« シリーズ「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」(7)「GM塗装済キット京阪9000系製作記」(その4) | トップページ | シリーズ「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」(7)「GM塗装済キット京阪9000系製作記」(その6) »

2011年7月22日 (金)

シリーズ「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」(7)「GM塗装済キット京阪9000系製作記」(その5)

 (その4)の続きになります。



 続いて、「床下パーツ」の加工と塗装を行います。



 

画像




 このキットに入っていた床下パーツです。これが計2つ入っていました。



画像




 使用するパーツ((3)、(4)は2つ、(1)、(2)、(5)、(6)は各1つずつ)の裏面の凹み部分に、t(厚さ) 0.3mmのプラ板をそれぞれの凹み部分にあわせて接着します。

 

 この後、GMカラー(9)ねずみ色1号を吹き付けます。

 

 仕上がりは以下のようになります。



画像





画像




 裏面は(左右逆ですが)こんな感じになります。前述の作業を行うことにより、見た目も良くなります。

 

 このテクニックは「Nテクマニュアル」に記載していたものです。



画像




 車体パーツの貫通扉部分は、GMカラー(21)小田急アイボリーを筆塗りしました。

 

 次に前面窓ガラスパーツのヘッドライト部分を塗装しました。



画像




 組立説明書からの抜粋です。ここには、「GMカラー(8)銀色」と指示されていますが、私はタミヤのエナメルカラー(X11)クロームシルバーを使用しました。



画像





画像




 仕上がりはこんな感じです。これで、ほとんどの塗装工程は完了しました。

 

 今回はここまでです。

 

 次回は、各パーツを組み立てていきます。(その6へつづく)

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« シリーズ「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」(7)「GM塗装済キット京阪9000系製作記」(その4) | トップページ | シリーズ「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」(7)「GM塗装済キット京阪9000系製作記」(その6) »

「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シリーズ「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」(7)「GM塗装済キット京阪9000系製作記」(その4) | トップページ | シリーズ「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」(7)「GM塗装済キット京阪9000系製作記」(その6) »