八瀬比叡山口方面のホームにはプロゴルファー、石川遼君のポスターが。彼も二十歳(はたち)になったのですね。



画像



 八瀬比叡山口から折り返した列車に乗車し、次に向かった所は・・・。



画像




画像



 車庫のある修学院駅へ、再び向かったのでした。



画像



 「けいおん!」のポスターを発見!!


 この駅で、しばしの車両の撮影タイムです。



画像




画像



 叡山線の車両です。



画像



 先ほど乗車したデオ730形732号も撮影できました。



画像




画像



 2両の「けいおん!トレイン」が到着しました。


 私たちのほかにも、撮り鉄さんが「集結」していますね。



画像



 そして、偶然にも「けいおん!トレイン」のツーショットが撮影できました   (^O^)/。



画像



 デオ720形721号(以下、721号)の「けいおん!トレイン」が発車したあと、デオ810形の鞍馬行きが到着しました。



画像



 この日、「臨時列車」を務めた723号が、ホームへ折り返してきました。



画像



 今度はデオ810形と並びました。



画像



 赤色のデオ900形「きらら」が到着しました。私たちは、今度はこの車両に乗車しました。


 デオ900形「きらら」に乗車したのは、前回の訪問(1997年の秋)以来でした。


 今回は、先頭車の乗務員室の後ろに「かぶりつき」ました。



画像



 乗務員室の後ろの窓からの撮影です。一乗寺駅を発車する八瀬比叡山口行きの列車、そしてはるか向こうにも、電車の姿が見えるのがお分かりでしょうか?



画像



 これが、デオ900形の車内です。


 こんな豪華なシートで、特に行楽シーズンには人気があるのです。



画像



 乗務員室の後ろには運賃表が見えます。


 現在の叡電は全車「ワンマン運転」です。このデオ900形「きらら」もその対象です。(つづく)


 p.s.今日(12日)の朝は、自宅のマンションから雪がちらついているのが、目に入りました。


 急に気温が上がったり、今日、明日のように「冬型の気圧配置」になったり・・・。


 最近の気候はいったい、どうなっているのでしょうか・・・?  


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

2012年3月11日 (日)

今日の日記【55】今日の午前中は大忙し・・・。

 今日(11日)、私はJR大阪駅に2度訪れました。



 1度目は、今年のJRのダイヤ改正で臨時列車となる「急行きたぐに」(列車番号:502M)を、2度目は同じく臨時列車となる「寝台特急 日本海」(同:4002レ。いずれも、JR東日本のHPを閲覧して分かりました)をそれぞれ撮影しました。



 「急行きたぐに」は、大阪駅6時49分着なので、前日の夜は早めに寝て、大阪駅に到着したのは、6時10分頃でした。



 早朝にも関わらず、大人から子供まで、多数のファンが詰めかけ、駅員さんの方々も大変そうでした。



 また、「寝台特急 日本海」の方は、2度目の撮影だったので、大阪駅2番線ホーム(大阪環状線内回りホーム)の西九条寄りからの撮影でした。



 今回はどちらも定刻通りの到着でしたが、「日本海」の時は私が前回の時(3日)と異なり、「ダイヤ改正最後の休日」だったのか、3番ホームの混雑度はものすごく、駅員さんが「安全対策」なのか、2番、3番両ホームにロープを張るほどの厳重さでした。



 今回は、私にとって「最後の撮影」にしたかったので、カメラの「連写機能」を多用しました。



 その中から、1カットずつ紹介します。



画像




 「急行きたぐに」



画像




 「日本海」(今回も「客車」です)



 今回は特に「日本海」が到着する時は、「自分の胸が高まる音」がしました。



 また、これは仕方がない事ですが、到着直前に大阪環状線の列車が到着して、俗にいう「かぶった状態」になり、機関車(ローズピンクのEF81形)の方は、「どうにか撮れた」といった感じでした。詳細は後日お伝えするとして・・・。



