« 京阪交野線訪問記(2011.10.1)(その1) | トップページ | 京阪の話題 2題 »

2011年10月13日 (木)

JR西 ブレーキ操作工夫による「省エネ運転」実施へ

 JR西日本(以下、同社)の佐々木隆之社長は今月12日の定例社長会見で、運転操作に伴う「省エネ運転」を、在来線の全ての電車で実施すると発表しました。



 今後も予想される電力不足に備え、来年の夏までに現在より5パーセントの「節電達成」を目指すとのことです



 同社が昨年(2010年)度、東海道本線(JR京都線)岸辺-千里丘間で行った調査で、車両ごとの電力消費量の差が、運転方法次第で最大1.6倍に上ったという結果が出ました。



 こうしたことから同社はダイヤを維持しながら、「省エネ運転」ができるよう、ブレーキ操作の開始場所や加速区間などを全駅間でマニュアル化し、まず全ての普通列車で実施し、「新快速」や「特急列車」にも順次拡大するとのことです。





 今度の冬も「節電」とは・・・。気が遠くなる思いです。



にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
にほんブログ村

|

« 京阪交野線訪問記(2011.10.1)(その1) | トップページ | 京阪の話題 2題 »

JR」カテゴリの記事

鉄道の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京阪交野線訪問記(2011.10.1)(その1) | トップページ | 京阪の話題 2題 »