2021年2月26日 (金)

引退迫る京阪5000系(後編)

続きです。

5552_2_20210221102701


まずは、2016(平成28)年8月28日に開催された5000系デビュー45周年イベントの一コマから。
この日は、5552編成が抜てきされました。
その時の様子は、当ブログの以下の記事をご覧ください。

「京阪5000系誕生45年記念」イベントに参加しました。(前編)

「京阪5000系誕生45年記念」イベントに参加しました。(後編)


5552_3_20210221102701

 

5552_4

 

5552_5

 

5552_6


同イベントで行われた、座席の昇降実演(訳ありで車外から・・・)。
これは日常目にする機会はほとんどありません。
ラッシュ用ドアの吊り手は跳ね上げ式となっています。


5000_1


5000系最大の特徴と言えるラッシュ用ドア。このドアは他のドアと区別するため上半分が無塗装となっています。このため車両により地色が異なります。また、車両によってはドア窓のサイズや地色が混在しているものもあります。「ラッシュ用ドア」の表示は改修工事前はビス止め式のプレートでしたが、改修工事後はステッカーに交換されました。

5000_2


5000系で初めて採用された、回転グリル。

Img035


イベントで発売された、レプリカシールです。
ちなみに去年12月に開催された5000系デビュー50周年イベントは都合が付かず、結局行けずじまいに終わりました・・・(T_T)。

5557_2


ところ変わって寝屋川車両基地へ。
5000系で最初に廃車された5557編成。前編でもふれたように同編成の廃車は2016年6月でした。私がこれを見つけたのは同じ年の10月でした。なので、廃車となってから4か月後となります。
この時の様子は、当ブログ以下の記事をご覧ください。

京阪5000系5557Fの近況・・・。(2016年10月16日現在)

さて、ここで気になったのが5557号車に掲げられた「廃車札」。

5557_3


拡大してみると・・・。こんなところにありました。そして同編成は翌2017年1月に解体されました。
なお、同編成のKW31形台車は叡電の700系に流用されました。


5551_3


ここからは、私が過去に撮影した写真をご覧いただきます。まずはこちら。
2000年頃に撮影したもの。一番古い写真がこれになります。

5551_2


当時のダイヤで急行運用に就いた5551編成。(2007年12月)

5555_2_20210221102701


「ひらかた大菊人形 竜馬伝」のヘッドマーク。(2010年10月、寝屋川車両基地で開催されたイベントにて)

5557_7


5000系デビュー40周年記念のヘッドマーク。(2010年12月)

5554_2


京都・伏見を舞台とした漫画「いなり、こんこん、恋いろは。」とのコラボ企画で掲出されたヘッドマーク。(2014年3月)
2010年代では、このほかのヘッドマーク掲出もあったのですが、残念ながら撮影できず・・・。「デビュー50周年記念」ヘッドマークも何度か出向くチャンスがあったのですが、それもついに叶わず・・・。残念無念・・・。

5000_3


ここからは「こんなのもあったのか」というものを。
萱島駅のクスノキをバックに。(2013年9月)

5000_5


夜のホームにて。(2013年1月)

5000_6


こんな場所にも行ってました。(2013年8月)

5000_4


八幡市(現・石清水八幡宮)-淀間にて(2012年10月) 

半世紀にわたり活躍してきた、京阪5000系。まさに「ラッシュ時の切り札」として、沿線利用者の一人である私も、大変お世話になった車両であります。日本の鉄道史に残る名車として、引退まで温かく見守っていきたいと思います。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2021年2月13日 (土)

引退迫る京阪5000系(前編)

京阪電鉄のHPで先月、京橋駅(1・2番線)のホームドア設置に伴い13000系(6編成36両)を増備し、5000系を順次置換え、6月頃に置き換えを完了することが発表されました。これにより、5000系は2021(令和3)年の6月頃に引退することが濃厚になりました。
「噂は以前から聞いていたが、とうとう現実のものとなるのか・・・」というのが私の正直な気持ちです。
今回はそれにちなんで、50余年にわたって活躍してきた京阪5000系を、私の拙い撮影記録から振り返ってみたいと思います。

