« JR大阪駅にて(2011.5.28) | トップページ | シリーズ「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」(7)「GM塗装済キット京阪9000系」製作記(その1) »

2011年6月 1日 (水)

シリーズ「過去の撮影記録から」(12)「あの日の京阪交野線」

 「あの日の・・・」とはと言いましても、「1300形」や「1700形」などが活躍していた時代ではなく、今から3年前の2008年5月に私が撮影した、まだ「ターコイズグリーン1色」の「10000系」がワンマン運転をしていた頃のものですので、あしからず。



 交野線河内森駅から歩いて数分の場所で、何枚か撮影しました。



 

画像





画像





画像




 同線がワンマン運転を始める前はこの10000系のほか、2600系や1900系の4~5連が活躍していました。

 

 また、現在の通勤快急「おりひめ」や、快速急行「ひこぼし」も、かつては1900系や2600系、2009年改正のダイヤでは、「ひこぼし」1本が10000系のほかは、2600系で運転されていました。



画像




 近畿の駅100選にも選ばれた、私市(きさいち)駅の駅舎です。現在は「きかんしゃトーマス」の装飾が施されていて、賑やかになっています。



画像




 10000系を、同駅1番ホームより撮影しました。



画像




 今度は、違う角度から撮影してみました。



画像




 この「KEIHAN」のロゴも過去のものとなってしまいました・・・。



画像




 ワンマン運転開始後の10000系の側面表示です。



画像




 同車の車内です。こちらは「新京阪カラー」になっても、変化はありません。

 

 現在、交野線では10001Fが「きかんしゃトーマス号2011」のラッピングを施して、特に親子連れの方に大変人気があるようです。

 

 また、交野線各駅も「トーマス」の各キャラクターの装飾が施され、「トーマスフィーヴァー全開!!」とは過言でしょうか・・・?

 

 交野線といえば、かつては一部の区間が「単線」で、木造車「800形」や「旧型車」が最後の活躍をする路線というイメージが強かったのですが、現在は、京阪本線、中之島線直通列車「おりひめ」や「ひこぼし」の運転、さらには「七夕伝説」にまつわるイベントの開催など、気が付けば「話題に事欠かない路線」となりました。

 

 中之島線の収益低迷を「きかんしゃトーマス号」や「七夕伝説」で「穴埋め」できたら・・・と私は今の交野線を見てそう思います。

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« JR大阪駅にて(2011.5.28) | トップページ | シリーズ「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」(7)「GM塗装済キット京阪9000系」製作記(その1) »

京阪電気鉄道」カテゴリの記事

過去の撮影記録から」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« JR大阪駅にて(2011.5.28) | トップページ | シリーズ「Nゲージ鉄道模型 ゼン&ナウ」(7)「GM塗装済キット京阪9000系」製作記(その1) »