2020年11月17日 (火)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」グリーンマックスの「着色済み商店セットC」を組み立てる(2)

(1)の続きです。

Img_5806


商店の顔となる看板パーツ(ここではテント)に付属のステッカーを貼り付けます。

Img_5856


アクセサリーとして付いている、電話ボックスと自動販売機を組み立てます。今回は省略しましたが、電話ボックスの屋根部分や自販機本体を塗装すると、リアリティが増します。

Img_5861


エアコン室外機とのぼりの作り方です(組立説明書より抜粋)。

Img_5857


手持ちの真鍮線を用いて作ってみました。

Img_5859


建物本体への取り付けは金属線なので瞬間接着剤を使いますが、少量でもったいないので、建物の壁面に貼り付ける方法をとりました。建物に貼り付ける側に両面テープを貼り付けます。

Img_5860


こんな感じで建物に貼り付けました。

Img_5862


続いて、エアコン室外機を作ります。今回は説明書の通り、使わなかった店舗入り口のパーツを使いました。まずは室外機ステッカーをパーツに貼り付けます。説明書では「6×4.5mmに切り出したものに・・・」とあります。サイズを測ってみたところ、画像のパーツの部分がピタリと当てはまりました。

Img_5863


このあと、切り出して周囲をやすりできれいにします。今回は思いのほかうまくいかず、荒っぽくなってしまいました・・・(>_<)。

Img_5869


ほかの二棟も同様に組み立てます。
これで完成です。

Img_5870


最初に作ったのは喫茶店、ほかの二棟はラーメン店、駄菓子屋としてみました。

Img_5871


店舗裏側は勝手口と玄関口が選択できます。付属のステッカーでほかの商店も作れるので、機会があればまた購入して組み立てたいと考えています。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

2020年11月10日 (火)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」グリーンマックスの「着色済み商店セットC」を組み立てる(1)

今回はグリーンマックス(GM)から先日発売された、着色済みストラクチャーキット「商店セットC」組立ての備忘録です。


Img_5331

 

Img_5332


セット内容です。建物本体、ファサードと看板パーツなど(上)、屋根と店舗部分、付属シールなど(下)。
※ファサード(フランス語)とは、建築物の正面デザインのことを指します。

Img_5797

 

Img_5798


組立てに入ります。(分かりにくいですが)上の画像のように窓ガラスを表現します。下の画像のように付属の透明プラ板を壁パーツの裏側に貼り付けます。この作業は、以前紹介した住宅セットと同じなので、割愛します。詳しい作業についてはこちら をご覧ください。

Img_5799


住宅セットでは車両キットと同様に、L字型を二つ作る→組み合わせてロの字型にするという組み方でしたが、この商店セットではファサードを後から取り付けるので、このようにコの字型に組みます。

Img_5803


屋根と窓手すりなどの小物パーツを取り付けます。小物パーツの取り付けは、建物本体を寝かせた状態で行うと作業がしやすいです。

Img_5804


ファサードに店舗部分パーツ(入口)を接着します。なお、ガラス部分などをていねいに塗り分けることでより実感的な仕上がりとなります。

Img_5805


ファサードを建物本体に接着します。
なお、一連の接着ではゴム系接着剤を使用したほうがよいでしょう。
今回は、ここまでです。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

2020年11月 4日 (水)

昭和63年の京阪電車時刻表

先日、部屋の片づけをしてをしていたら、こんなものが出てきました。

Img101


今から32年前の1988(昭和63)年(昭和63年5月発行)の京阪電車の発車時刻表です。
表紙の車両は当時最新鋭の6000系。下には当時運行されていた列車の停車駅が。
当時はまだ三条までで(出町柳延伸は翌年の1989年)、当時の特急停車駅は現在では快速特急「洛楽」が該当する、京橋-七条間ノンストップでした。急行は五条(現・清水五条)を通過(現在は停車)したほかは変わらず、準急と区間急行については現在も変わっていません。現在と異なるのは下部に表記の「枚方公園の急行、守口市の急行・準急は昼間時のみ停車」となっている点です(現行ダイヤでは下りラッシュ時のみ運転の通勤快急、通勤準急、上りの深夜急行が通過する)。ちなみにわたしは、この当時の列車到着放送で当時の急行停車駅を覚えてしまいました(^^ゞ。

