サイト内検索
ココログ最強検索 by 暴想

  • ポチッとよろしく!
    ご挨拶代わりに、「ポチッとよろしく!」お願いします。

最近のトラックバック

このブログとの関連リンク

にほんブログ村

にほんブログ村(PV)ブログパーツ

鉄道コム

  • 鉄道コム

2017年6月24日 (土)

京阪電車撮影日記(2017.6.11)

わたしですが、先月(5月)は体調があまり良くなく、撮影に出かける日はありませんでした・・・weep

しかし、自分の沿線を走る京阪電車は、ノンストップ特急「洛楽」の3000系による運用や、最近増えてきた各種HMの掲出など、見ているだけではもどかしくなり、11日、ようやく重い腰が上がり、沿線撮影で一番近場の「寝屋川6号踏切」へ夕方の下り列車を写しに行ってきました。

今回はそれをご紹介したいと思います。


Dsc_7947

まずはこちら。
京橋駅の改良工事で先行きがあやうくなった5000系(5554F)。
記録も早めにしておいた方が良いかもしれません。


Dsc_7956

次は豪華車両「プレミアムカー」の改造進行中で現在は7両編成で運転されている、8000系。

画像の8010Fはもと「トーマス特急」で、ヘッドライトが最後まで原型で残っていた編成なのですが、このほど現行のものに交換されました。


Dsc_7971

「デビュー20周年」のHMを掲出した、9000系(9002F)。


Dsc_7983

「キテ・ミテ中之島2017」のHMを掲出した13000系(13021F)。


Dsc_7999

現在はこの3000系で運転されている、ノンストップ快速特急「洛楽」。
8000系の「プレミアムカー」デビューの日からは、再び8000系で運転されるのか。
要注目です。


Dsc_8003

前出の「洛楽」の次に見たのは、この「快速急行」。

「快速急行」は、午前のダイヤでも8両編成で運転されます。

以前は、7200系や9000系でも見る機会が多かった「8両編成」も、昨今の相次ぐ「8両→7両編成化」でお目にかかれるのはもっぱらこの6000系ばかりになっています。


Dsc_8021

13000系による、普通中之島行き。

最近見る機会が多くなったこの13000系。
今回見れたのは、現時点で7両バージョン(20番台)では最新の編成となる13025Fでした。

それと引き換えに、2200系を見ることは少なくなりました。
今は一部の編成は、寝屋川車庫の「あの場所」で眠っているかもしれません・・・。


Dsc_8048


Dsc_8027

2600系0番台の普通と、30番台の急行。

下の2600系による急行は、以前のダイヤでは平日の7両編成の運用されることが多かったですが、今ではこの「急行」もほとんど見ることが減ってしまったのは、個人的には残念に思います。


Dsc_8037

この日2本目の「洛楽」は3000系ではなく、なんとこの6000系でしたcoldsweats02

「洛楽にもこんなイレギュラーな車両が抜てきされることがあるのか・・・」と正直驚きました。


Dsc_8059

この日最後に撮影できたのは、待ち望んていた「京都地下線開通30周年記念」HM掲出のこの10000系でした。

しかも、この10002Fは「2本目の7両編成」なのでしょうか。
だとすると、13000系(4両編成)の増備によるものだと考えられます。

そんなわけで、この日は楽しいひと時を過ごすことができました。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年6月17日 (土)

こんなものをいただきました。

先日のことですが、知人のNさんからこんなものをいただきました。


201706121

エビスビールについていた、ヘッドマークチャームというものです。


201706122

中身はこれupwardright

旧国鉄~JR時代を走った、今や懐かしのエル特急「有明」です。

これをプレゼントしてくれた知人いわく「有明海をのぞみながら、この列車に乗った思い出がある」とのことでした。


201706123

これが入っていた袋には、国鉄時代にデザインされたイラストで全国の懐かしのエル特急の数々・・。

とてもいい記念になりましたconfident

※おまけ画像


P_20170617_091116

今は紫陽花の見ごろのシーズン。
わたしも拙いですがcoldsweats01、写真を1枚。

自宅の近所に咲いている、紫陽花です。
今年はいろいろと忙しくて見に行けそうにないです・・・。

また来年、どこかに見に行けたらいいな・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年6月10日 (土)

JR大阪環状線訪問記(2017.1.28)‐玉造駅にて~新旧世代交代のとき~-

1月28日、もう一度JR大阪環状線の玉造駅へ出向きました。

その目的は前回と同じく、以前見た雑誌と同じアングルの写真(今回は商業施設「ビエラ玉造」の建物(巨大な103系を模したデザイン)を横目に大阪環状線を走る電車が疾走するもの)を撮るため、もうひとつは営業運転に就いた大阪環状線用の新型車両「323系」に乗車と撮影をすることでした。

