« 和歌山電鐡訪問記(その1) | トップページ | 京阪「3000系快速急行」 乗り収め  »

2011年5月24日 (火)

和歌山電鐡訪問記(その2)

 (その1)の続きになります。



 発車時刻になり、たま電車は、和歌山駅を後にしました。



 同社の路線(貴志川線)はワンマン運転のため、自動の「車内放送」が流れ始めました。



 車内放送はなんと、あの(現在の)ドラえもんの声でした!!それで、同乗していた子供たちは大喜びでした。私も「凝った演出」と思いました。



 そんな車内放送と共に、たま電車は「たま駅長」のいる貴志駅へ向かうのでした。



 そんな中、私はこういう物を撮影しました。



画像




画像



 車番や車両銘板の下部に、たま電車の製作に携わった方々のお名前が掲示されていました。



画像



 同社貴志川線の路線図と、運賃表です。


 さらに、こんな物も見つけました。



画像



 さて、たまは何匹、描かれているのでしょう?


 時刻が多少前後しますが、運転台なども撮影しました。さすがにこちらは、ごく普通の「運転台」でした。



画像




画像



 また、運転台直後のガラスにはこんな張り紙がしてありました。



画像



 現在、徐々に復興は進んでいるようですが、当時はまだまだでした。あの「悲劇」の日は日本だけでなく、世界各国でも忘れてはならないものとなってしまいました・・・。



画像



 最初の交換駅、日前宮(にちぜんぐう)駅に到着すると、おもちゃ電車(2276F)を見る事ができました。


 この後私は、後の車両(2275)へ移動しました。



画像




画像



 こちらにも、先ほど紹介したものと同じものが掲示されていました。


 「たま電車のスタッフ」の皆様、本当にお疲れ様でした。



画像



 ちなみにこの2270系は、南海時代の1970(昭和45)年に東急車輛で製造された、高野線用の通勤ズームカー22000系で、ご覧の通り1995(平成7)年に当時貴志川線で運転されていた1201形という車両を置き換えるため、「ワンマン運転改造」などが施され、形式も「2270系」に改められ、和歌山電鐡に譲渡後も当時は「南海色」のままでしたが、後に2006年に2271Fがいちご電車、2007年に2276Fがおもちゃ電車、そして2009年に2275Fがたま電車とそれぞれ「改装」され、現在に至っているのです。


 さてこの後、列車は同社の本社と車庫のある、伊太祁曽(いだきそ)駅に到着しました。



画像



 この伊太祁曽駅も交換駅で、しばらくすると・・・。



画像




画像



 今度はいちご電車(2271F)と交換です。


 同駅に数分停車後、たま電車は終点の貴志駅へ向け、発車しました。



画像



 前述の通り同線はワンマン運転のため、料金箱や画像のような運賃表示機が見受けられました。


 和歌山駅から揺られることおよそ30分、まもなく終点の貴志駅に到着です。


 貴志駅へ到着後、私はさっそく和歌山駅では撮れなかった、反対側の車体をいくつか撮影しました。



画像




画像




画像




画像



 大きな「たま駅長」のイラストが印象的でした。


 発車前に両前面を撮影しました。



画像




画像



 扉が閉まり、「たま電車」は和歌山駅へ向かって、発車しました。


 今回はここまでです。


 (その3)では、昨年(2010年)8月にリニューアルした貴志駅を紹介すると共に、いよいよ「たま駅長」とご対面です。(その3)へつづく)


にほんブログ村 鉄道ブログ 関西の鉄道へ
にほんブログ村





トミーテック 鉄道コレクション 和歌山電鐵2270系いちご電車2両セット
Toy&ZAKKA mimiy / ミミー
和歌山電鐵は、もと南海電気鉄道の貴志川線を引き継ぎ、2005年より運行を開始しました。車両は従来通り

楽天市場 by トミーテック 鉄道コレクション 和歌山電鐵2270系いちご電車2両セット の詳しい情報を見る / ウェブリブログ商品ポータル

|

« 和歌山電鐡訪問記(その1) | トップページ | 京阪「3000系快速急行」 乗り収め  »

和歌山電鐵」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 和歌山電鐡訪問記(その1) | トップページ | 京阪「3000系快速急行」 乗り収め  »