2020年7月 2日 (木)

阪神⇔近鉄1dayチケットを使って(2日目)(4)~近鉄生駒駅へ~(後編)

前編の続きです。

Dsc_1704


階段を上り、コンコースへ。通路にはこんな広告がΣ(゚Д゚)!!

Dsc_1706


ここからまっすぐ進むと・・・。

Dsc_1712


生駒ケーブル乗り場です。
ちょうど、生駒ケーブル100周年の記念装飾がなされています。
ちなみに生駒ケーブル乗り場の駅名は「生駒」ではなく、「鳥居前」となっています。

Dsc_1725


宝山寺1号線には「IPCペットふれあいの森」にちなんだコ11形「ブル」(11号車)と「ミケ」(12号車)(2000年から導入)で運行されており、特に親子連れには人気があるようです。改札前には記念の撮影スポットがあります。

Dsc_1721


今回は別料金となるので乗らずに改札越しに車両だけを見ることに。
1号線の乗り場には「ミケ」が停車中。向かって右側は2号線。こちらは多客期や1号線の点検時(毎週木曜日)に運行されます。

Dsc_1726


宝山寺駅は生駒聖天(いこましょうてん)宝山寺への最寄り駅となっています。

Dsc_1727

 

Dsc_1728


(上)生駒ケーブルの運賃表、(下)発車時刻表です。
生駒山上遊園地への足となる「山上線」は次の宝山寺駅で乗り換えます。
ちなみに山上線の車両は宝山寺1号線と同じく2000年に導入されたコ15形が使用されていて、「ドレミ」(15号車)、「スイート」(16号車)という音楽会と誕生日会をイメージした可愛らしいデザインとなっています。
新型コロナの影響で5月6日まで運休していましたが、現在は通常運行に戻っているので機会があれば乗りに行きたいと思っています。

Dsc_1734


このあと、生駒駅に戻って今度は奈良線のホームへ。奈良線のホームの向こうには、けいはんな線のホームがあります。けいはんな線には乗り換え改札があるので今回はみるだけに。
けいはんな線はOsakaMetro中央線と相互乗り入れをしています。画像はOsakaMetroの20系(30番台)。かつては谷町線にも配置されていましたが、現在は中央線に集められています。

Dsc_1751


この新20系(24系とも呼ばれる)24656編成は最初から中央線に配置されたものではなく、四つ橋線から移ってきた編成(旧06編成)です。前面の車号が大きいのが特徴です。

Dsc_1743


このあと、大阪難波・神戸三宮方面の電車を観察。これは阪神1000系「Go!Go!灘五郷!」ラッピングの快速急行神戸三宮行き。

Dsc_1749


近鉄「シリーズ21」の第一陣であり、京都市営地下鉄烏丸線乗り入れ対応の3220系による、急行大阪難波行き。行先表示はフルカラーLEDになっています。この日は前回(19日)と異なり、3200系は姿を見せませんでした。また、ほかの2編成はかつて「京都」と「奈良」をイメージしたフルラッピングで走っていましたが、2011年でこの塗装に変わりました。

Dsc_1760


こちらは奈良線系統では最古参となった8000系。省エネ改造された後期グループです。よく見ると標識灯がLEDになっています。現存する8000系には3両編成もあります。これがたまに6両を組んで京都・橿原線の急行で活躍することもあるとか。

Dsc_1772


近鉄のOsakaMetro乗り入れ用の7000系と並んだ「L/Cカー」の5800系。この5800系も阪神線乗り入れ対応車です。

Img_1289


せっかくなので奈良名物「柿の葉寿司」をごちそうになりました。この日購入したのは4種詰め合わせでした。ごちそうさまでした(合掌)。

(つづく)


最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年6月28日 (日)

阪神⇔近鉄1dayチケットを使って(2日目)(4)~近鉄生駒駅へ~(前編)

(3)の続きです。

Dsc_1676


次にやってきたのは近鉄生駒駅です。
まずは生駒線ホームへ。同駅は同線のほか、奈良線とけいはんな線、生駒ケーブル宝山寺線の接続駅となっています。

Dsc_1679


王寺方面から電車が到着します。


Dsc_1682


この電車は折り返し王寺行きになります。
生駒線は王寺-生駒間を結ぶ12.4kmの路線です。2004(平成16)年3月18日からワンマン運転が実施されました。ホームにはワンマン運転用の確認ミラーが設置されています。

