サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

2018年7月17日 (火)

この日見た、阪急電車のHM3種。

去る6月23日、阪急の西宮北口駅のカリヨン広場前において、グッズ販売会が開かれました。

わたしも何となしに足を運びました。
販売品は阪急のHPで事前に発表されていたので、購入するものはあらかじめ決めておいたのですが、気がついたらいつもの癖で衝動買い・・・(>_<)。

そんなわけで、今回は移動中に見ることのできた、そのころ阪急各線の車両に掲出されていたHM(一部ラッピング電車)を紹介します。


P_20180623_1

まずは、西宮北口駅で見た、神戸線に新たに登場したラッピング電車「爽風(かぜ)」(1000系1002編成)。
なお、宝塚線では「宝夢(ゆめ)」(1000系1001編成)、京都線では「古都(こと)」(1300系1301編成)がそれぞれ運転されています。


P_20180623_2

これはどの駅で見たのか忘れてしまいましたが、「宝塚線7月7日ダイヤ改正」のPRHMです(1000系1003編成に掲出)。


P_20180623_3

これは、帰路の京都線の下車駅で撮影できた、「大阪万博2025年誘致PR」のHMです。
蛇足ですが、帰路の西宮北口駅で梅田ゆき特急に乗車した際に、各停梅田ゆきの車両を見るeyeと、話題の1000系1011編成(神戸寄りの先頭車の車番がゾロ目の「1111」)で、しかもこちらも話題の「スヌーピー」のラッピング電車だったので写そうと思ったのですが、乗車した特急でないと、下車駅と接続するバスに間に合わなくなるので、泣く泣くあきらめましたbearing

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2018年7月14日 (土)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」~ゼロから始めたNゲージライフ~(5)「わたしのコンテナコレクション【1】」

ここ数日の自然災害や連日の猛暑にまいっているわたし・・・。

久々の更新です。

今回のシリーズは、わたしがNゲージ鉄道模型を再開してから買い集めたコンテナを紹介してまいります。

Nゲージコンテナ各種は、コンテナ貨車(昨年度で引退したコキ50000形や現在の主力、コキ107形など)に載せて(積載)、機関車やにけん引させて、実車同様のコンテナ列車を楽しむための必須のアイテム。

今や人気の種類は「即完売」というのが現状となっています。

20170217_1

去年2月、行きつけの家電量販店の玩具売場でこんな商品を見つけました。
その商品とは、「全国”鉄道むすめ”巡り 2015コンテナコレクション」。

わたしが来店した頃には、まだ在庫もあり、購入する人もいなかったようだったので、思い切って、すべて買い占めちゃいましたhappy01


20170217_2 20170217_3


中身は全12種。
オレンジ色と水色のコンテナが6種ずつ入っています。

1種類に2社の「鉄道むすめ」のかわいらしいイラストが印刷されています。
ちなみに1個のスケールは、40フィートになります。


20170305_1

このコンテナの積載例です(コキ106形に積載)。
今回は、以上です(^^)/。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2018年6月30日 (土)

藤森神社の紫陽花を見てきました。(後編)