 消えゆくこれらの列車を「記録に残す」という事が、後世には「良い思い出」となることだろうと私自身、確信した次第です。



 私は両列車の運転最終日となる16日には、ぜひ「有終の美」を飾ってもらいたいものだと、思っている次第です。



にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
にほんブログ村






JNR EXPRESS—昭和50年代を駆け抜けた国鉄特急・急行列車たち (NEKO MOOK (945))
ネコ・パブリッシング
結解 学

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by JNR EXPRESS—昭和50年代を駆け抜けた国鉄特急・急行列車たち (NEKO MOOK (945)) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

2012年3月10日 (土)

今日の日記【54】今日はこちらへ行ってきました。そして・・・。

 今日は阪急電鉄が運営しているファン向けのサイト「レールファン阪急」で知ったのですが、大阪府吹田市にある万博記念公園で今日(10日)と11日に開催している「東日本支援チャリティーイベント 万博鉄道まつり2012」に行ってきました。



画像




 最初私はこのイベントで販売された、阪急電鉄のブースで販売された、会場限定販売のオリジナルグッズを購入したら帰宅する予定でしたが、万博記念公園に来たのは、自分の記憶では、小学生の時分に来て以来だったので、万博のシンボルである「太陽の塔」はもちろんのこと、「EXPO’70パビリオン」など、行ってみたくなった場所がいくつかあったので、ついでに見学し、帰宅したのは、午後1時を回っていました。



 今回は、阪急のオリジナルグッズを購入した際に頂いた、景品のボールペンの画像を掲載したいと思います。



画像




画像




 そして、明日(11日)は、国内に歴史において、決して忘れてはならない出来事・・・そうです。「東日本大震災」が発生して1年が経ちます。



 被災された方々には、謹んでお見舞いを申し上げる次第です。



 この未曾有の震災には国内はもとより、世界各国も影響を受け、被災地では今なお厳しい状況が続いているのが現状です。



 最初は国内も「自粛ムード」が続いていましたが、「がんばろう!日本」「日本を元気にしよう!!」など、明るい未来に向けて、国内が前向きに動き始めたのも事実です。



 そして、昨年の「今年の漢字」は、この震災でお互いが助け合う意味が込められた「絆」が選ばれました。



 現在までいろいろなかたちで、被災地を支援し、被災された方々も皆さんが頑張っておられます。



 私は現在、関西に住んでいますが、今回の震災に関連したさまざまな出来事(原発事故による、関西電力の「節電対策」など)に遭遇いたしました。



 私もほんのわずかですが、被災された方々のお気持ちは理解できていると、確信しています。



 被災地の方々には、1日も早い復興を願い、新たな変化の兆しが見えてきますよう、心より祈念いたします。 






あと少しの支援があれば 東日本大震災 障がい者の被災と避難の記録
ジアース教育新社
中村 雅彦

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by あと少しの支援があれば 東日本大震災 障がい者の被災と避難の記録 の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル










待っている犬  東日本大震災で被災した犬猫たち
角川書店(角川グループパブリッシング)
ドックウッド

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 待っている犬  東日本大震災で被災した犬猫たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル







待っている犬  東日本大震災で被災した犬猫たち
角川書店(角川グループパブリッシング)
ドックウッド

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by 待っている犬  東日本大震災で被災した犬猫たち の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

2012年3月 8日 (木)

「えいでん」訪問記(2012.2.18)(その4)

 (その3)の続きになります。



画像



 二人が次に向かった場所は、この八瀬比叡山口駅です。



画像



 比叡山を見渡して「ついに、こんな所まできたのかー!!」と心の中で私は思いました。



画像



 晴れ渡った中の銀世界、「絶景」とまではいきませんが、素晴らしい眺めだと、改めて思いました。



画像



 乗車した車両(デオ700形)の車体には、山のイラストが描かれていました。


 おそらく、比叡山をイメージしたものでしょう・・・。



画像



 この重厚な造りのホーム構内は、80年余りの歴史があるとの事で、正直驚きました。


 この八瀬比叡山口駅の手前に、現在は会員制リゾートホテルがありますが、かつては2001年に閉園した八瀬遊園でした。


 この八瀬遊園も、スポーツバレー京都、森の遊園地と何度か名称を変えていました。


 また、八瀬比叡山口という駅名は、2002年までは「八瀬遊園」でした。


 以下の画像は、周辺の雪景色を撮影したものです。



画像




画像




画像




画像




画像
 


 もう春はそこまで来ていますが、もうしばらくお付き合い、お願い致します。(笑)




