« 京阪「3000系快速急行」 乗り収め  | トップページ | 和歌山電鐡訪問記(その4) »

2011年5月26日 (木)

和歌山電鐡訪問記(その3)

 (その2)の続きになります。



 同社の貴志駅は以下の場所にあります。




 貴志駅へ到着後、私はリニューアルした駅舎を撮影しました。



画像



 「たま駅長」にちなんで、猫の耳のような藁葺き屋根と上部に「TAMA」と掲示されています。


 同駅舎は、以前は「木造平屋建て」の駅舎でしたが、昨年(2010年)8月に現在のものにリニューアルされました。



画像



 リニューアルと同時に「たまミュージアム」や「たまカフェ」がオープンしました。



画像




画像



 駅舎の向かって左側に位置するのが、たま駅長の飼い主様が経営している「小山(こやま)商店)」です。



画像



 この後、待合室としても利用できる「たまカフェ」に入ってみました。


 私は、ここで冷たいスイーツを注文して食べましたが、写真を撮るのを忘れてしまいました(>_<)。


 ここにも、「たま駅長」にまつわるパネルなどが展示されていました。そのうち、ほんの一部を紹介します。



画像




画像




画像



 「たま駅長」による同社の「増収効果」が良く分かりました。


 私はお土産に何かないかと探してみたら、手頃なお値段の商品を見つけました。



画像



 「たまあられ」(税込み350円)を購入しました。



画像



 この後、まもなくおもちゃ電車が到着するので、駅構内を散策しました。



画像



 こんなタイルを発見しました。



画像



 同社貴志川線の路線図と貴志駅の発車時刻表です。


 「たまファン」には「「たま」らない」(笑)演出ですね。



画像



 構内で頂戴した「貴志川線のイベントのお知らせ」のチラシの裏面に記念の駅スタンプを押しました。


 この後、おもちゃ電車が到着したのが見えました。次々に観光客の方々が降りて来られるのを見て「たま駅長はまさに「招きネコ」だ!!」と思ったのは、私だけでしょうか?


 それにしても、一時期は「路線廃止」案があったものを、ここまで立ち上げた和歌山電鐡の社長様は「すごい方だ」と思います。


 さて、ここでいよいよ同社の「執行役員」(!)にもなった、「たま駅長」に会いに行ってみましょう。


 同社のHPで事前に確認したところ、「たま駅長は12歳と高齢で、日中寝ていることが多いため・・・」と表示されていたため、「やっぱり寝ているのかな?」と思いながら、たま駅長のいる「駅長室(ガラスケース)」には、「順番待ちの行列」ができているほどでした。


 ようやく順番が回って来ました。さてさてどうでしょうか・・・?



画像



 残念!!


 たま駅長は眠っていました。


 「たまちゃーん」と呼ぶ女性の方もいらっしゃいましたが・・・。


 「たま駅長」を自分の目で拝見できただけでも「良し!」としましょう!!


 その代わりと言っては何ですが、こちらをご覧下さい。



画像


 

 ご存知の方も多いと思いますが、「たま駅長」はメスの三毛猫です。


 「たま駅長」を拝見した後、私は再び駅舎の外へ出てみました。



画像



 同社を応援する「のぼり」と、階段を発見しました。


 「この階段を登ると、電車が撮影できるのでは・・・」と思い、私はその階段を登りました。


 今回はここまでです。


 (その4)では、おもちゃ電車といちご電車など、貴志駅における撮影記録を紹介します。(その4へつづく)


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村

|

« 京阪「3000系快速急行」 乗り収め  | トップページ | 和歌山電鐡訪問記(その4) »

和歌山電鐵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 京阪「3000系快速急行」 乗り収め  | トップページ | 和歌山電鐡訪問記(その4) »