前編の続きです。


Dsc_8698

これから第二紫陽花苑に向かいます。
道中では、狛犬や・・・。


Dsc_8700

絵馬を見ることができました。


Dsc_8702

それでは、第二紫陽花苑を見ていきましょう。


Dsc_8706

鮮やかな水色(^^♪。


Dsc_8709

これは、神鎧像。


Dsc_8710 Dsc_8718

小さな橋を渡って(上)、今度はその橋の下を潜ります(下)。


Dsc_8720

再び、紫陽花鑑賞。
これは、淡い紫色♪。


Dsc_8723 Dsc_8724

こういった感じの構図、個人的に気に入っています。


Dsc_8726 Dsc_8730 Dsc_8733

いろいろなアングルから写してみました。


Dsc_8737

見事な咲き具合(^^)。


Dsc_8739

このガクアジサイもいい感じgood


Dsc_8740

満開の紫陽花(^^♪。


Dsc_8741

近くにいた人が「あっ、カタツムリやー」という声が聞こえたので、よくあたりを見てみるとeye、いました、いました。
カタツムリを見たのは、本当に久しぶりでした。


Dsc_8743

お堂のそばにさりげなくcamera


Dsc_8746

第二紫陽花苑を出て、周辺をぶらり。
重要文化財に指定された、八幡宮を見つけました。


Dsc_8747 Dsc_8748

これは、旗塚です。
お参りすると腰痛が治るといわれています。
自分も参拝しておけば良かったー(>_<)。

このあと、境内で休憩して、帰路につきました。


P_20180616_1

この日訪れた藤森神社は、京阪電車の駅では墨染駅が最寄り駅となります。
わたしの最寄り駅の場合だと、最短の経路で列車を2度乗り換えないといけません。

あとは帰宅するだけなので列車を1本見送って、次の列車を待つことに。

しばらくすると、出町柳行き特急の8000系の前面の列車表示がLED化していました。
車番を確認すると、8006Fでした。

プレミアムカー導入などでどんどん進化する8000系。
今後も、京阪電車のフラッグシップを担っていくことでしょう。

ただ、ひとつ気になったことが・・・。

この日は行きも帰りも特急は8000系でしたが、プレミアムカーに空席が目立っているような感じがしました。

そのかわりに、いわゆる「普通車」(ダブルデッカー車も含むすべての車両)の混雑度が高くなったような気がして、この日は乗り換え駅から座るのが少し困難でした・・・。

あと、最近本線用13000系を見ることが多くなっています(自分が目視で確認できたのは、13026Fと13027F)。

でも、どういうわけかわたしは乗る機会に恵まれません・・・。

まあ、いまや「古豪」となり頑張っている、2600系(0番台)や2200系に出くわす方がなんとなくですが嬉しく思います。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2018年6月26日 (火)

藤森神社の紫陽花を見てきました。(前編)

16日、わたしは久々にデジイチ持参で電車に乗って、藤森神社の紫陽花を見に行ってきました。
紫陽花を見に行ったのは、5年前の三室戸寺以来となります。


Dsc_8627

まず目についたのが、この神馬像。

この神社は、菖蒲の節句発祥の神社であるとされ、今日では勝運と馬horseの神様として、競馬関係者や、競馬ファンの参拝者で賑わっているとのこと。

そんな由緒があることは、はじめて知りました。


Dsc_8628

参拝を終え、境内を少し撮影。
中央に写っているのは、拝殿。
その奥に本殿が建てられています。


Dsc_8629

この神社には、二か所の紫陽花苑があります。
入苑料300円を支払えば、二か所の紫陽花苑の鑑賞ができます。

この日は、久しぶりの撮影なので、かなりの枚数を撮影しました。
その中からセレクトしたものをこれからご覧くださいませ。


Dsc_8631 Dsc_8637 Dsc_8640


この紫陽花苑では、西洋あじさいやガクアジサイ、アナベルなど、約3500株の紫陽花が咲き誇っています。


Dsc_8641

なかには、こんな色の紫陽花も。

調べてみると、紫陽花の色は土壌の酸度で決まるとのこと。
酸性だと青色、中性~弱アルカリ性では、このようなピンク色をおびた色になります。

ちなみに、白色系のものは色素を持たないので、酸性、アルカリ性のどちらでも咲くとのことです。


Dsc_8642

第一紫陽花苑だけでも、いろいろな紫陽花が楽しめました。
もうしばらくお付き合いを。
これは、やわらかな雰囲気が(#^.^#)。


Dsc_8645 Dsc_8646

これは、まだ咲き始めでしょうか?


Dsc_8647 Dsc_8648

この白い紫陽花は、ロイヤルホワイトという品種でしょうか?