 さて、この後「あのケーブルカーの写真を撮りたいです!!」などというわがままな要望に、なかっちょ様は「こちらで撮影できますよ」と、案内してくれました。



画像



 これが、そのケーブルカーである「叡山ケーブル」の乗り場です。


 文献によると、冬季(12月初旬~3月下旬)は運休とのことです。


 「(ケーブルカーの)車両も撮りたいのですが・・・」と、私はまたもやわがままな要望を・・・。


 「ここから撮れますよ」とのなかっちょ様のお返事で、運休中のケーブルカーを撮影することができました。



画像




画像



 このケーブルカーを撮影した頃には、正午を回っていました。


 「そろそろお昼にしませんか?」と私が問いかけ、私が事前に決めていたお食事処で昼食を取ろうと思ったら、残念ながら、お店は閉まっていました。


 しかたがなかったので、もう少し後になってコンビニで、昼食替わりになるものを購入することとなりました。


 それでは、再び叡電の八瀬比叡山口へ戻ります。



画像



 列車の到着前に屋根部分を撮影しました。


 見事な造りだと、改めて思いました。


 そういえば、文献に載っていたこの駅の駅舎を撮影するのを忘れていました。(涙)


 後で分かったのですが、この八瀬比叡山口の駅舎は、開業当時からの木造駅舎だったのです。


 ちなみに、鞍馬線の鞍馬駅も寺院風の木造駅舎で、第1回「近畿の駅百選」に選ばれています。


 この後、出町柳行きの列車(デオ700形)が到着しました。



画像




画像



 この車両は、デオ730形732号で、文献には「名義上はデオ300形(1959年製の高性能大型車)からの機器を流用。実際は京阪1800系(2代目)(注釈:京阪1800系(初代)の主要機器と600系の車体を組み合わせて、1982年に製造。1989年に廃車)の機器を使用して、1988年に製造」という、複雑な経歴を持つ車両なのです。


 この732号は車体側面に、若葉のデザインをあしらっています。



画像



 出町柳方から、車体を望みます。



画像




画像



 私たちのほかに乗客はいなかったので、車内を撮影してみました。



画像



 運転台も撮影できました。



画像




画像



 運賃箱と、整理券発行機です。



画像



 まもなく、発車の時間です。と、その前に私はこんな事に気づきました。


 「あの「ワンマン」の表示は阪急の古い車両にあったような「行燈(あんどん)式」(昨年引退した、阪急の3000系の3058編成などの側面の表示器に表示されていたものです)なのですか?」との私の問いになかっちょ様は「それに近いものですね」とのお答えが・・・。


 この表示と言い、前述の阪急の車両の表示といい、この「行燈式」の表示は、今となっては「貴重品」のようです。



画像



 乗降扉周りは、車内広告がけっこう多いですね。


 扉の上には、「後ろ乗り、前降り」を促すステッカーが貼り付けてあるのがお分かりかと思います。(つづく)


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

2012年3月 6日 (火)

京阪の「ノンストップ特急」の愛称が決定!!

 京阪で昨年秋の観光シーズンに運行し、好評だった「ノンストップ京阪特急」の愛称が「洛楽(らくらく)」に決定し、今年の3月24日(土)、昨年同様8000系(8001F~8010F)に愛称のHMを掲出して運転されることが決定しました。



 現在決定している運転日は、2012年(今年)3月24日(土)~6月3日(日)です。



 また、運用は淀屋橋発が10時6分と10時36分の上り(出町柳行き)のみで、昨年同様、京橋を出ると七条まで、途中の駅には停車しません。



 詳細は同社のHP(こちら)より、「報道発表」(2012.3.6付。PDFファイル)をご覧下さい。



 最近は明るい話題の多い京阪に期待したい次第です。



画像




 こちらの画像は、私が昨年の11月27日に、京橋駅にて撮影したものです(再掲)。



 ちなみに私はこの列車の愛称募集には参加していませんでした。



 「エレガントトレイン」というのを考えていたのですが、これだと「どこかで聞いたものを組み合わせたもの」だと思ったからです。(滝汗)