前編では5000系全7編成について紹介します。

5551_1


5551編成(1970年製)
1970(昭和45)年12月に3両+4両の7両編成として登場したトップナンバー編成です。1989(平成元)年に前面に行先・種別表示器が取り付けられました。1999(平成11)年に改修工事が施工され、合わせて7両固定編成となり、その際、中間に入っていた5551と5601が先頭に立つようになり、第3編成以降と組成が揃えらえられました。
2011(平成23)年8月に新塗色となり、現在の姿となりました。

5552_1

 

5552_3

 

5552_2


5552編成(1971年製・2018年3月廃車)
2次車として製造された編成のうちこの編成は、5551編成と同じく3両+4両の7両編成として登場。1989年に5551編成と同様に前面に表示器が取り付けられました。1999年3月に改修工事が施工され、第1編成と同様に7両固定編成となりました。2011年3月に新塗色へ変更されました。

5553_1


5553編成(1971年製)
2次車として当初から7両固定編成として登場しました。
1998年3月に5000系で最初に改修工事が施工され、2010年3月に新塗色へ変更されました。

5554_1


5554編成(1971年製・2018年9月廃車)
京都方先頭車の5554は1980(昭和55)年にあの痛ましい事故に遭い、廃車され代替新造車に差し替えられたという経歴を持ちます。
1989年に前面表示器を取り付け、1998年9月に改修工事が施工され、2010年8月に新塗色となり、2018年に廃車となりました。

5555_2

 

5555_1


5555編成(1976年製)
1976年に増備された3次車。当初から前面表示器装備、側扉をステンレス製に変更。2000年3月に改修工事施工、2011年3月に新塗色へ変更され、現在に至ります。
特徴といえば、京都方先頭車5550形の車番が「ゾロ目」である「5555」であることでしょうか。車番がゾロ目なのは廃車となった2200系の2222号車亡きあとは、唯一となります。

5556_1

 

5556_2


5556編成(1980年製)
4次車のうちの1編成。台車の変更やラッシュ用ドア部分の座席が半導体ヒーターとなりました。2001年3月に改修工事を施工(5000系で最後)、2009年3月に新塗色に変更されました。

5557_1


5557編成(1980年製・2016年6月廃車)
5556編成と同じく4次車として登場しました。
この編成のみ、マイコン式冷暖房制御方式を使用。2000年9月に改修工事が施工、2008年11月に5000系で最初に新塗色へ変更。5000系の編成では初めて廃車となりました。


Img034


「鉄道ピクトリアル」2021年2月号(電気車研究会刊)では、京阪5000系をいろいろな切り口からとらえた内容が満載です。興味があればご一読をお勧めします。

(久々に実車の記事でした(^^ゞ)

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

» 続きを読む

| | コメント (0)

2021年2月 1日 (月)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」続 GMエコノミーキット2610系の動力をコアレスモーターに交換する

先日、近鉄2610系などにマッチする動力台車枠と床下機器パーツのセットがグリーンマックス(GM)から発売されました。早速、去年エコノミーキットを組み立てた2610系の動力をコアレスモーターに交換したものに付け替えることにしました。

コアレスモーターに交換した際の記事については以下をご覧ください。

「GMエコノミーキット2610系の動力をコアレスモーターに交換する」(1)

Img_6145


セット内容は、台車枠と床下機器パーツからなっています。

Img_6146


それでは、作業に入ります。
まず、ボディをコアレスモーターから外します。

Img_6147

 

Img_6149


続いて、台車枠を取り付けます。この際、向きをよく確認します。今回は手持ちのGMのカタログの掲載ページを見ながら作業しました。

Img_6150


台車をコアレスモーター本体に組み戻します。

Img_6151


床下機器パーツです。(逆さですが)「1」と書いてある方が手前側になります。(GMのカタログでいうと、製品写真が写っている側)

Img_6152


床下機器パーツをゴム系接着剤で固定します。

Img_6153


車体(ボディ)を組み戻して完成です。

Img_6155


このあと、走行テストを行いました。問題なく動きました。

Img_6156


カプラーは、電車向けのKATOカプラー密連形A(グレー)にふたたび交換しました。連結すると、こんな感じです。
なお、実車はのちの更新工事でパンタグラフを下枠交差式に交換しました。その完成品が先月、グリーンマックスより発売されました。このモデルも近く、下枠交差式パンタに交換したいと考えています。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2021年1月21日 (木)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」2021年1月11日の運転会より