Dsc_8654 Dsc_8662

下の写真は、周りをぼかしてみました。


Dsc_8666 Dsc_8674

パンフレットでよく見かける構図のようcoldsweats01

Dsc_8683 Dsc_8684

青紫色のガクアジサイ。
このあと、第一紫陽花苑をあとにしました。


Dsc_8697

すぐそばでは、(途中から見たのですが)、日本刀の折返し(材料作り)の実演を行っていました。

今度は、第二紫陽花苑を見に行きました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

web拍手 by FC2

2018年6月10日 (日)

シリーズ「自分なりのNゲージ鉄道模型」~ゼロから始めたNゲージライフ~(4)「「ジオコレ」でプチジオラマを作る(その3)」

その2 の続きです。


P_20180505_1


ベースとなるプラ板を15㎝四方にカットし、4隅を丸くカットします。
プラ板の上に重ねる「草地」も同様にカットします。
そのあと、プラ板の上に草地を両面テープで貼り付けます。


P_20180505_2

もう一度、各種パーツを仮置きしてみました。
この段階で写真を撮っておくと良いかと思います。
そのあと、道となる部分を下書きしておきます。


P_20180512_1

次に、道となる部分をカットします。


P_20180512_2

今度は道の部分にその2で紹介した砂利をまいて接着します。
ここでは、トミックスのシーナリーボンド(市販の木工用ボンドでも可)、中性洗剤、水、混ぜる容器(今回は100均の紙コップを使いました)を用意して、ボンド水溶液を作ります。


P_20180512_3

これを使います。
今回はこのように少量で良いでしょう。


P_20180512_4

砂利をまいてゆきます。
このように、アバウトで構いません。


P_20180512_5

スポイトを使って、ボンド水溶液をまいてゆき、しばらく乾燥させます。


P_20180512_6

乾燥後、余分な砂利を落とします。
なんと、シミが出来てしまいましたcoldsweats02

次回は、これをリカバリーしてゆきます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。


にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2018年5月29日 (火)

京阪「淀屋橋地下延長線開通55周年記念イベント」に参加しました。(移動編)

去る4月21日と22日の両日、京阪では淀屋橋地下延長線開通55周年イベント(クイズラリー、グッズ販売会など)が開催されました。

わたしは、21日に参加しました。

今回は、クイズラリーの出題駅の移動中に、主に電車関連で変化や気がついたことを書いておきます。


P_20180421_1

まずは、中書島駅にて。
停車中の淀屋橋行き特急の3000系。

画像右側に見えるのは、2025年の大阪万博誘致PRのためのHMとともに掲出された、PRステッカー。

また、列車種別・行先表示器の行先表示は、「大阪淀屋橋」となっていました。


P_20180421_2

英字標記では、(やや見にくいですが)このようになります。


P_20180421_3

ところ変わって三条駅。
天満橋駅までの移動に、今回は8000系のプレミアムカーに乗車しました。

やってきたのは、前回の初乗車とおなじ8004F。
先ほどの3000系といい、今回の8000系といい・・・。
下一桁が「4」にあたるのは、ただの偶然でしょうか・・・?


P_20180421_4 P_20180421_5P_20180421_6

せっかくの乗車なので、数枚撮影しておきました。


P_20180421_7

続いて、北浜駅。
京都方面ホームの列車案内表示器が、液晶ディスプレイ表示に変わっていましたcoldsweats02


P_20180421_8

北浜駅のクイズを解いたあと、改札口の方をふと見てみるとeye、京都の名所を紹介しているステッカーが貼ってある柱を見つけました。


P_20180421_9 P_20180421_10

そして、淀屋橋駅。
こちらも、このような案内表示に変化しました。
調べてみると、訪日外国人観光客に対する配慮とのこと。

ちなみに、この日は春のおでかけダイヤの適用日だったので、準急は4番線、特急は3番線発車と、いつもと違っていました。
(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2018年5月21日 (月)

京阪「淀屋橋地下延長線開通55周年記念イベント」に参加しました。(参加編)