Dsc_1689

 

Dsc_1678


ワンマン運転の表示。
同線がワンマン運転となってからは1021系と1031系(それぞれ1020系、1026系のワンマン運転改造車)の4両編成で運用されています。
ワンマン運転以前は、900系(奈良線最初の大型車両)や8000系、それ以前は800系(近鉄初の量産型高性能車)や820系などで運用されていました。

Dsc_1692


同車の車内。内装更新により優先座席部分は床面表示により識別されています。

Dsc_1693


乗務員室背後には組立式の避難はしごが置かれています。

Dsc_1696


のちに設置された車内案内表示器とドアチャイム、乗降扉両端には注意喚起の黄色のラインが引かれています。

Dsc_1694


こちらは1031系。以前は乗務員室と乗降扉の間にVVVFインバータのロゴがありましたが、のちに撤去されました。これはこの車体デザインのVVVF車も同様です。

Dsc_1702


生駒線ホームでは発車案内表示はこのようになっています。

※おまけ画像

久々のおまけ画像です。

Dsc_1690


ワンマン運転用の確認ミラーにこんなものが偶然写りました。奥の電車は阪神の車両です。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年6月24日 (水)

阪神⇔近鉄1dayチケットを使って(2日目)(3)~少しだけ奈良観光~

(2)の続きです。

Img_1216


阪神武庫川線を訪問したあと、快速急行近鉄奈良行きに乗って一気に奈良へ向かいました。
ここで、武庫川駅でひとつ気になったものが・・・。奥に見えるホームの標識(?)です。

Img_5103


調べてみてもわからなかったので手持ちのものでそれに近いものを見つけました。トミックス製品「ホーム(都市型)グレードアップパーツセット」(品番:3242)の取説からの抜粋です。赤矢印(貼り方例2)が当てはまるのか?と思いますが・・・。

Img_1224


阪神武庫川駅からはこれに乗りました(途中、阪神尼崎駅と近鉄大和西大寺駅で増解結)。所要時間はおよそ1時間でした。

Img_1228


ここで気になったのが、快速急行の種別の色。近鉄線ではこのように赤色ですが・・・。

Img017


阪神線では水色になります。これを変える駅は阪神なんば線内の桜川駅だということが、「鉄道ピクトリアル」2017年12月臨時増刊号(No.940)(電気車研究会刊)を読んでわかりました。

Img_1226


新塗装の22600系(Ace)の特急京都行きが発車します。

Img_1232


近鉄奈良駅のコンコースです。

Img_1281


こんなデザインの看板もありました。

Img_1235


この近鉄奈良駅から大阪難波、京都、神戸三宮方面へは乗り換えなしで行けます。奈良へ来たのは「ならシルクロード博」が開催されたころ以来でした。もう30年以上も前になります。

Img_1258


まずは奈良公園へ。お約束(?)の鹿を見に行きました。わたしも鹿せんべいを買って鹿に食べさせてあげました。

Img_1269


興福寺 中金堂です。ちょうど修学旅行生が通りかかりました。この日は暑かったです。
今年は新型コロナの影響で、どの観光名所も人手がかなり落ち込んだと聞いています。今月19日にいわゆる「都道府県をまたぐ移動が緩和された」とのことで、少しずつですが落ち着きを戻していくのでしょうか・・・。

Img_1275


レトロな建物が印象的な南都銀行本店。ここにもシカをデザインした標識版が。

Img_1276


近鉄奈良駅へ戻ってきました。

Img_1279


こちらは西口。画像右側は小西さくら通りへ向かう道です。

Img_1296


奈良へ行ったもう一つの目的は知人に教えてもらった中谷堂という和菓子屋さん。このお店ではテレビなどで有名になった「高速餅つき」。これをどうしても見たかったのです。2度店頭を訪れ見ることができました。つきたてのよもぎ餅ももちろんいただきました。柔らかくてとても美味しかったです(^^)。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年6月21日 (日)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」2020年6月20日の運転会より

