« 「おおさか市営交通フェスティバル」に初参加(その4) | トップページ | 大阪市交御堂筋線 撮影&乗車日記(2011.11.10)(その1) »

2011年12月14日 (水)

「おおさか市営交通フェスティバル」に初参加(その5)

 (その4)の続きになります。



 最後は「市電保存館」の見学です。



 その前に、作業用車両各種を見学しました。



 

画像




 こちらは「高所作業車」です。

 

 さて、「市電保存館」(以下、同館)へ入る前に、30系3062号車(詳しくは(その4)で紹介)の後ろにこのような物が展示されてありました。



画像





画像




 解説パネルには、「大阪市電 創業当時の台車」と記載されており、「ドイツのヘルブランド社が製造した日本に唯一現存するもの」と記載してありました。

 

 車体は明治36(1903)年製の「2階付電車」の5号車のものです。

 

 それでは、同館の展示車両を見て行きましょう。



画像





画像




 この「タンク貨車」のような車両は、大正14(1925)年製の「散水車」(25号車)です。



画像




 同車による、散水の模様です。当時は現在と異なり、未舗装の道路だったため、製造したとのことです。



画像





画像




 この車両は明治44(1911)年に登場した、現存する市電車両では最古となる、501形528号車です。



画像





画像




 この車両は明治45(1912)年に大量に製造された、11形30号車です。



画像





画像




 この車両は、大阪市電最初の鋼鉄製大型低床ボギー車の1601形1644号車です。



画像




 以上の4両は、「大阪市有形登録文化財」に指定されているとの札が掲出されていました。

 

 同館にはあと2両、展示車両がありました。



画像





画像




 この車両は、明治37(1904)年~44(1911)年まで「2階付き電車」の5号車で、当時、「魚釣り電車」、「納涼電車」などのニックネームで親しまれていた車両です。

 

 同車は昭和28(1953)年の市電開業創業50周年記念時に、大正12(1923)年製の720号車を改造して復元されたものです。



画像





画像




 最後に紹介するのは、大阪市電最後の新造車で、昭和31(1956)年に製造された、当時としては画期的だった性能を誇る、3001形3050号車です。

 

 同車は市電が全廃される、昭和44(1969)年3月末日まで活躍していました。

 

 これらの車両を見学した後、私は「スタンプラリー」にも参加し、景品を受け取った後、会場を後にしました。

 

 今回の記事作成にあたり、以下の資料(会場で入手)を参考としました。

 

 それがこちらです。



画像




 大阪市交発行の「市電保存館 見学のしおり」です。

 

 今回、私は初めて同イベントに参加したわけですが、入口に「御堂筋線用30000系(31601F)」という「サプライズゲスト」(?)から始まり、会場では、私達ファンや親子連れのほか、若い女性の参加が多かったのに驚いたのは、私だけでしょうか・・・?

 

 2年後の2013年は、「開業110周年」を迎える大阪市交がどんな様子になっているか、今から楽しみに思った次第です。(完) 

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 「おおさか市営交通フェスティバル」に初参加(その4) | トップページ | 大阪市交御堂筋線 撮影&乗車日記(2011.11.10)(その1) »

イベント」カテゴリの記事

大阪市交通局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 「おおさか市営交通フェスティバル」に初参加(その4) | トップページ | 大阪市交御堂筋線 撮影&乗車日記(2011.11.10)(その1) »