« 今年も参加!!「阪急 春のレールフェスティバル」(その2) | トップページ | 今年も参加!!「阪急 春のレールフェスティバル」(その4) »

2011年5月11日 (水)

今年も参加!!「阪急 春のレールフェスティバル」(その3)

 (その2)の続きになります。



 「P-6」の体験乗車の後、今年も実施された「クイズラリー」を楽しみながら、会場を廻っていると、こんな看板を見つけました。



 

画像




 「602号車 車両展示」・・・?もしかして・・・。

 

 やはりそうでした!!



画像




 「わが国最初の全鋼製車両 阪神急行電鉄600系」!!

 

 うわさに聞いていた「あの車両」とご対面できました!!

 

 車両の解説は上記の説明板に譲るといたしまして、私は600系車両を撮影するのでした。



画像





画像




 梅田寄りのアングルです。



画像




 同車の「製造銘板」です。「大正15年 川崎造船所 兵庫工場製」と読むのでしょうか?



画像




 同車の台車です。



画像




 社章と車番です。車体に多数のリベットが打ち込まれているのが、お解かりだと思います。



画像




 反対側です。行先表示が「西宮北口」となっており、当時は「ポール集電」だったことが分かります。



画像




 こちら側も同様の銘板が取り付けられていました。

 

 この「600系車両」には私のほか、年配のファンらしき方々が数名、撮影されていました。

 

 今回はここまでです。

 

 (その4)では、工場内に「潜入」します。(その4へつづく)

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« 今年も参加!!「阪急 春のレールフェスティバル」(その2) | トップページ | 今年も参加!!「阪急 春のレールフェスティバル」(その4) »

イベント」カテゴリの記事

阪急電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 今年も参加!!「阪急 春のレールフェスティバル」(その2) | トップページ | 今年も参加!!「阪急 春のレールフェスティバル」(その4) »