Img103


それでは上り・京都(樟葉・三条)方面から見ていきましょう。
列車別の枠はなく、急行・普通を一括りでまとめています。まあ、準急と区間急行は実質停車駅は普通と同じ各駅停車ですからね。赤太字(8時台後半~19時台)の急行は枚方公園に停車となっています。
また、日中の列車を見ると、樟葉行きが準急、次の普通とその次の急行が三条行きとなります。私は当時、この日中の列車到着の順番も上り、下りをそれぞれ覚えてしまいました。ちなみに順番は上りが「特急通過→準急→普通→急行」、下りが「準急→特急通過→急行→普通」となっていました。

Img102


こちらは下り・大阪(淀屋橋・天満橋)方面です。
当時はまだ「週休二日制」が浸透しておらず、「土曜日ダイヤ」が存在しました。また、日中の列車は上り・下りとも15分間隔で運転されていました。朝のラッシュ時と夜間は区間急行も運転されていました。それから、画像では見にくいですが(汗)日中の準急と急行(太字)は守口市駅停車となっています。あと、守口市行きの列車もありました。
当時の寝屋川市駅は地上ホーム2面2線で、下りホームには子供の頃よく立ち寄った立ち食いそば屋、ホーム両側には踏切があり、その踏切は当時「開かずの踏切」と呼ばれていたとか。下の広告主の地図では現在は駅構内(いわゆる「エキナカ」)にあるファストフード店が踏切の目の前にありました。わたしがまだ子供の頃、母に連れられてよく食べに行きましたが、ハンバーガーやポテトなどをつまみながら踏切を通る電車を眺められるという、とても楽しかった思い出(笑)があります。現在ここにはドラッグストアがあります。

 

Img104


こんな広告もありました。こんなお店があるとは今更ながら全く知りませんでした・・・。「レンタルビデオ」、「ファミコンソフト」(販売?)という商品も懐かしいです。場所は時刻表の下部の広告にあるように「大和銀行」(現・りそな銀行)を右に曲がり、「カニっ子」という飲食店(?)の隣にあったようです。また、電話番号も市外局番が0720(現在は072)、続く番号が2ケタ(現在は3ケタ)となっています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

2020年10月28日 (水)

叡電方面へお出かけ(後編)

前編の続きです。

Img_5759


デオ730形732号車「ひえい」に続いてリニューアルされたデオ720形722号車がやってきました。同車は2019年3月にインテリア更新、バリアフリー対応工事が施工されました。外観は「沿線の神社仏閣をイメージした朱色」としています。

Img_5760


期間限定カラーのメープルグリーンの「青もみじきらら」が到着しました。これに乘りました。


Img_5762


出町柳駅に着きました。この辺りには案内表示が所狭しと並んでいます。


Img_5762_1


「発車案内」のディスプレイを拡大してみます。行先のとなりの「両数」の下には編成両数のほか、「きらら」、「ひえい」など愛称付きの車両が一目でわかるようになっています。


Img_5763


「青もみじきらら」のデオ900形(901-902)。「新緑の青もみじ」をイメージしたカラーです。2020年12月上旬までの運行予定となっています。


Img_5764



Img_5765


1番線に「ひえい」が到着しました。鉄道好きならずとも大変な人気です。


Img_5767


1番線の車止めはこのようになっています。その向こうには「漫画&アニメ コラボ企画」のキャラクターパネルが見えます。


Img_5774


続いて、この日購入した「鉄道コレクション」(鉄コレ)。700系(登場時カラー)です。


Img_5775


Img_5776


このモデルは「叡電オリジナル仕様」で、トミーテックから発売されているモデルとは「台車」、「車番」、「行先」、「ロゴマーク有無」、「ワンマン表示」が異なっています。ちなみにトミーテック発売のモデルは持っていません。


Img_5777


同時発売の「ノスタルジック731」、その前に発売された「ひえい」を並べてみました。


Img_5780



最後に紹介するのは、こちら。18日から発売されている「723号車リニューアル記念乗車券」です。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

2020年10月24日 (土)

叡電方面へお出かけ(前編)

去る18日は700系723号車リニューアル車両の運行開始の日で、リニューアル記念の記念乗車券が発売されました。わたしも記念乗車券を購入するため出かけてきました。最初は記念乗車券を購入したあと帰宅する予定でしたが、ちょうどホームに同車が発車待ちをしていたので予定変更で同車を見に行くことにしました。

Img_5732

 

