« シリーズ「過去の撮影記録から」(12)「あの日の京阪交野線」 | トップページ | 京阪 新ダイヤの列車いろいろ(その1) »

2011年6月 4日 (土)

シリーズ「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」(7)「GM塗装済キット京阪9000系」製作記(その1)

 本シリーズは、私が「Nゲージ鉄道模型」を再開したきっかけや、最近の状況をお伝えするシリーズです。

 今回は、グリーンマックスから発売された塗装済キット「京阪9000系(新塗装)トータルセット」(品番:1078T)の製作記を紹介します。

 プロトタイプとしたのは、最後まで「旧塗装」で残った、9003Fです(画像参照)。

画像



 【実車の簡単な紹介】9000系は1997年、7200系をベースに特急以下各列車に使用可能なように、座席配置をセミクロスシートとした3扉車両で、8連5編成計40両が製造されました。

 当時の塗装は緑の濃淡に水色の帯を巻いたものでしたが、2008年より9005Fを皮切りに「新京阪カラー」への塗色変更が始まり、それと同時に座席がロングシート化され、中之島線開業後は、淀屋橋-枚方市間の特急(枚方特急・現廃止)を中心とした運用に就くようになりました。

 また、今回のダイヤ改正(2011.5.28)では、淀屋橋-樟葉・淀間の急行運用などに就く機会が多くなる模様です。

 (その2)以降、簡略ながら同キットの製作工程を紹介していきます。

(その2へつづく)

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« シリーズ「過去の撮影記録から」(12)「あの日の京阪交野線」 | トップページ | 京阪 新ダイヤの列車いろいろ(その1) »

「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シリーズ「過去の撮影記録から」(12)「あの日の京阪交野線」 | トップページ | 京阪 新ダイヤの列車いろいろ(その1) »