今回は2020年6月20日の運転会の様子をお送りします。

Img_5073

 

Img_5074


レイアウトは複線エンドレスで、一方をカーブレール(C541-15)を使って変化をつけてみました。ホームは対向式ホームと木造駅舎、跨線橋を使い、外線の方は7両分停車できるようにしました(内線側は5両分)。ストラクチャー(建物)も周辺に配置してみました。

Img_5079

 

Img_5083


それでは、出発進行!!
今回走らせたのはD51 200号機けん引の「SLやまぐち号」(どちらもKATO)、DD51けん引の「サロンカーなにわ」(どちらもトミックス)にしてみました。
ホームでのすれ違い運転もなかなかの見ものでした。

Img_5085


D51けん引のSLやまぐち号が疾走。KATOから発売されている「サウンドボックス」にはこのSLやまぐち号の音源(サウンドカード)も発売されていて、ぜひとも導入したいと考えているのですが、KATOのスターターセット(入門セット)もしくはレールとパワーパックのセット(マスターセット/M1やM2)を購入しないと導入できません。KATOのレールシステムはトミックスのものよりシンプルで分かりやすいみたいなので、いっそのこと乗り換えてしまうか、KATOのものを買い足すか・・・。

Img_5092


イスを跨がせた「簡易トンネル」(?)にて両列車が通過。

Img_5082


実は、サロンカーなにわを走らせたのは今回が初めてだったのですが、展望スペースはこんなに明るく光るのか・・・と正直いって驚きました。

Img_5094


運転終了。列車を駅に停車させました。

Img_5095

 

Img_5098


今度は後日購入したSLやまぐち号の本務機であるC57 1号機のけん引やD51と重連、DD51 1043号機(下関総合車両所)(どちらもKATO製)をけん引させて、SLやまぐち号を運転してみたいと思います。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年6月12日 (金)

阪神⇔近鉄1dayチケットを使って(2日目)(2)~久しぶりの阪神武庫川線~(後編)

前編の続きです。

Dsc_1630

 

Dsc_1634


7890・7990形は旧3801・3901形を改造した車両で、7890号車が旧3901形3904号車(1次車)、7990号車は同じく旧3901形3905号車(2次車)と改造種車が異なるため、前面の行先表示器の形(7890号車は後付け、7990号車は新製時から装備)などの違いがあります。

Dsc_1636


かつての阪神車両には標準装備だったバンドン形連結器(後述の7861・7961形も同様)。それも今や、武庫川線用の車両にしか見ることはできなくなりました。運行標識板、ヘッドマーク取り付け台座も残されています。

Dsc_1637


ヘッドライトはLED式に交換してあります。

Dsc_1639


側面の行先表示器。
近鉄の鋼製車と似たようなタイプ。

Dsc_1667


7890形の車内からみた乗務員室サイド。旧国鉄の485系などで見られたタイプのクーラー、壁面には古めかしいスピーカー(?)、向かって左側に見える銘板には「武庫川車両 昭和49年(製造)」とあります。一方の7990号車は1977(昭和52)年製です。

Dsc_1670


乗務員室の貫通扉には業務用のスポットクーラーが設置されています。これは、乗務員室の冷房化が見送られたために設置されたものです。それからどういうわけか、この時運転台を撮り忘れてしまっています・・・(汗)。


Img_1208


7861・7961形は1963(昭和38)年から製造された7801・7901形の派生系列。5500系置換えまでは1968(昭和43)年製の後期形の7864、7866、7868の3編成6両が活躍していました。製造から50年を超えていましたが、まだまだ活躍するかと思いきや、ついに置き換えられてしまいました・・・。
画像は武庫川信号所に留置中の7861形の屋根上から写したもの。クーラーの取り付け位置が高いのが特徴。あと、屋根に黄色い線が引かれていました。

Img_9655


さて、ここからは2012年にはじめて武庫川線に乗った時の記録を紹介します。
この日乗ったのも7890形・7990形でした。結局、7861形・7961形は乗れずじまいに終わってしまいました・・・。もう少し、出向いて沿線で撮影したらよかった・・・と悔やんでも仕方ないのですが・・・。