Img_5733


これがリニューアルされた723号車です。外装デザインは水が豊かで山紫水明の地である洛北の自然を表現した青を基調としています。なお、デビュー記念のヘッドマークは期間限定で掲出されるとのことです。

Img_5738


723号車を見送ったあと、鞍馬方面の電車に乗って移動することに。
7月の大雨による土砂崩れの影響で市原-鞍馬間が運転見合わせとなり、鞍馬方面の列車は市原までの運転となっています。
どこに行こうか考えた結果、車庫のある修学院駅で下車することにしました。

Img_5741


駅から歩いて数分、修学院車庫に到着です。

Img_5748


「もみじ」をイメージしたデザインの700系(デオ710形)712号車と2015年9月に叡山本線開業90周年を記念して開業当時の車両(デナ1形)をイメージした「ノスタルジック731」の愛称を持つデオ730形731号車です。「ノスタルジック731」は乗ってみたいと思っているのですが、なかなか乗れる機会に恵まれません・・・。

Img_5745


電車庫には「きらら」の愛称を持つ900系デオ900形などの姿が見えます。作業員さんはパンタの点検でもしているのでしょうか?

Img_5750


その奥には800系(デオ800形)や無がい電動貨車のデト1000形の姿も見えます。

Img_5752


その向こうには、漫画やアニメとのコラボ企画の電車が見えます。

Img_5752_1


それを拡大してみます。これは漫画「ゆるゆり」のラッピング電車(デオ720形721号車)。ヘッドマークや側面ラッピングのほか、ドアステッカーにもそれらしきものが見えます。7月4日(土)より運行開始しました。

Img_5746


こちらはアニメ「ご注文はうさぎですか?」(ごちうさ)のラッピング電車(デオ710形711号)。こちらも上掲の「ゆるゆり」同様のラッピングがしてあります。10月10日(土)に運行開始しました。車体の一部が汚れているのは、気のせいでしょうか?

Img_5744


「梅鉢製」のこんな転てつ機を見つけました!!

Img_5753


修学院駅へ戻ります。
道中でこんなものを発見!!これは「テッポウユリ」でしょうか???

Img_5754

 

Img_5755


ちょうど723号車がやってきました。乗車はまたの機会にします。

Img_5757


800系(デオ800形)の市原ゆき電車がやってきました。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

2020年10月16日 (金)

水間鉄道で活躍する、もと東急7000系(初代)の思い出

今回は思い出話です。

Img030


わたしがよく購入している「鉄道ピクトリアル」(電気車研究会刊)。
2020年6月号の特集は「東急7000系(初代)の記録」と題して、現在は東京急行電鉄(現、東急電鉄)から引退した初代7000系(以下、7000系)やその更新車、7700系についての記事が掲載されており、読みごたえのある内容です。
東急7000系は1962(昭和37)年1月にアメリカのバッド社と技術提携して製造された日本初のオールステンレスカーです。生い立ちなどその他の内容については、この特集や数多くの本、また、ネット上でも紹介されているので、ここでは割愛させていただきます。

File0011


さて、今から13年前の2007(平成17)年、当時ネットで情報を知ったのか水間鉄道(今は「すいてつ」の愛称で呼ばれている)の旧東急7000系に乗りたくて、出かけてきました。その日、この記念乗車券を購入したようです。

File0012


南海線の貝塚駅で下車して水間鉄道の起点、貝塚駅から終点、水間駅(現、水間観音駅)へ向かいました。水間まではこの電車(東急デハ7128→水間デハ7050形7051→デハ1000形1005)に乗ったようです。見ての通り、この車両は中間車からの先頭車への改造車です。

File0016


車内の様子。ワンマン運転のため、料金箱があります。また、吊り手には東急当時の広告が残っています。

File0017


乗務員室後部には、1000形への更新を示す銘板(佐伯工業 平成19年)や非常時に使用するレバーも見えます。

File0018


寺院風の水間駅駅舎。わたしが訪問した2年後の2009年に現駅名の水間観音に改称されました。

File0013


駅周辺を軽く散策後、再び水間駅に戻ってきたようです。ATSの整備により1000形に更新後は、前面に排障器取り付けなどが施工されました。

File0014

 