今回は新年最初の運転会となる、2021年1月11日の運転会の様子をお送りします。

Img_6055


レイアウトは手持ちのレールセットをすべて用いた(レールパターン A+B+B+C+C+D)ものに若干アレンジを加えました。また、見えていない左側は2線のヤード(留置線)にしました。この規模ははじめてだったので、ここまで設営するのに3時間近くかかってしまいました・・・。(-_-;)

Img_6056


レイアウトのアクセントとなる鉄橋は、通常のトラス鉄橋(280mm)の倍の長さ(560mm)となる複線曲弦大トラス鉄橋(緑)を置いてみました。

Img_6074


それでは、出発進行!!

Img_6067

 

Img_6070


最初に走らせたのは、キハ181系特急「はまかぜ」(トミックス)、当運転会の常連、221系「大和路快速」(KATO)、489系急行「能登」(KATO)です。今回はホーム長が短いため、4両編成としています。

Img_6073


「はまかぜ」と「能登」が立体交差を走り抜けます。

Img_6054


ヤードと本線を結ぶ線路は、クロッシングレール(XR140-15)をつないだ複線分岐としてみました。

Img_6075


(隠れてますが(汗))ヤードからこのレールを介して本線に出られるようになっています。(上の画像にあったクロッシングレールに取り付けたダミーポイントモーターは車両通過時に車両が引っかかってしまうので外しました)

Img_6079

 

Img_6080

 

Img_6082


次に走らせたのは、(上から)キハ58系急行「うわじま」(JR四国色)、485系「さよなら雷鳥」セットのうちの4両、183系(福知山電車区・クハ183-801)セットのうちの4両(すべてトミックス)の3列車です。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2021年1月 9日 (土)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」わたしの心を動かした本について

新年1回目の記事は、最近読んだ鉄道模型の本の紹介です。

Img032


「プラスチック&金属 Nゲージキット製作ガイド」(イカロス出版刊)。
この本ではプラキット(GMのエコノミーキットなど)と金属キット(ワールド工芸製品)の組み立て方を分かりやすく紹介しています。付録のDVDでは製作のポイントを動画でまとめられていて、キット製作のコツがよく分かる内容となっています。また、工作に必要なツールの種類なども紹介しています。
わたしがキット製作を中断した理由の一つに塗装について悩みがあったのですが、この本を読んだおかげで悩みが解消されました。気候が良くなったら再開してみたいと考えています。

Img033


「鉄道模型(カラーブックス380)」(保育社刊)
この本はAmazonで見つけました。著者は長年にわたり鉄道模型専門雑誌「鉄道模型趣味(TMS)」を主筆を務めた山崎喜陽氏。鉄道模型の基本が初心者向けにまとめられています。発行は1976(昭和51)年とかなり前ですが、現在にも通じるような内容が散りばめられています。ちなみに現在では「ジオラマ」と呼んでいる「情景付きレイアウト」は、かつては一括りで「レイアウト」と呼ばれていました。

この2冊、機会があればご一読をお勧めします。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2021年1月 1日 (金)

謹賀新年 2021



86118


明けましておめでとうございます。



Dsc_9800


プレミアムカーの連結を開始する京阪3000系(2019年1月 寝屋川市駅にて)

この一年が、みなさまにとってよいお年になることを願っております。
本年もどうぞよろしくお願いいたします。

2021年元日 管理人・京阪快急3000

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年12月30日 (水)

今年もお世話になりました。

2020年もあとわずかになりました。

今年は新型コロナウイルスによって、世界中が変わってしまった・・・。そんな1年だったように思えます。オリンピックをはじめとする各種行事やイベントも中止もしくは延期、開催しても規模縮小。日常生活においても「3密を避ける」「マスク着用」など、これまでにはなかった生活を送ることとなりました。また、大規模な自然災害があったことも忘れられない出来事でした。

