« 京阪電車撮影日記(2011.7.2)(「七夕Station 2011」HM編) | トップページ | フリーゲージトレイン JR予讃線で試験走行開始 »

2011年7月 8日 (金)

京阪電車撮影日記(2011.7.2)(番外編)

 ここでは、中書島駅で撮影した2600系や、淀屋橋駅までの乗車ルポ、帰路の模様などをお送りします。

 私は「七夕Station 2011」掲出編成の2621Fを撮影したかったため、同編成がやって来るまで中書島駅の3番線で、3編成の2600系(0番台)を撮影しました。

 まずはこちらから、ご覧下さい。

画像



画像



 以前は7連で本線系統の運用に就いていた混色編成、2614F(2614-2914+2626-2826)です。

画像



 同編成(2914+2626)の連結部です。新旧塗装の「混結」であることがお分かりかと思います。

 ちなみに同社のHP内の「車両資料館」の最新の「基本編成表」(2011.7.7現在)によりますと、同編成は「7連」で掲載されていますが、「車両運用の都合により、変更する場合があります」と記載されていました。

画像



 一方こちらは、旧塗装・原型の2615Fです。

画像



 こちらは4両全車が新京阪カラーの、2623Fです。

 この3編成を見送った後、ようやく2621Fが到着したわけです。

 宇治線はまるで、「2600系の博物館」のようでした。

 2621Fを撮影後、阪急梅田駅に向かうため、8000系の特急で、淀屋橋へ向かいました。

 車内は「節電対策」が始まったせいか、蒸し暑かったです。

 京阪でかなり昔から存在する、「弱冷房車」より温度設定が高め(27度~28度)なのでしょうか?

 途中、寝屋川車庫を見下ろすと、車庫の留置線の一番奥に「札か張り紙を貼った、新京阪カラーの2600系5両」が見えました。

 後で分かったのですが、この2600系5両は、早くに塗色変更がなされた2604ほか5両(2604-2704-2804+2724-2824)が「廃車を前提として留置」されていたのです。

 その証拠に、同社のHP内の「車両資料館」の「基本編成表」(2011.7.7現在)からこの5両が「削除」されていたのです。

 「塗色変更しておいて、廃車するのはもったいない!!」と私はそう思いました。

 もうひとつは、淀屋橋駅へ到着すると、1・2番線ホームの「照明が消えていた」のです。

 これも「節電?」とそこで思いましたが、実は違いました。

  淀屋橋駅へ到着後、大阪市交御堂筋線で梅田へ、そして阪急梅田駅で「阪急オリジナルグッズ」を購入後、京阪淀屋橋駅へ戻ると、3000系(3003F)の特急が到着したところでした。

 私は迷わずこの3000系の特急に乗車したのは、言うまでもありません。

 何しろ、淀屋橋駅から3000系に乗ったのは、初めてでしたから。

 ここで、車内の様子をご覧下さい。

画像



 お昼過ぎなのか、車内は比較的空いていました。

 今回は帰路で最寄り駅まで利用するので、京橋駅にて、後続の急行に乗り換えますが、京橋駅までの短区間ですが、久しぶりに3000系に乗車しました。

 京橋駅で1枚、撮影しました。

画像



 ちょっと、光線がカブってしまいましたね(汗)。

 この後、後続の急行に乗車し、帰路へ就くのでした。

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 京阪電車撮影日記(2011.7.2)(「七夕Station 2011」HM編) | トップページ | フリーゲージトレイン JR予讃線で試験走行開始 »

京阪電気鉄道」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京阪電車撮影日記(2011.7.2)(「七夕Station 2011」HM編) | トップページ | フリーゲージトレイン JR予讃線で試験走行開始 »