« 京阪交野線訪問記(2011.10.1)(その1) | トップページ | 京阪交野線訪問記(2011.10.1)(その2) »

2011年10月14日 (金)

シリーズ「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」(7)「GM塗装済キット京阪9000系製作記」(その14)

 (その13)の続きになります。



 久しぶりに、続きを書かせていただきます。



 (その13)でマスキングテープを貼ってから、24時間以上おいた結果はご覧の通りです。



 

画像





画像





画像




 上から見た構図です。これ以上手を加えると、やっかいなことになりそうなので、これで許容しました(汗)。



画像





画像




 側面です。どうにか接着できているのが、お分かりかと思います。

 

 続いて、側面のガラスパーツの接着です。



画像




 (画像は9053)窓ガラス以外の箇所にゴム系接着剤(透明タイプ)を塗布します。



画像




 側面のガラスパーツを接着した状態です。



画像




 これはロケハン写真ですが、最近の京阪の車両のパンタは、一部が黄緑色に塗装されています。

 

 この作業を行うとより実感的になると思い、真似してみました。



画像





画像




 上が塗装前、下が塗装後です。使用したのは、タミヤエナメルカラーのライトグリーン(X-15)です。

 

 今回はここまでです。(その15へつづく)

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 京阪交野線訪問記(2011.10.1)(その1) | トップページ | 京阪交野線訪問記(2011.10.1)(その2) »

「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京阪交野線訪問記(2011.10.1)(その1) | トップページ | 京阪交野線訪問記(2011.10.1)(その2) »