サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

« JR西 来春のダイヤ改正 概要発表 | トップページ | 大阪市交御堂筋線 撮影&乗車日記(2011.11.10)(その2) »

2011年12月19日 (月)

ホームにクスノキの大木 阪急宝塚線 服部駅

 京阪本線萱島駅の大阪方面のホームに屋根を突き抜けてそびえ立つ、推定樹齢700年と言われている、「萱島神社のご神木」であるクスノキは、関西のファンの方々でしたらほとんどの方がご存知かと思われますが(実は私、沿線に住んでいながら、存在は知っていますが、撮影はした事はないです(汗))、阪急宝塚線の服部駅の梅田方面のホームにも、屋根を突き抜けてそびえたつ巨大なクスノキが存在しているという事は知りませんでした。



 その前に、服部駅について、ウィキペディアで調べてみました。



 服部駅は1910年に開業した、箕面有馬電気鉄道(現在の阪急の前身)宝塚線の開通と同時に開業した駅です。



 当時は服部天神前駅と呼ばれていました。



 元々、服部駅の敷地は服部天満宮の境内でした。その境内にあったクスノキを御神木として残す形で、現在の服部駅が設置されました。



 そのクスノキですが樹齢は不明で、駅舎が改修された後にも残され、2007年には神棚しめ縄が飾られました。



 この服部駅のクスノキも、京阪の萱島駅の物と同様に今後も大切にしてほしいと、私は思いました。



にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

« JR西 来春のダイヤ改正 概要発表 | トップページ | 大阪市交御堂筋線 撮影&乗車日記(2011.11.10)(その2) »

阪急電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« JR西 来春のダイヤ改正 概要発表 | トップページ | 大阪市交御堂筋線 撮影&乗車日記(2011.11.10)(その2) »

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年5月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      
無料ブログはココログ