鉄道趣味の世界では各イベントがほとんどが中止になる中、ネットを活用してオンラインで開催されるなど、今までにはなかったスタイルが構築されたように思います。

さて、わたしも今年はお出かけはほとんど出来ずじまい。しかし、こればかりは仕方ないと思っています・・・。

お出かけに代わって充実してきたのが、鉄道模型(Nゲージ)を楽しむことでした。
ここでは、今年楽しめたことをダイジェストで紹介します。

Img_5374


Img_5870


GM(グリーンマックス)の塗装済ストラクチャーキットを組み立てたこと。

Img_5476


トミーテックのジオコレ製品などを使って、A5サイズのジオラマを作ったこと。

Img_5586


年に数回の運転会を楽しんだこと。
ゆくゆくはレンタルレイアウトで楽しんでみたいです。

Img_4654

 

Img_5657


はじめての室内灯取り付けにチャレンジしたこと。
室内灯を取り付けた車両を見たら、とても嬉しかったです。

Img_4460


手持ちのGMエコノミーキットを組み立てた車両に、同じくGMのコアレスモーター付き動力と交換しました。今後は、手持ちのダイキャスト製動力(いわゆる文鎮動力)をこのコアレスモーター付き動力に交換してゆきたいです。

Img_5027

 

Img_5872


今年購入した主な車両は「117系新快速」と「青い森鉄道 青い森701系」(ともにKATO製)。

Img_6039


そして、ようやく信号機を購入。この信号機(トミックス製)も増やしてゆきたいです。

Img282


今年出会えた鉄道模型誌がこの「N.(エヌ)」(イカロス出版刊)でした。
ネットでは知ることができない情報が満載です。興味があればご一読をお勧めします。
来年の抱負としては、今までほとんどの商品購入がネット通販ばかり利用していたので、模型店に足を運んでみたいと思っています。また、無理のない範囲で車両の増備もしてゆきたいと思います。また、以前のように撮影にも出かけられたら・・・と思います。

*****************************

来年は明るく、活気が戻る年になることを願っています。
新年は正月明けに出発する予定です。

今年一年、皆様には大変お世話になりました。
それでは、よいお年をお迎えください。

管理人・京阪快急3000より

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年12月19日 (土)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」トミックスの対向式ホーム「都市型」を購入しました

今年3月に発売されたトミックスの対向式ホーム(都市型)。今回はこれらの製品を簡単に紹介したいと思います。

4281_1


対向式ホーム(都市型 品番:4281)のパッケージです。このセットだけで対向式ホーム一組分を作ることができます。

4281_2


対向式ホーム(都市型)各製品の組み合わせ例です。従来品と異なり、いろいろなバリエーションが作れます。

4281_4


説明書は「屋根付きホーム」、「端ホーム」、「幅広ホーム」(上級者向け)の3部が入っています。これらは他の製品の説明書と共通となっています。付属シールは広告デザインなどが島式ホームと異なっています。

4281_3


対向式ホームを二つ組み合わせた「幅広ホーム」の写真があります。これが、この製品を応用した「ギミック」です。しかし「上級者向け」と書かれているように、組み立てはかなり難しいです・・・。
また、左側の写真では、付属のエスカレーターパーツと別売りの橋上駅舎(近代型)の二つを組み込めるとあります。これは先に発売された島式ホームではできなかったことです(器用な方ならホームを加工して組み込めるかも?)。

4281_5


早速、組み立ててみました。島式ホーム同様、結構手間がかかります・・・(汗)。組立てについては、のちほど紹介したいと思います。

4284_1


こちらは都市型延長部(B)(品番:4284)です。もう一つの延長部(A)(品番4283)は前出の4281から屋根付きホーム部分を抜き出したものです。
勘のするどい方ならすでにお気づきかもしれませんが、この製品画像には誤植がありました。

4284_2


この製品でも関連製品と組み合わせて、いろいろなバリエーションのホームを組むことができます。

4284_3


この製品も4281や4283と同様、付属のエスカレーターパーツと橋上駅舎・近代型(別売り)をホームに組み込むことができます。また、エスカレーターパーツは2種類から選ぶことができます。

