« 嵐電の古豪、モボ301型301の意外な真実 | トップページ | 京阪の「ノンストップ特急」の愛称が決定!! »

2012年3月 5日 (月)

「えいでん」訪問記(2012.2.18)(その3)

 (その2)の続きになります。



 二人は、雪の大地の中を歩きながら、叡電の車両の撮影を続けるのでした。



画像




画像




画像



 私がこのような雪景色の中での撮影は初めてで、童心に帰ったような気分になりました。



画像



 大きくそびえ立つ比叡山も記念の意味で撮影しました。



画像



 その比叡山を撮影した場所は、ここからでした(陸橋はわずかに見えるのが、お分かりでしょうか?)



画像



 今度は手持ちのカメラの望遠機能を使い、撮影です。


 写真の駅は宝ヶ池駅です。叡山本線と鞍馬線の分岐点となる駅です。



画像



 私が子供の頃、雪景色の中を走る車両の鉄道模型のレイアウト(ジオラマ)の写真をふと思いだし、「模型で再現してみたい!」と、この写真を見てそう思ったのでした。(笑)



画像




画像




画像



 二人が宝ヶ池駅に来た頃には、雪がちらほらと降ってきました。



画像



 宝ヶ池駅の駅名標です。これは、鞍馬線のものです。



画像



 一方こちらは、叡山本線のものです。


 叡電では、HPの路線図でも2つの路線を色分けして表示しています。


 鞍馬へ向かう鞍馬線は赤。この後向かう比叡山口へアクセスする路線、叡山本線が緑です。



画像



 雪が止み、晴れてきました。


 写真の八瀬比叡山口行きの列車に乗車して、今度は八瀬比叡山口駅まで移動しました。



画像



 車内の様子です。


 叡電では現在はワンマン運転を行っているので、運賃箱が設置してあります。


 ワンマン運転ですので、乗降は路線バスと同じ、「後ろ乗り、前降り」です。



画像



 このデオ700形の化粧板の色は、淡い緑色でした。


 この色は関西の私鉄では、私の知る限りでは、京阪の2200系や2600系、阪神の少し古いジェットカー(5001形ほか)などで見ることができます。(つづく)


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

|

« 嵐電の古豪、モボ301型301の意外な真実 | トップページ | 京阪の「ノンストップ特急」の愛称が決定!! »

えいでん(叡山電鉄)」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 嵐電の古豪、モボ301型301の意外な真実 | トップページ | 京阪の「ノンストップ特急」の愛称が決定!! »