« 京阪60形「びわこ号」復活PR横断幕 寝屋川市役所に | トップページ | 京阪石山坂本線訪問記(2011.12.24)(出発編) »

2012年1月 5日 (木)

和歌山電鐡 たま駅長の部下「ニタマ」配属

 和歌山電鐡(以下、同社)より、明るい話題をお届けします。



 今日(5日)、貴志駅でスーパー駅長を務める三毛猫の「たま」(雌、12歳)の就任5周年を記念した式典が開かれ、同じ三毛猫の「ニタマ」(雌、1歳)が部下として配属されました。



 ニタマはたまが「休業日」の日曜日に駅長代行を務めます。



 ニタマは「2番目のたま」などの意味を込めて名づけられました。昨年春に拾われて、同社を運営する岡山県岡山市にある両備グループの観光センターで飼われていました。人なつこくて観光客の方々から人気を集め、同社の貴志駅の代行に抜てきされました。



 今年2月からの平日には、伊太祁曽駅で駅長を務めることになりました。



 ニタマは大勢の人に囲まれても落ち着いた様子で、この日が駅長就任5周年のたまは、和歌山県から授かった「県勲功爵(けんくんこうしゃく)」の正装で迎え、鳴いて応えた仕草を見せてくれました。



 ニタマに辞令を交付した同社の小嶋光信社長は「これでたまも、多忙の時には『猫の手』が借りられる」とコメントし期待していた表情でした。



 私は昨年の4月、和歌山電鐡に始めて訪問しましたが、また訪問したくなった気持ちです。



 ※参考資料:和歌山電鐡HP(こちら



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村 

|

« 京阪60形「びわこ号」復活PR横断幕 寝屋川市役所に | トップページ | 京阪石山坂本線訪問記(2011.12.24)(出発編) »

和歌山電鐵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京阪60形「びわこ号」復活PR横断幕 寝屋川市役所に | トップページ | 京阪石山坂本線訪問記(2011.12.24)(出発編) »