まずは、京橋駅から外回りの電車に乗車。
画像はありませんが、乗車できたのが大阪環状線の新型車両の323系でした。

すれ違う電車を見ても、環状線の電車は201系か、この323系。
「環状線プロジェクト、順調に進んでるなぁ」
心の中でそう思いました・・・。

玉造駅で下車し、同じアングルの場所へ。


Dsc_7375 Dsc_7377

しばらく待っていると、またもや323系。
「323系、着実に数を増やしているな」
この時、そう思いました。

ちなみに、この先の線路はS字カーブになっていて、見ているだけでも楽しいです(^^)。


Dsc_7378

そのS字カーブの先に見えたのが・・・。


Dsc_7383

103系ですsign03写せてよかったですhappy02


Dsc_7387

カメラをホーム側へ向けて撮影して、見送りました。


Dsc_7426

時間は前後しますが、201系を撮影。
オレンジ色の201系が見れるのもあとわずかでしょうか・・・。


Dsc_7417

大阪環状線改造プロジェクトによる新車として大阪環状線専用として導入された、323系。
今後の活躍が楽しみです。


Dsc_7418

外回り電車の201系と並ぶ。


Dsc_7419

そして、大阪方面へ向かう同系を見送りました。
このあと帰路へ着くことに。


20170128_101706

乗車した電車は、先ほど撮影した103系。
車番を確認すると、ちょうど1周してきた編成となります。
左側に見える電車は・・・。


20170128_101740

323系です。
まさに「新旧の世代交代」の一場面を撮影できました。

このあと、103系に乗車し帰宅しました。

**************************************


20170312_09560411

20170311_2148151

先日購入した、323系のNゲージ(1/150スケール)鉄道模型(トミックスから発売)。
側面には「トミックス40周年記念」のロゴも。

トミックスさん、遅ればせながら40周年、おめでとうございます。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年6月 2日 (金)

京阪「京都地下線開通30周年記念イベント」に参加しました。

京阪本線の京都地下線(東福寺-三条間)が開通して、今年(2017年)5月で30周年を迎えました。

それを記念して、先月の27日と28日の両日、記念イベントが開催されました。

イベントの内容は、「京都地下線にまつわるクイズラリー」、「三条駅でのグッズ販売会(京都地下線開通記念グッズ販売など)」・・・などです。

わたしは、28日にそのイベントに参加してきました。

前述の「クイズラリー」では、ラリーポイント駅の4駅(中之島駅、七条駅、清水五条駅、祇園四条駅)のクイズに全問正解すると、ゴールポイントの三条駅でオリジナルデザインのキーホルダーがプレゼントされるというものなので、参加することしました。

今回は、諸事情で当日に最寄り駅で受け取りました。

まずは、最寄り駅から一番近い中之島駅へ向かいました。


S20170528_1

いつもの当ブログのパターンなら、参加日当日前にスキャンしたラリーシートをアップするのですが、今回は当日にアップすることにsign03

みなさんがよくされているやり方で、中之島駅に到着後に一枚camera


S20170528_2

閑話休題。

今回、最寄り駅から乗車した中之島行きの電車。折り返し出町柳行きになるのですが、久々に同駅の2番線に停車する列車を見たので、遠くに見えるシールドマシンのモニュメントと一緒に撮影。

画像の電車など、京阪の比較的経年の若い車両は、優先座席に車椅子スペースに加え、ベビーカースペースも追加されるようになりました(「ベビーカーマーク」のステッカーが追加で貼付けられた)。

このあと、中之島駅での出題のクイズを回答しました。


S20170528_3

そのあと、中之島発の電車に乗車し、天満橋駅で下車し、七条駅まで画像の3000系による「ノンストップ快速特急洛楽」に初めて乗車しました。

「ノンストップ」の文字通り、快適な移動ができました(^^♪。


S20170528_4

七条、清水五条、祇園四条の各駅のクイズの問題を解いて(この中で、一駅だけ答えるのが難しい駅があった)、三条駅に到着。

同駅へは、画像の「水の路」のHMを掲出した7000系(7002F)に乗車できました(^^)。

このあと、ゴールポイントでキーホルダー、そして、開通記念グッズの販売などのグッズ販売会で、開通記念グッズなどを購入し、帰宅しました。

**************************************


ここからは、プレゼントでいただいた、開通記念キーホルダーや購入した開通記念グッズを紹介します。


S20170528_5 S20170528_6


まずはこちら。

クイズの全問正解者にプレゼントされた、特製キーホルダーです。
表と裏で異なるデザイン(左:当時のHM、右:今年(2017年)10月31日まで、一部の編成に掲出のHM)となっています。