去る4月21日と22日の両日、京阪では淀屋橋地下延長線開通55周年イベント(クイズラリー、グッズ販売会など)が開催されました。

この「淀屋橋地下線」とは、当時の大阪側の起終点駅だった天満橋駅(地上駅)から北浜駅、淀屋橋駅と2つの駅を設け、1963(昭和38)年に開通した地下路線です。

この種のイベントについてですが直近では、今から5年前の2013(平成25)年に「開通50周年」と銘打って、各種イベントが開催されました。


Img249

さて、わたしはこのイベントに21日に参加しました。
今回のクイズラリーのシートはこんな感じです。

当日は「〇〇1dayチケット」のようないわゆる「1日乗車券」の代わりになるようなものもなく、どういった順番で回ろうかと少し考えましたが、やはり、京都方面から回ることにしました。

クイズの方ですが、事前に手持ちの本などで予習しておいたのが良かったのか、京都方面の二駅で少し考えさせられる内容でした・・・。

P_20180421_1

これは帰路の移動中に撮影したものですが、今月5日まで2600系全編成に特製HMが掲出されました。


P_20180421_2 P_20180421_3


これが景品のキーホルダー。
左が表面、右が裏面です。


P_20180421_5 P_20180421_4

グッズ販売会で購入した、55周年記念グッズ。
上がクリアファイル、下が駅名マグネットです。

去年開催された「京都地下線開通30周年」のイベントでは、主役は旧3000系特急車でしたが、今回の主役は、何と言っても1900系特急車(新造車)でしょう。


P_20180421_6

このほかに、3月に行けなかった大津線駅名変更記念のヨシノートなどを購入して、この日は帰宅しました。

※次回は、「移動編」へ続きます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2018年5月 8日 (火)

阪神尼崎駅にて(2017.3.12) -5700系ジェット・シルバーBL賞ラッピング列車を求めて。-(後編)

前編の続きです。


Dsc_7728

5000系の普通・梅田ゆき。
この5000系のヘッドライトは、原型でした。


Dsc_7730

そのあと、8000系同士の並びが。


Dsc_7734

まず、急行が到着。


Dsc_7736

急行は、先着の普通と接続。
3・4番線(阪神なんば線系統)は、近鉄車が停車中。


Dsc_7751

普通発車後、特急が停車。
ホームを観察するeyeと、電車見物でしょうか?
親子連れを見つけました。


Dsc_7750

このあと、ようやく5700系のブルーリボン賞受賞記念ラッピング編成が到着。
この位置だったのが、少し残念(>_<)。

ほかの方が写した写真では、尼崎駅より梅田寄りにひとつ手前の大物駅で写したものを見たことがあったので、そこに行けば・・・と後悔しました。


Img_1004

こちらは、当時阪神最後の方向板車として話題になった、「ジェットカー」5311形5314号車。わたしがはじめて尼崎駅に撮影に行った2010(平成22年)に、上の写真と同じような感じになっていました(車番が隠れてしまってますが・・・)。

なお、同車は残念ながら、同年廃車されました。


Dsc_7753 Dsc_7757 Dsc_7758

悔やんでも仕方がないので、神戸三宮へ向かう姿を撮影しておきました・・・。


Img_9622

さて、こちらですが、その5700系導入と入れ替わりに廃車された、5331形です(2012年尼崎駅にて撮影)。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2018年4月16日 (月)

阪神尼崎駅にて(2017.3.12) -5700系ジェット・シルバーBL賞ラッピング列車を求めて。-(前編)

お待たせしました。久しぶりの更新です。

今回は、阪神が各駅停車用車両(ジェットカー)として、2015年に登場した「ジェット・シルバー」こと5700系のブルーリボン賞受賞記念ラッピング列車を見に行くべく、約3年ぶりに尼崎駅へ赴きました。

今回も前回と同様、阪神なんば線経由で下車しました。


Dsc_7673

まずは、下車したホームの4番のりば付近から。
山陽5000系の直通特急梅田ゆき。


Dsc_7687

続いて近鉄のシリーズ21、9820系。


Dsc_7691


阪神8000系の特急と並ぶ。
近鉄車の列車は、区間準急・大和西大寺ゆき。


Dsc_7696

このあと、80000系の急行が到着。


Dsc_7697

震災で6両中3両を被災してしまい、のちに編成替えされた8502号車ほか3両。


Dsc_7703

4番のりばでは、1000系の当駅どまり(列車種別不明)が到着。


Dsc_7706

6番のりばには9300系の急行・西宮ゆき。
5番のりばには5000系の普通・高速神戸ゆきがそれぞれ停車。


Dsc_7709

ここで、停車中の5000系を観察。
前面右側にCI(コーポレートアイデンティティーの略)マークの貼り付け、ヘッドライトがLED化されたところが、前回の撮影時との変化したところでしょうか。


