« シリーズ 阪急支線めぐり【4】阪急箕面線(その2) | トップページ | 京阪 枚方市駅にて(2011.6.25) »

2011年6月26日 (日)

今も現役「国鉄キハ20形」 水島臨海鉄道

 岡山県倉敷市の中心部と沿岸の工業地帯を結ぶ水島臨海鉄道で、製造から50年以上経った国鉄型気動車キハ20形4両が今も現役で活躍しています。



 4両のうち2両は、クリーム色4号と朱色4号の旧国鉄標準色を纏(まと)っています。



 このキハ20形は4両とも1960年製で、車長20メートル、幅2.9メートル、重量は32トンで、180馬力のエンジンを1基搭載しています。



 国鉄時代、四国地区などで活躍した後、1987年~1989年に譲受されました。



 車内は国鉄時代そのままのボックスシートで、網棚も化学繊維製の網棚のままです。扇風機には、「JNR」のマークが残っています。



 キハ20形はワンマン運転の設備が無いため、主に平日朝夕のラッシュ時に運用に就いています。



 現存する「キハ20形」はここでしか見られないため、今後も活躍を続けてほしいです。



にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村



にほんブログ村 鉄道ブログ JR(・国鉄)へ
にほんブログ村

|

« シリーズ 阪急支線めぐり【4】阪急箕面線(その2) | トップページ | 京阪 枚方市駅にて(2011.6.25) »

鉄道の話題」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シリーズ 阪急支線めぐり【4】阪急箕面線(その2) | トップページ | 京阪 枚方市駅にて(2011.6.25) »