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ みんなの京阪電車へ
みんなの京阪電車

2012年3月 5日 (月)

「えいでん」訪問記(2012.2.18)(その3)

 (その2)の続きになります。



 二人は、雪の大地の中を歩きながら、叡電の車両の撮影を続けるのでした。



画像




画像




画像



 私がこのような雪景色の中での撮影は初めてで、童心に帰ったような気分になりました。



画像



 大きくそびえ立つ比叡山も記念の意味で撮影しました。



画像



 その比叡山を撮影した場所は、ここからでした(陸橋はわずかに見えるのが、お分かりでしょうか?)



画像



 今度は手持ちのカメラの望遠機能を使い、撮影です。


 写真の駅は宝ヶ池駅です。叡山本線と鞍馬線の分岐点となる駅です。



画像



 私が子供の頃、雪景色の中を走る車両の鉄道模型のレイアウト(ジオラマ)の写真をふと思いだし、「模型で再現してみたい!」と、この写真を見てそう思ったのでした。(笑)



画像




画像




画像



 二人が宝ヶ池駅に来た頃には、雪がちらほらと降ってきました。



画像



 宝ヶ池駅の駅名標です。これは、鞍馬線のものです。



画像



 一方こちらは、叡山本線のものです。


 叡電では、HPの路線図でも2つの路線を色分けして表示しています。


 鞍馬へ向かう鞍馬線は赤。この後向かう比叡山口へアクセスする路線、叡山本線が緑です。



画像



 雪が止み、晴れてきました。


 写真の八瀬比叡山口行きの列車に乗車して、今度は八瀬比叡山口駅まで移動しました。



画像



 車内の様子です。


 叡電では現在はワンマン運転を行っているので、運賃箱が設置してあります。


 ワンマン運転ですので、乗降は路線バスと同じ、「後ろ乗り、前降り」です。



画像



 このデオ700形の化粧板の色は、淡い緑色でした。


 この色は関西の私鉄では、私の知る限りでは、京阪の2200系や2600系、阪神の少し古いジェットカー(5001形ほか)などで見ることができます。(つづく)


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

2012年3月 4日 (日)

嵐電の古豪、モボ301型301の意外な真実

 今回は写真はありませんが、京都府を走る路面電車である「嵐電(京福電気鉄道)」の車両のうち、1971年に登場したモボ301型を採り上げます。



 モボ301型(以下、同車両)は、1971年5月に301、302の2両が阪神系の車両メーカーである「武庫川車両」(当時)が、阪神以外の鉄道会社向けに新製した車両の第1号です。



 そのため、京阪の子会社でありながら、車両の各部分に阪神の車両と同じ造作やデザインが垣間見る事ができます。



 そのきっかけとなったのが、同車両なのです。



 例えば、薄緑色の車内化粧板は、同時期に製造された阪神の各車両と同じもので、おでこの部分の丸みを強めて正面の表情を和らげながらも、車体そのものは、切妻にほぼ近いというデザインの手法も、阪神の8000系以前の車両と相通じるものがあります。



 同車両は新製車ながら、走行系機器の大半は手持ちの予備品を活用して賄われた、吊り掛け式駆動車です。



 また台車は新造の「KL15」で、同じ車体で更新車であるモボ101型とは、車番を見ない限り、見分けることは困難です。



 1988年には、冷房化改造が行われ、モボ501型に続く冷房車となりました。



 その後の動きですが、302は入札され(以前、拙ブログで「嵐電モボ301型302を入札?」という記事を書かせていただきました)、301は、2008年1月16日、京都市交東西線の太秦天神川への延伸とともに、嵐電も嵐電天神川駅を2008年3月に開業させ、それにより利用客増加が見込まれました。



