« 再び石山坂本線へ(出発編・その2) | トップページ | 再び石山坂本線へ(「けいおん!電車」で石山坂本線完乗!!・その1) »

2012年1月30日 (月)

JR西 山陽新幹線新関門トンネル スラブ交換完了

 JR西日本(以下、同社)は山陽新幹線の新関門トンネルの海底区間で、レールを支えるスラブの交換を無事終えました。



 関門海峡の下を通るこの区間はわずか0.8㎞ですが、本州、九州両側の入り口から離れた狭い空間という制約を受け、より着実な作業が必要でした。



 この区間で使用するスラブは、上下線で計472枚使用しますが、トンネル内に染み込んだ海水の影響で、スラブの中の鉄筋がさびて、劣化が進んでいました。



 同社はその状態を見極め、約20年前に交換を開始しました。



 トンネルは断面の半径が狭く、通常のクレーンでは壁などにつかえるため、スラブの敷き直しは当初、人力に頼っていました。



 その後、2004年に入り、門型クレーンを搭載した世界初の専用保守車両を導入しました。



 その結果、深夜のみ1回約5時間の作業で、4枚交換できるようになり、作業の効率が上がったのでした。



にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
にほんブログ村

|

« 再び石山坂本線へ(出発編・その2) | トップページ | 再び石山坂本線へ(「けいおん!電車」で石山坂本線完乗!!・その1) »

JR」カテゴリの記事

鉄道の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 再び石山坂本線へ(出発編・その2) | トップページ | 再び石山坂本線へ(「けいおん!電車」で石山坂本線完乗!!・その1) »