Simg224

続いて、購入した「地下線開通30周年記念」グッズです。

まずはクリアファイル。
現物は金色なのですが、スキャンの関係でこんな色です・・・coldsweats01
しかし、しかし・・・。

当時の京阪特急の主役は、今は引退してしまった、旧3000系でした。

下の写真に注目してみてください。
な、なんとcoldsweats02、くずはモールの「SANZEN-HIROBA」でデジタル動態保存されている、3505号車ではありませんかsign03


Simg225

裏面はシンプルに、30年前に地下線となった区間を路線図で示しています。


S20170528_7

もうひとつは、地下化された4駅の駅名看板マグネット(上画像)。
各駅の新旧の駅名看板をデザインしたマグネット、地上駅時代と地下線開通時の写真などが台紙にデザインされています。

この中で、わたしが特に印象に残っている駅があるのです。それは・・・。


S20170528_8

三条駅です。

幼い頃、亡き母に連れられて始めて旧3000系の特急に乗って、大文字焼きを見に行ったこと。

社会人になってはじめての勤務先で、現在は錦織車庫に保存されている80形電車で通勤のお世話になるため、今はなき地上駅の京津三条駅を利用するべく、通勤でいくども利用したこと。

あと、これは失念してしまったが、自分がまだ幼いころ母に連れられて、地上駅時代の三条駅で停車している電車を通り抜けて遊んだ記憶があった(当時、終着駅で地上駅時代の三条駅は、そういった構造だった。くわしくは、検索で)。

と、三条駅には、いろいろな想い出があったのでした・・・。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年5月27日 (土)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(8)

こちらの記事の続きになります。


Dsc_5574

このあと、3階のスカイテラスへ。
手前にはJR貨物の京都貨物駅、奥には東寺の五重塔が見えます。

もう夕暮れ時でしたが、澄み切った青空、心地よい風が吹いて気持ちが良かったですconfident


Dsc_5575

フェンス越しですがcoldsweats01、左奥に京都タワーが見えました。


Dsc_5577

1枚目の画像の角度を西側へ向けてみたらcamera、ちょうど新幹線bullettrainが走り去るシーンを写すことができましたhappy01


Dsc_5578

再び角度を変えて撮影。

赤矢印で示したところが、旧二条駅舎ともと「梅小路蒸気機関車館」の「扇形車庫」で、SL約20両が展示されています。

今回は時間の関係で見学はできませんでしたが、次回訪問時にはぜひとも見学したいと思っております。


Dsc_5580

このあと、再び1階へ。

もう、閉館時間も迫ってきていたので、名残惜しい気持ちになって見学しました。


Dsc_5586

交通科学博物館から移設されたSL、230形233号です。


Dsc_5584

同機のナンバープレートと、鷹取工場の復元銘板。


Dsc_5585

製造銘板(メーカーズプレート)も撮影camera
レトロな雰囲気がとてもいい感じ。


Dsc_5579

最後に、しめでこの構図を。
これだと、500系新幹線が主題という感じに。


Dsc_5582

そこで、角度を変えてもう一度。
時間も押していたし、これで良しとしました。

**************************************

この日は、なかっちょさんとご一緒させていただき、有意義なひとときを過ごすことができました。

改めまして、この場をお借りしてお礼申し上げます。

(完)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年5月21日 (日)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(7)

こちらの記事の続きになります。


Dsc_5556

Dsc_5557

このあと、わたしがいる2階中央の吹き抜けから、1階に展示している少しだけ見物。

まず目に入ったのは、2両の貨車。
(ヨ5000形5008号車、ワム3500形7055号車)


Dsc_5565

新たに展示車両となったEF66形35号機のほか、交通科学博物館から移設されたものも(「こだま号」のカットモデルなど)。


Dsc_5569

角度を変えてみると、こんなふうになっています。

この画像からは見えませんが、交通科学博物館から移設された、1800形蒸気機関車(1801号機)、EF52形電気機関車(1号機)、新たに展示された100系新幹線(122形5003号車)も、同館では展示されています。

では、同館の看板展示車両である3両をこの角度から見てみましょう。


Dsc_5566

Dsc_5567
(上)手前から583系(クハネ581形35号車)、500系新幹線521形1号車。
(下)489系(クハ489形1号車)。

これはまた、迫力があるなぁーcoldsweats02sign03と感じました。


Dsc_5570

機関車の先頭に掲出されたヘッドマークの展示も大好評(^^♪。


Dsc_5571

SLのナンバープレートもズラリhappy01sign03


Dsc_5573

これは、踏切の操作体験でしょうか?