Img_9653



留置中の7861・7961形。この日見たのは7868の編成でした。まだ「”たいせつ”がギュッと。」のCIマークはありませんでした。

Img_9673


はじめてやってきた武庫川団地前駅。こじんまりとした印象は変わっていません。

Img_5052


最後に紹介するのは以前購入した鉄コレ(鉄道コレクション/トミーテック製品)の阪神7861・7961形です。

Img_5053


阪神のかつての標準スタイルの片開きドアと戸袋窓付き4枚の側面窓、屋上のクーラーもうまく再現されていると思います。余談ですが、このスタイルは個人的には気に入っています。

Img_5054


車番は7864・7964号車にしてみました。行先表示は7864号車には武庫川線ワンマン仕様、7964号車には阪神なんば線の前身の西大阪線仕様にしてみました。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年6月 7日 (日)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」KATOの117系 入線

今回は先日購入したKATOの「117系 新快速」の紹介です。
この117系においてはトミックスとの競作となりました。どちらを購入しようか迷いましたが、扱いやすく手ごろな価格のKATO製にしました。
ちなみにKATO製は去る5月発売、トミックス製は今月6月発売となっています。

Img_5019


セット内容の6両を並べてみました。

Img_5021


「関西急電」を連想させるクリーム1号の車体とぶどう色2号の帯も的確に再現されていて、完成度はとても高いと思います。
なお、このセットはもう1セット購入することで、12両編成にすることもできます(付属パーツの連結用カプラー、スカート使用)。

Img_5023


連結面(中間部のみ)のカプラーは現行仕様の「KATOカプラー密連形#2新性能電車用」を装備、両先頭車の運転台側の台車はスノープロウ装備、トイレ付きのクハ116のトイレタンクは装着済。

Img_5024


トイレ付きのクハ116とトイレのないクハ117。

Img_5025


付属のシールには「列車種別&行先」のほか、「号車」や「禁煙車」、「運行番号」表記も収録。
行先は、小学生の時に姫路城に出かけた際に初めて117系に乗れた想い出があった「姫路」行きにしました。

Img_5027


編成は1980~85(昭和55~60)年ごろの宮原電車区所属車がプロトタイプ。各種表記類を印刷で再現。先頭部の信号炎管、ホイッスルも取り付け済。


Img_5028


「新快速」表示は取付済、運行番号表示は付属のシールでいったん分解して貼り付けます。
こうして眺めていると、本当によく出来ています。あとは時間があるときに走行させたいです。
購入できて、本当に良かったです。


Img029


以前購入した手持ちの「鉄道ファン」でもっとも古いバックナンバー、1980年5月号(No.229)です。
特集は「近郊形車両」。この117系のほか、今となっては懐かしい「関西線快速色」(春日色)や「阪和線快速色」の113系など、当時活躍していた旧国鉄の近郊形の電車やディーゼルカーの写真などが多数掲載されています。
ちなみにKATOの117系は、初代がこの雑誌と同じ年の1980年に製品化したとのことで、40年ぶりのフルリニューアルとなります。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年6月 4日 (木)

阪神⇔近鉄1dayチケットを使って(2日目)(2)~久しぶりの阪神武庫川線~(前編)

(1)の続きです。

Dsc_1633


続いてやってきたのは阪神武庫川駅。目的は、武庫川線に乗ること。実は武庫川線に乗ったのは、およそ8年ぶりとなります。
武庫川線は、武庫川-武庫川団地前1.7㎞を結ぶミニ路線。
2020年6月3日に、武庫川線における新型車両5500系(本線からの転入)が営業運転を開始。最後の「赤胴車」だった、7861形と7890形はひっそりと姿を消したとのこと。
予定では今年の3月頃に見に行くことにしてたのですが、新型コロナの感染拡大よる「外出自粛」で残念ながら実現に至らなかったのが、残念でなりません・・・。
まあ、今度は「武庫川線仕様の5500系」を見に行くという楽しみができたわけですが。