File0015


この日水間鉄道を訪れたもう一つの目的が、これらの車両を見ておくことだったようです。
更新から外れ、水間駅に留置されているデハ7003とデハ7103(上)、静態保存車501形553号車(もと南海1201形)(下)。
553号車は現在、赤とクリームのツートンカラーとなっています。
かすかな記憶では、この日は貝塚-水間間の乗車しか使用しておらず、元は取っていなかったようです・・・。
現在は鉄道むすめ「水間みつま」も登場しており、機会ができたら訪れたいと考えています。

Img031


最後に紹介するのはこちら。
わたしが小学生の頃に購入したカラーブックス「日本の私鉄8 東急」(保育社刊)。なんとこんな本も持っていたのです!!この本の発行日は1981(昭和56)年9月5日となっており、当時の最新鋭は表紙の8090系。当時は7000系や8000系(日本初のワンハンドルマスコン採用)はもちろん、「青ガエル」の愛称を持つ5000系や旧型の3450形もまだまだ東急で現役でした。現在はご存知の通り、すっかり様変わりしています。
地方私鉄に譲渡されたもと7000系も一部は現役を退いていますが、2019年より養老鉄道でもと7700系が新たに運転を開始しました。
最後に「日本初のオールステンレスカー」である、もと東急7000系(7700系)の末永い活躍を心から願っています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

2020年10月 8日 (木)

久々のイベント参加

去る3日、わたしは京阪のイベントに行ってきました。
それは、中之島駅でグッズ販売と京阪特急70周年にちなんだヘッドマークを展示するという内容でした。
グッズ販売ではやはり行列ができていましたが、こういった状況下なので、さほどストレスは感じませんでした。

Img_5699

 

Img_5700

 

Img_5701


お目当てのグッズを購入後、ヘッドマーク展示を見てきました。
今回の展示では、見たことのないヘッドマークもありました。こうしてみると、いろいろあったのですね。

Img_5688


今回のテーマは京阪特急70周年。それにちなんで、歴代の京阪特急車両に掲出されたヘッドマークが展示されていました。
これらは8000系に近年掲出されたもの。(左から「8000系25周年、「プレミアムカー1周年」、「プレミアムカーデビュー記念」)

Img_5691


琵琶湖を就航する観光船「ミシガン」をPRするヘッドマーク。右のミシガンショーボートはおしゃれなデザイン♪。

Img_5693


ミシガンと同じく琵琶湖を就航する大型客船「ビアンカ」をPRするヘッドマーク。これはいつ頃掲出されたものなのか・・・?また、結構年季が入っています。

Img_5685

 

Img_5695


「京阪特急70周年」と「京阪グループ110周年」記念のヘッドマーク。これらは今年8000系に掲出されたもの。

Img_5683


1900系まで使用された、京阪特急のシンボルの鳩マークをデザインした差し込み式のヘッドマーク。特急色用(右)と一般色用(左。臨時列車などで使用された)の2種類がありました。

Img_5696


これは言うまでもなく、初代3000系(旧3000系)が掲出していた電照式ヘッドマーク。

Img_5713


今回購入したグッズ。
京阪電車110周年記念のクリアファイルと京阪特急の鳩マークをデザインしたラバーキーホルダー。

Img_5714


こんなものも売っていました。優先座席用のステッカー。現行のものは「マタニティマーク」や「ヘルプマーク」が表示されているので、これはそれ以前に使われていたものですね。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

2020年10月 4日 (日)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」 はじめての室内灯取り付け(KATO編)

今回は、室内灯(KATO製)取り付けの備忘録を紹介します。

Img_5647


今回購入したのは、「LED室内灯クリア(電球色)6両分入り」。セット内容はこのようになっています(照明板、集電シュー、室内灯ユニット、カラーフィルター)。

Img_5648


手持ちのKATOの「SLやまぐち号セット」の客車に取り付けました。まずは手始めにオロテ35 4001(1号車)から。あらかじめ、車体は分解しておきます。古い製品は分解のしかたが異なるので、製品の説明書に従います。なお、今回はカラーフィルターは使用しません。

Img_5649


それでは、取り付けに入ります。
まず、集電シューを差し込みます。最近の製品は動力車も同様の取り付け方ですが、一部の動力車は集電シューを加工して組み込みます。詳しくは説明書などを参考にしてください。

Img_5650


続いて、室内灯ユニットを集電シューに接触するように取り付けます。

Img_5651


最後に照明板を床板にセットします(画像は仮に取り付けています)。照明板は印刷面が上になるように注意します。

Img_5653


オロテ35(1号車)とスハテ35(5号車)は前の画像のように照明板がはみ出でしまうので、画像のように一部をカットします。カットは溝の部分を折るだけでOKです。なお、ほかの3両はそのまま取り付けできます。

