サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

« 「おおさか市営交通フェスティバル」に初参加(その2) | トップページ | 今日の日記【41】御堂筋線用30000系の一番列車に乗車 »

2011年12月 9日 (金)

「おおさか市営交通フェスティバル」に初参加(その3)

 (その2)の続きになります。



 屋外に出て、今度は静態保存車両の見学です。



画像



 今から30年前の1981年に開業した新交通システム「ニュートラム」の開業時に導入された車両、100形(101-06)です。



画像



 大阪に地下鉄が開業(梅田-心斎橋間。現在の御堂筋線の一部)した1933(昭和8)年に導入された、100形105号車が、製造当時の復元され、保存されていました。


 私が100形の実車を見たのは、これが始めてでした。


 車内も見学できるようなので、車内へ入ってみました。



画像



 座席です。当時としては、よく出来ていると思いました。



画像



 こちらは、運転席の向かい側の座席です。この当時、「かぶりつき」をするファンがいたかどうかはさておいて、当時運行を担当された車掌さんは大変、忙しい業務をされたていたのでは・・・?と、思いました。



画像



 これは現在の車両でいう、「案内表示器」の先駆けにあたるものですね。


 故障が多く、後に撤去されたという事を、文献で読んだ事が以前ありました。



画像



 運転台です。ご覧のとおり、運転台側のみに乗務員扉があります。


 1949(昭和24年)に製造された500形という車両から、運転室が全室式(仕切りが付く)となりました。


 これらを見学した後、入場口で見た御堂筋線用30000系の姿が見えました。



画像




画像



 なかもず寄り先頭車、30900形31901です。とてもスリムに見えて、良いデザインだと思いました。



画像



 前面です。シンプルな仕上がりだと思いました。


 この31601Fが明日(10日)、いよいよ運行を開始します。


 私も乗車する予定です。


 明日は早起きしないといけません(笑)。


 今回は奇遇にも「開業時の車両」と、「最新型車両」のコラボとなりました。


 (その4)では、「あの車両」とご対面です。(その4につづく)


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

« 「おおさか市営交通フェスティバル」に初参加(その2) | トップページ | 今日の日記【41】御堂筋線用30000系の一番列車に乗車 »

イベント」カテゴリの記事

大阪市交通局」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。

(ウェブ上には掲載しません)

« 「おおさか市営交通フェスティバル」に初参加(その2) | トップページ | 今日の日記【41】御堂筋線用30000系の一番列車に乗車 »

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