« JR新大阪駅にて(2011.9.24)(その1) | トップページ | JR新大阪駅にて(2011.9.24)(その2) »

2011年10月 5日 (水)

今日の日記【36】素晴らしい!!トミックス485系「さよなら雷鳥セット」

 先月、「限定品」としてTomix(トミックス)(以下、同社)より発売された「JR485系「さよなら雷鳥」セット」が本日、私のもとへ届きました。

 その中身は・・・。

 それまでの同社の「限定品」とは、「ケタ外れの内容」でした!!

 同社のブック型車両ケース2個分だったので、重量感もありました。

 まずは、パッケージ前面からご覧に入れましょう。

画像



 パッケージ前面だけで、こんなデザインだったので、中身を開けるのがドキドキするくらいでした。

画像



 パッケージ裏面です。

画像



 パッケージ側面も、こんな洒落たデザインに・・・。

画像



 ブック型車両ケースの側面です。2つで「パノラマ車」のデザインが施されています。

 それでは、中身を見てまいりましょう。

画像



 ご覧のように2つのケースで、実車通りの9両編成が組めるようになっています。

画像



画像



 「ケースA」は、非貫通型の「クハ481-323」ほか計5両が入っていました。

画像



画像



 「ケースB」は、パノラマグリーン車の「クロ481-2001」ほか計4両と、ケース上部には、私は行きませんでしたが、同編成の「ラストラン」の写真が添えられていました。

 さらに「ケースA」には、こんな付録まで付いていました。

画像



 「特急 雷鳥の歴史」という小冊子です。


 ちなみに模型の車両は、京都総合運転所(京キト)の「A01編成」をプロトタイプとしていて、同社の「ハイグレード仕様」を採用しています。

 1964(昭和39)年から47年間、関西と北陸を結んだ特急「雷鳥」の晩年の姿が、こうしたかたちで模型化されるとは・・・。

 まだ、商品には手を加えていませんが、私があの世に行くまで、大切にしたい気持ちです。

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« JR新大阪駅にて(2011.9.24)(その1) | トップページ | JR新大阪駅にて(2011.9.24)(その2) »

日記」カテゴリの記事

鉄道模型」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JR新大阪駅にて(2011.9.24)(その1) | トップページ | JR新大阪駅にて(2011.9.24)(その2) »