Img_5654


車体を組み立てる前に、室内灯が点灯することを確認するとよいでしょう。。

Img_5656

 

Img_5657


最後に元通りに組み立てて完了です。この客車の場合、こんな感じで点灯します。
KATOのLED室内灯はトミックス製と異なり、基本的には工具は不要で簡単に取り付けできます。

今回の作業にあたっては、KATOのカタログ、以下のサイトを参考にさせていただきました。

室内灯の取り付け方【KATO】 /鉄道模型通販・Nゲージ ミッドナイン

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

2020年9月27日 (日)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」2020年9月20日の運転会より

今回は2020年9月20日の運転会の様子をお送りします。およそ2か月ぶりの運転会です。

Img_5528


今回は、複線エンドレスに留置線(車両基地)をつくってみました。

Img_5531


留置線の末端には、信号所と詰所を置いてみました。

Img_5566


それでは、出発進行!!
まずは先日購入した117系「新快速」とわたしが高校生の時に購入した165系「ムーンライト」(のちに「ムーンライトえちご」に改称)(ともにKATO)を走らせました。

Img_5553


ライトのちらつきがありましたが、ちゃんと走りました。

Img_5563


165系「ムーンライト」と117系「新快速」が力走!!このような地域と年代を超えた車両同士を運転できるのも、模型ならでは。

Img_5568


続いては、近鉄の50000系「しまかぜ」(トミックス)を走らせました。留置線にはこのあと走らせる221系(KATO)と伊豆箱根鉄道の7000系「ラブライブサンシャイン」ラッピング電車(トミーテックの鉄道コレクション、実車は運転終了)を留置させました。一方、レールはポイントを一つ追加して、もう一線留置線を作りました。

Img_5581


「しまかぜ」が駅を通過します。

Img_5584


このあと、近鉄2610系(グリーンマックスのエコノミーキットを組み立てたもの)も走らせました。

Img_5585

 

Img_5586


近鉄2610系には先日、動力をGMのコアレスモーターに交換させました。静かで安定した走行でした。

Img_5587


駅周辺には、都市中心部をイメージしたビルや車を多数配置してみました。

Img_5595


伊豆箱根7000系には、鉄コレ車両用動力ユニットを組み込みました。思いのほかモーター音が大きいのが気になりました。

Img_5600


続いて、221系「大和路快速」(KATO)を走らせました。
バックにはトミックスのコンビニエンスストア(デイリーヤマザキ)とトミーテックのトラックコレクションの「ヤマザキパン」の大型トラックを並べてみました。

Img_5601


221系が留置線を横切ります。

Img_5604


近鉄「しまかぜ」と221系が駅ですれ違います。

Img_5609


個人的にはお気に入りの221系。安定した走りです。

Img_5606


今回も楽しかったです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

2020年9月22日 (火)

京阪&近鉄110周年記念で・・・

今年は、京阪グループ開業110周年、近鉄(近畿日本鉄道)が創業110周年を迎えました。
近鉄では創業110周年を記念して記念乗車券がこの度発売されました。19日それを購入すべく、出かけてきました。

Img_5520


購入後、京阪特急誕生70周年記念のHMを見るため、枚方市駅へ立ち寄りました。
この時は交野線を走る「きかんしゃトーマス号」と並んでくれました(^^♪。
「きかんしゃトーマス号」も本来ならば撮影に出かけていたはずですが、新型コロナの影響で先延ばしになってしまっています・・・(>_<)。
石山坂本線のラッピング電車同様、早く出かけなければ・・・と日々考えています。

Img_5523


HMをアップで。
(車体が結構汚れてます・・・)

Img_5525


この時、運転士さんの「出発進行!!」の指差呼称を見ることができました(^^)。


Img_5611


購入した近鉄創業110周年の記念乗車券です。
関西版と東海版の2種が発売されました。台紙表面には110年の歴史において活躍した歴代車両の写真と、それぞれ合計1,100円分の乗車券3枚がセットになっています。

Img_5612


裏面は、近鉄110年の年表が掲載されています。
このほか、記念のグッズ(A4サイズのノート、スポーツタオルの2種)も発売されました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | | コメント (0)

«シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」グリーンマックスの「着色済み住宅セットC」を組み立てる