 いったん廃車が決まり、西院(さい)車庫で留置されていた301も2008年3月1日付で現役復帰をしたのでした。



 私はまだ、嵐電に乗車したことが無かったのですが、京阪が便利な乗車券を発売しているという情報を入手し、今年の春(4月頃)に訪問しようと現在、検討中です。



 最後になりましたが、今回の記事の作成にあたり、以下の文献を参考にさせていただきました。



 週刊鉄道データファイル(デアコスティーニ・ジャパン発行)



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村






Nゲージ NT69 京福電鉄 モボ101形 標準塗装 (M車)
MODEMO

ユーザレビュー:

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by Nゲージ NT69 京福電鉄 モボ101形 標準塗装 (M車) の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

2012年3月 3日 (土)

今日の日記【53】今日は疲れた~!!(>_<)

 今日(3日)、私はまずJR新大阪駅で381系「スーパーくろしお」「くろしお」を撮影後、JR大阪駅へ移動し、話題の寝台特急「日本海」をようやく撮影してきました。



 その中から1枚を紹介します。



画像




 今日は詳しい事は分かりませんが、車両の故障があり、定刻の10時27分着が、約1時間遅れて・・・たしか11時24分頃到着したのでした。



 詳細は後日お伝えするとして、「日本海」の撮影後、私はJR大阪駅近くに新しく出来た「ノースゲートビル」の11階にある鉄道グッズを販売しているお店「鉄道プラザ」で、今年のダイヤ改正で引退する100、300系新幹線、「急行きたぐに」、そして「寝台特急日本海」の「引退記念のクリアファイル」を購入しました。



 帰路は大阪市交御堂筋線を利用しましたが、偶然にも新型車両「30000系」に乗車することができました。



 話は変わりますが、今日は女の子の節句「ひな祭り」ですね。



 今夜の夕飯は、今日の撮影でくたくたに疲れたので(めんどくさいので)、「すし太郎」で「ちらしずし」を作って食べます。(苦笑)。



にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
にほんブログ村

2012年3月 2日 (金)

「えいでん」訪問記(2012.2.18)(その2)

 (その1)の続きになります。



 私となかっちょ様が次に向かった場所は、叡電の車庫がある、修学院駅でした。



画像




画像



 1974年に製造された小型無蓋電動貨車、デト1000形の姿も見受けられました。



画像



 そのほか、叡電のいろいろな車両を見ることができました。


 このあと、なかっちょ様のご案内で、沿線撮影をしました。


 ちなみに2012年現在、叡電における稼働車両は全部で22両あることが、あとで分かりました。



画像



 デオ900形「903編成」です。



画像



 デオ730形732号車です。


 このデオ730形を含めたグループは、「700系」と前述の文献で総称していますが、正式には「主電動機の出力の違い」から「デオ710形」(2両)、「デオ720形」(4両)、「デオ730形」(2両)の3形式に細分化されています。



画像



 このあと、(その1)でも紹介した、「けいおん!トレイン」の臨時列車がやってきました。


 この臨時列車はのちほど度々登場しますが、この日は出町柳-修学院間の折り返し運用でした。



画像



 今度はこの後向かうことになった、叡山本線八瀬比叡山口駅から折り返してきた「けいおん!トレイン」です。



画像



 さきほどの臨時列車がこちらへ向かってきて、私は「?」と思いました。


 なかっちょ様のお話によりますと「いったんこの場所まで来て、(修学院の)ホームへ折り返します」とのことでした。



画像



 修学院駅のホームにて、鞍馬行きのデオ800形801編成と並びました。


 そして臨時列車は、出町柳へ向かいました。


 このあと、私の希望で再び修学院車庫へ向かいました。 


 この車両を撮影したかったのです。



画像




画像




画像



 もみじのイラストがデザインされている、デオ720形722号をフェンスの外から撮影しました。


 この「デオ700形グループ」は、乗降扉の隣にいろいろなデザインのイラストが描かれています。


 今回はここまでです。(つづく)


 ※おまけ画像



画像



 修学院駅のそばにある「鷺森(さぎのもり)神社」の碑と案内板です。


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

2012年3月 1日 (木)

ひらかたパーク開園100周年記念装飾車両が決定!!