Dsc_1629


というわけで、車両紹介はのちほど。
まず目についたのが、武庫川駅の北方に留置されている7861形。

Dsc_1642


武庫川駅から乗ること5分ほどで終着駅の武庫川団地前駅に到着。

Dsc_1643

阪神電車のCIマーク「”たいせつ”がギュッと。」が待合室の入り口に。

Dsc_1645

 

Dsc_1650


対面にある屋根なしの対向式ホームは使用されていません。

Dsc_1648


発車時刻表もユニークなデザイン。

Dsc_1654


駅舎はこじんまりとした印象。同駅は終日無人駅となっています。

Img_1202


駅前に設置されている津波啓発CUBE。

 

Dsc_1653


駅前ロータリーで阪神タイガースラッピングのタクシーを発見。

Dsc_1656


武庫川行きの電車が到着しました。駅へ戻るとしましょう。

(後編に続く)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年5月31日 (日)

続 水島臨海鉄道「エアートラベル」について

今回は購入した「常備券」などを紹介します。
購入特典などについては、こちらの記事をご覧ください。

Img_4993


こちらは「常備券」。計4種が発売されました。

Img_4994


これは、券売機で発売の普通券。こちらも常備券と同様の4種(区間)が発売されました。

Img_4995


これは「回数券」(小児)。この回数券は倉敷市駅を基準とした各区間の好みの駅が選べるというものです。また、駅員さんが駅名、日付、小児印等をゴム印で手押ししてくれています。回数券1冊につき回数券袋が1つ付いてきます。
このほか、倉敷市駅-球場前駅の片道の「団体券」(一般普通)も発売されました。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年5月25日 (月)

阪神⇔近鉄1dayチケットを使って(2日目)(1)~ふたたび阪神なんば線淀川橋梁へ~

阪神なんば線と近鉄奈良線相互直通運転10周年を記念して限定発売された、「阪神⇔近鉄1dayチケット」を使った乗車&撮影日記の2回目、2019年5月26日のお話を書かせていただきます。
この日はまず、1回目の19日の日にも出向いた、阪神なんば線淀川橋梁へふたたび訪れました。

Dsc_1557


時系列順に紹介します。
阪神9000系。

Dsc_1568_1

 

Dsc_1571

 

Dsc_1574


この日はなんと、阪神&近鉄相互直通記念のツアー列車(22600系6両編成)を見ることができました。

Dsc_1589


近鉄1026系。

Dsc_1594


この橋梁の向こうには阪神高速3号神戸線をはさんで、阪神本線が走っています。

Dsc_1598


阪神1000系。

Dsc_1602

 

Dsc_1604


近鉄9820系。オリックスレンタカーの広告入り。

Dsc_1613

 

Dsc_1617


快速急行は、阪神尼崎-近鉄大和西大寺間では堂々の10両編成。阪神車を使用したこの列車は、前4両が1000系、後部6両は9000系で編成。

Dsc_1623


こちらは近鉄車による快速急行。あいだに「シリーズ21」をサンドした10両編成。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

2020年5月22日 (金)

水島臨海鉄道「エアートラベル」について

水島臨海鉄道では期間限定で「常備券」などを郵送販売する、「エアートラベル」と名付けられた企画を実施しています。
これは、新型コロナによる「外出自粛ムード」で始まった企画です。
わたしはあるテレビ番組で取り上げられたのを見てこの企画を知り、先日申し込みました。

Img_4965


今回は購入特典を紹介します。
これは水島臨海鉄道のディーゼルカー(旧国鉄のキハ20形など)が写っているデザインのポストカード。

Img_4967


もうひとつは、水島臨海鉄道50周年の記念ノート。
以上2点が特典として付いてきます。
この企画、最初は「GW期間限定企画」として2020年5月11日まで「常備券」の販売でしたが、「少しデラックスなエアートラベルをご用意いたしました」と銘打って「常備券」のほか、「回数券」(子ども)や「団体券」などが追加され、期間延長で2020年6月1日の消印有効となりました。
詳しくは水島臨海鉄道のHPをご覧ください。

最後までお読みいただき、ありがとうございました。

鉄道コム

web拍手 by FC2

| | コメント (0)

«シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」2020年5月6日の運転会より