« シリーズ 阪急支線めぐり【2】阪急今津(北)線(その3) | トップページ | シリーズ 阪急支線めぐり【2】阪急今津(北)線(その5) »

2011年5月18日 (水)

シリーズ 阪急支線めぐり【2】阪急今津(北)線(その4)

 (その3)の続きになります。



 帰路も3058編成に乗りたかったので、同編成が同駅に折り返して来るまで私は、この日今津北線で運用されていた車両を撮ることにしました。



 まずは、この編成が到着しました。



 

画像





画像




 3100系(3152×6R)です。先ほどの3058編成とは異なり、方向幕に改造済です。

 

 次に到着したのはこの編成です。



画像




 以前乗車した、6000系の唯一の6連を組む6025×6Rです。



画像





画像




 ご覧の通り、他の多くの6000系と異なり、乗務員扉の後の小窓が未取付けのままです。



画像




 側面表示はこのようになっています。

 

 続いて到着したのはこの編成でした。



画像





画像




 同作品のPRHM掲出編成です。さて、編成はと言いますと・・・。



画像




 3100系(3154×6R)でした。

 

 (その5)では、宝塚駅から再び3058編成に乗車し、西宮北口駅で同編成を撮影した記録をお送りします。(その5へつづく)

鉄道コム

web拍手 by FC2

|

« シリーズ 阪急支線めぐり【2】阪急今津(北)線(その3) | トップページ | シリーズ 阪急支線めぐり【2】阪急今津(北)線(その5) »

阪急電鉄」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« シリーズ 阪急支線めぐり【2】阪急今津(北)線(その3) | トップページ | シリーズ 阪急支線めぐり【2】阪急今津(北)線(その5) »