« 阿佐海岸鉄道がDMVのデモンストレーション走行を実施 | トップページ | 今日の日記【50】今日は阪堺電車を久しぶりに撮影 »

2012年2月12日 (日)

きたぐに 定期運用から引退

 JRの今年3月のダイヤ改正で、583系で運用されてきた、急行「きたぐに」は、定期運用から退き、臨時列車となります。



 583系(1967年製の581系を含む)は特急「みどり」、「月光」として、1967年にデビューしました。



 昼はボックス型の座席車、夜は2段もしくは3段の寝台車となる、当時の国鉄としては、画期的な車両であり、特に583系は、直流・交流(50・60Hz)の電化区間ならすべて走行できる「万能車両」で、「月光形電車」の異名を持ちます。



 また、1968年には「鉄道友の会」ブルーリボン賞を受賞しています(「ウィキペディア」で調べて分かりました)。



 JR西日本では2012年現在、京都総合運転所(近キト。2010年12月1日よる組織改正により現表記となる)に3編成(B04~B06編成)のみ残っています。このほか、JR東日本の秋田車両センター(秋アキ)にも在籍車があります。



 「きたぐに」はダイヤ改正以降、帰省シーズンを中心に湖西線経由で7両編成で運行されます。



 私はまだ、まだ583系「きたぐに」を撮影していませんが、運行時間の関係上、3月のダイヤ改正までに撮影に行く予定です。



にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
にほんブログ村

| |

« 阿佐海岸鉄道がDMVのデモンストレーション走行を実施 | トップページ | 今日の日記【50】今日は阪堺電車を久しぶりに撮影 »

JR」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 阿佐海岸鉄道がDMVのデモンストレーション走行を実施 | トップページ | 今日の日記【50】今日は阪堺電車を久しぶりに撮影 »