« 京阪 撮影&乗車日記(2011.11.26) | トップページ | 京阪 撮影&乗車日記(2011.11.27) »

2011年11月27日 (日)

希少性の高い 旧宇高連絡線の貨車「ヒ600」

 JR四国多度津工場に、車両入換に使用される「ヒ600」という車両が存在しています。



 この車両はかつて、旧国鉄宇高連絡船に不可欠な存在でした。



 (宇高)連絡船は貨車を積んで往来する役目を果たしていました。



 その貨車を押し込む際、重量のある機関車が桟橋と船をつなぐ可動橋に乗ると、バランスが崩れ事故につながるので、機関車と貨車の間にヒ600を数量挟み、編成の長さを調節していました。



 こうした働きをすることからヒ600は、「控車」と呼んでいます。



 このヒ600は、JR四国にも詳しい資料が無く、実測で長さ5.9m、幅2.4mとなっています。



 「1982年に別の貨車を改造した」という説もあるようです。



 また、ヒ600の車体には連絡船の発着地や貨車の船積みを示す「宇野駅常備」「航送」という文字がうっすらと残っています。



にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
にほんブログ村

|

« 京阪 撮影&乗車日記(2011.11.26) | トップページ | 京阪 撮影&乗車日記(2011.11.27) »

鉄道の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京阪 撮影&乗車日記(2011.11.26) | トップページ | 京阪 撮影&乗車日記(2011.11.27) »