4289_1


こちらは都市型の端ホームセット(品番:4289)。この製品は4281から屋根付きホーム(4283と同製品)を除いたものです。

4289_2


この製品2つと4283、4284を組み合わせることで、幅広ホームが作れます。

4289_3


この製品も同様に、いろいろなバリエーションが作れます。

4290_1


最後に紹介するのは都市型のホームエンドセット(品番:4290)。この製品ではホーム両端が「屋根なし」しか組めなかった仕様を解消すべく(?)、屋根付きホームの端に直接取り付けてホームの端まで「屋根付き」に出来るというものです。

4290_2


この製品は(もちろんですが)、これまで紹介した対向式ホーム(都市型)各製品(4289を除く)と組み合わせることで、これまでになかったホームを作ることができます。

**************************************

「新型コロナウイルス」関連のニュースで連日のように感染者の増加に歯止めがかからない状況が続いています。わたしの住んでいるところでは今月29日まで「不要不急の外出は自粛するように」と言われています。
今月20日からは、京阪でラッシュ時の輸送に大きく貢献した5扉車両、5000系のデビュー50周年記念のイベントが始まりますが、連日このような状況下、いささか開催すべきなのかが気になっています。運営側のお気持ちは分かりますが・・・。無事に開催できることを願うばかりです。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年12月 1日 (火)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」KATOの青い森鉄道 青い森701系 入線

今回は遅ればせながら、先日購入したKATOの青い森鉄道「青い森701系」の紹介です。

Img_5872


青い森鉄道701系はJR東日本からの譲受車と新造車で(2両編成)構成されています。製品では青い森701形(動力車)、青い森700形の2両セットとなっていますので、小さなレイアウトでも楽しめます。

Img_5874


前面です。青い森701形には幌がついています。行先表示は購入時は「青森」でしたが、付属のシールから「浅虫温泉」を選んで貼り付けました。

Img_5875


前面と側面には、青い森鉄道のイメージキャラクターのモーリーがラッピングされています。
さて、モーリーは2両でいくつラッピングされているでしょうか?気になる方は是非、手に取って数えてみてください(笑)。

Img_5876


この青い森鉄道701系は、なかなかユーモラスな車両だと、わたしは感じました。

*****************************

ご存知のように、新型コロナウイルスの感染者数が増加の一途をたどっている状況です。わたしもどこかに撮影を・・・と検討していますが、体調不良気味でなかなか難しいです(汗)。年内に近場の京阪電車(トーマスと石清水八幡宮参道ケーブル)あたりは出向きたいところですが、さてどうなるやら・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年11月17日 (火)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」グリーンマックスの「着色済み商店セットC」を組み立てる(2)

(1)の続きです。

Img_5806


商店の顔となる看板パーツ(ここではテント)に付属のステッカーを貼り付けます。

Img_5856


アクセサリーとして付いている、電話ボックスと自動販売機を組み立てます。今回は省略しましたが、電話ボックスの屋根部分や自販機本体を塗装すると、リアリティが増します。

Img_5861


エアコン室外機とのぼりの作り方です(組立説明書より抜粋)。

Img_5857


手持ちの真鍮線を用いて作ってみました。

Img_5859


建物本体への取り付けは金属線なので瞬間接着剤を使いますが、少量でもったいないので、建物の壁面に貼り付ける方法をとりました。建物に貼り付ける側に両面テープを貼り付けます。

Img_5860


こんな感じで建物に貼り付けました。

Img_5862


続いて、エアコン室外機を作ります。今回は説明書の通り、使わなかった店舗入り口のパーツを使いました。まずは室外機ステッカーをパーツに貼り付けます。説明書では「6×4.5mmに切り出したものに・・・」とあります。サイズを測ってみたところ、画像のパーツの部分がピタリと当てはまりました。

Img_5863


このあと、切り出して周囲をやすりできれいにします。今回は思いのほかうまくいかず、荒っぽくなってしまいました・・・(>_<)。

Img_5869


ほかの二棟も同様に組み立てます。
これで完成です。

Img_5870


最初に作ったのは喫茶店、ほかの二棟はラーメン店、駄菓子屋としてみました。

Img_5871


店舗裏側は勝手口と玄関口が選択できます。付属のステッカーでほかの商店も作れるので、機会があればまた購入して組み立てたいと考えています。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

«シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」グリーンマックスの「着色済み商店セットC」を組み立てる(1)