 京阪が運営している「ひらかたパーク」が今年(2012年)で開園100周年を迎える事は、以前拙ブログでもお伝えしましたが、京阪電車ファン待望の「開園100周年記念」の装飾編成がこの度、決定いたしましたので、お伝えしたいと思います。



 詳細は同社のHP(こちら)より「電車・駅のご案内」より「お知らせ」(2012.3.1付)をご覧いただくとして、以下に装飾編成を記します。



 7000系7004F、7200系7203F



 以上の2編成です。



 なお、この「装飾編成」運行期間は、3月3日(土)~翌年2月24日(日)です。



 今から楽しみになってきました。(笑)



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村



にほんブログ村 トラコミュ みんなの京阪電車へ
みんなの京阪電車

「えいでん」訪問記(2012.2.18)(その1)

 今回は、先日ブログでお知り合いになったなかっちょ様とご一緒させていただいた、100パーセント京阪の「子会社」である「叡山電鉄」(以下、叡電と呼称)の車両などを撮影した記録を紹介してまいります。




 なお、今回の記録を書くにあたり、以下の文献を参考にさせていただきました。



 週刊 歴史でめぐる 鉄道全路線 公営鉄道・私鉄 No.04 (朝日新聞出版発行)



 ちなみに、なかっちょ様のブログはこちらになります(ホームページも開設していらっしゃいます)。



 「ピンぼけブログ館」 http://nakkacho.cocolog-nifty.com/main/



 なかっちょ様とは事前に、京阪出町柳駅の改札前にて、待ち合わせのお約束をさせていただきました。



 2月18日(土)、京阪出町柳駅10時25分着の特急から下車し、階段を上がって改札を出ると、お約束の通り、なかっちょ様は待っていてくれていました。



 私が「ネット上で知り合い、実際にお会いした方」は、なかっちょ様が初めてでした。



 お互いが初対面だったので、軽くご挨拶をしたあと、叡電の出町柳駅へ向かいました。



 私はここで叡電1日乗車券「えぇきっぷ」と叡電のポストカードセットを購入し、5年ぶりの「叡電訪問」がスタートしました。



 この日と翌日(19日)は、人気テレビアニメ「けいおん!!」の劇場版のPR電車「えいでん!×けいおん!トレイン」(以下、「けいおん!トレイン」と呼称)の特別列車の運行日で、私が足を運んだ日(18日)は、デオ720形721号および723号が単行で運用に入っていました。そのうち後者(723号)は、臨時列車としての運用でした。



 最初はこの「けいおん!トレイン」を撮影したい!と思っていたのですが、現在では、同社の観光列車「きらら」としても有名なデオ900形など、叡電で現在活躍している車両の形式写真や、車両が映った風景写真も撮影したくなり、叡電沿線に在住されているなかっちょ様にお願いしたところ、快く私のわがままな要望を引き受けてくれたのでした。



 私にとって「雪の中の撮影」は初めてで、「雪景色の中を走る車両を撮影できる」ことは、今思えば「貴重な体験ができた」と、正直感激している次第です。



 前置きが長くなりましたが、叡電の出町柳ホームへ上がった時には、雪がうっすらと積もっていました。



 まず撮影できたのは、こちらでした。



画像



 雪をかぶったまま、出町柳駅へ進入する「けいおん!トレイン」でした。



画像



 出町柳駅にて(多少、障害物がありますが)、3車種が見事に並びました。


 向かって左からデオ900形「きらら」、デオ800形、そしてデオ720形721号の「けいおん!トレイン」です。



画像



 デオ900形を拡大してみました。


 周囲の雪がかなり積もっていることが、お分かりいただけるかと思います。



画像




画像




画像



 「けいおん!トレイン」の721号の「けいおん!!」のラッピングです。京阪のものと比べて、非常にシンプルでした。(笑)



画像



 続いて「けいおん!トレイン」の臨時列車に抜擢された、723号が入線してきました。



画像




画像



 車体のラッピングはのちほどご紹介します。


 今回はここまでです。(つづく)


 ※おまけ画像


 今回は、デオ900形「きらら」の出町柳駅における発車シーンを動画(YouTube)で紹介します。






にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