Dsc_7710

このあと、ふたたび梅田方面の列車を撮影。
5500系の普通・梅田ゆき。


Dsc_7714

今度は、2番・3番のりばへ移動。
1000系の普通・東花園ゆきが到着。


Dsc_7717

9000系の快速急行・神戸三宮ゆき。


Dsc_7721 Dsc_7722

ふたたび山陽の5000系。
「神戸開港150年」の記念HM付き。


Dsc_7725


近鉄のL/Cカー、5800系の区間準急・大和西大寺ゆきが到着。
近鉄車はやっぱり字幕の方がわかりやすいと思いますcoldsweats01

お目当ての5700系はまだ見ていないので、もう少し粘ってみることにしました。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2018年3月30日 (金)

京都鉄道博物館で、オレンジ色の103系を見てきました。(後編)

前編の続きです。

今回、屋根上も見ることができました。

Dsc_8524

103系や113系など、一般車国鉄型電車標準の冷房装置、AU75形です。


Dsc_8529

列車無線アンテナ(左中央)と信号炎管(右)です。


Dsc_8552

このあと、車内へ入れました。
照明は暗めになっていました。


Dsc_8550

乗務員室裏側です。
ここが、いわゆる「かぶりつき」の場所なのですが、鉄道会社や車両によってスタイルはいろいろです。
この103系の場合、国鉄型のためスペースはこのように限られたものとなっています。


Dsc_8545

802号車の運転台です。
客室と異なり、室内色は原型のグリーン系です。


Dsc_8547

こちらにはブレーキハンドルが見えます。


Dsc_8558

乗降扉です。
30N工事施工の扉は、ほぼ原形です。
ドア注意喚起のステッカーは、JRになってから張り付けられたものです。


Dsc_8561

広告枠には、「大阪環状線2017」と題して、様々な取り組みが掲示されていました。
これは、玉造駅前にできた103系を模した商業施設「ビエラ玉造」と103系電車とのコラボ写真です。

わたしも真似しましたが、とても楽しかったものと記憶しています。


Dsc_8569

国鉄~JR初期は「シルバーシート」と呼ばれていた、お年寄りの方などの交通弱者向けの座席は、JR西では1990年代末に「優先座席」と名を変え、大きなステッカーと座席デザインの変更などで、大きく様変わりしました。


Dsc_8572


843号車の乗降扉には、「ありがとう103系」、「さようなら103系」と題して、様々な103系の写真が掲示されていました。

画像は、この京都てっぱくに保存されている、クハ103-1号車について書かれたものです。


Dsc_8586

国鉄時代は「非常用ドアコック」(標記上は「非常用ドアコツク」)と呼ばれた非常用機器の設置場所を示すサインボードです。
JR西バージョンは、こんなデザインになっています。


P_20171105_1 P_20171105_2

このあと、お昼が近かったので、昼食はこれを購入しました。
「ありがとう大阪環状線103系弁当」という、企画商品です。


P_20171105_3

ふたを開けると、環状線の路線図とともに、「大阪の象徴 103系」という解説が載っていました。

大阪では、やはり「オレンジ色の電車=環状線の103系」というイメージが定着しているのかもしれません。
(かつては、片町線(学研都市線)でも走っていましたが・・・)


P_20171105_4

中身は、大阪の名物(串カツなど)が入っていました。
とても美味しかったです。

このあと、もう少し見て回りたかったのですが、かなりの人混みだったので、この日は足早に帰宅しました。


P_20171105_5

この日はおみやげにミュージアムショップでこれらを注文しました。
京都名物の八つ橋とわらび餅です。

デザインもいい感じgood

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

«第4回寝屋川ハート・アート展を見てきました。

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2018年7月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