« 再び石山坂本線へ(「けいおん!電車」で石山坂本線完乗!!・その3) | トップページ | 再び石山坂本線へ(「けいおん!電車」で石山坂本線完乗!!・その4) »

2012年2月 5日 (日)

神戸市交1000形 デビュー35年

 神戸市交1000形は、1977年3月の開業時に導入され、今年でデビュー35周年を迎えます。



 1978年に「鉄道友の会」「ローレル賞」も受賞し、1989年までに増結、増備を行い6連×18本の計108両が製造されました。



 車体はアルミ製で、電機子チョッパ制御・回生ブレーキを持つ省エネ車両で、日本の地下鉄では初めて全車両に冷房装置が取り付けられました。



 このほか、ATCやATOも採用されています。



 1998年より更新工事が開始され、制御装置を1993年~1994年に製造された3000形と同じVVVFインバータ制御に変更された車両は「1000-01形」と改称され、2005年の更新施工車からは素子がIGBTとなり、「1000-02形」と改称されました。



 余談ですが、車体の緑色と車番の角張った字体は、現在は廃止された神戸市電から受け継いだものです。



画像




 2011.11.12 谷上にて



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村 

|

« 再び石山坂本線へ(「けいおん!電車」で石山坂本線完乗!!・その3) | トップページ | 再び石山坂本線へ(「けいおん!電車」で石山坂本線完乗!!・その4) »

鉄道の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再び石山坂本線へ(「けいおん!電車」で石山坂本線完乗!!・その3) | トップページ | 再び石山坂本線へ(「けいおん!電車」で石山坂本線完乗!!・その4) »