Dsc_5572

再びフロアへ。
こんな近未来的な体験コーナーもありましたよ(^^♪。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年5月17日 (水)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(6)

こちらの記事の続きになります。


Dsc_5548

このあと、トワイライトプラザに展示のトワイライトエクスプレスの客車をチラ見して向かったのは・・・。


Dsc_5549

かつては、梅小路蒸気機関車館の入口でもあり、資料館でもあった旧二条駅舎。
同館になってからは、ミュージアムショップとなりました。
ここで、来館したお土産として、同館オリジナルのキーホルダーなどを購入しました。


Dsc_5551

このあと、ふたたび本館2階へ。



Dsc_5550

少し歩くと、壮大な鉄道ジオラマがcoldsweats02
しかし、今回は時間の関係でこの1枚だけに・・・。


Dsc_5552 Dsc_5553

次に見学したのがこちら。
「アコモデーション」(ここでは、車両の客室設備)の移り変わりについて学ぶための模型が展示されていました。


Dsc_5554

先日、阪急千里線の北千里駅が「日本初の自動改札機」を導入して、50周年を迎えたのも記憶に新しい、自動改札機の模型をくぐります。

その先には、少し見づらいですが、「切符のいろいろ」と題し、いろいろな種類のきっぷが展示されていました。


Dsc_5555

ここでは、「時間に正確な鉄道」と題し、一昔前(フラップ式)の列車発車案内表示器が展示されていました。

向かって左側をくぐると・・・。


Dsc_5559

先ほどとはさらに昔へタイムスリップ。


Dsc_5560

その横には解説パネルを設置。


Dsc_5562

そのそばには、こんなものも。
駅から荷物を送る受付所です。
今でいう「宅配便」ですね。

このエリアではこのほか、昔の運賃表、乗客が切符を購入するための「出札口」、「昔の駅員が行っていた仕事」と題して「駅事務室」の展示がなされていました。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年5月12日 (金)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(5)

こちらの記事の続きになります。

引き込み線の展示車両を見学したあと、次にまわったのはこちらでした。


Dsc_5546

「車両のしくみ」という、鉄道車両の動く部品などが展示されており、その名の通り、「鉄道車両の仕組み」が分かるというコーナーです。


Dsc_5534_2Dsc_5535


ここでは、車両を動かす「台車」を見ていきましょう。

(上)オハフ33形という客車に使用されていた、TR23形台車。
(下)京阪1700系に試験導入された、汽車会社製の空気ばね台車、KS50形台車です。


Dsc_5536 Dsc_5537


(上)スエ30形客車(救援車)に使用されていた、TR11形台車。
(下)阪急が誇る名車、2000系に使用されていたFS345形台車です。

こんな具合に、いろいろな台車が並べられていました。
   

Dsc_5540 Dsc_5539


次に見学したのはこちら。
いろいろな車両の「運転台」を、実車のものをモデルに紹介していくコーナーです。

ここでは、221系電車の紹介。

運転台は見れませんでしたが、パネルには「非常時における通り抜けの有無」についての解説があり、「通路を確保した運転台」の例として、この221系電車が取り上げられていました。


Dsc_5542

こちらは、0系新幹線の運転台。


Dsc_5543

解説パネルが見づらいですがcoldsweats01、これはDE10形ディーゼル機関車の運転台。


Dsc_5544

こちらは、同じくディーゼル機関車のDD51形の運転台です。


Dsc_5541 Dsc_5545


最後はブルートレインもけん引した電気機関車、EF66形。
ちょうど、男の子が操作していていたので、少しだけ。
(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年5月10日 (水)

今日の日記【132】きのうは、こんな本を・・・。

みなさん、こんばんは。

きのうは、かかりつけの病院の診察日でした。

いつもは自宅から、最寄りのバス停から最寄り駅までバスに乗って、そこから歩いて通院しているのですが、その病院は事前予約制で、診察時間がころころ変わることもしばしばあります。

で、今回は診察時間が京阪電車に乗車して、診察時間にちょうどいい時間に間に合うので、経路を変えて、歩いて数分のバス停からのバスに乗車して京阪電車の香里園駅まで移動し、そこから電車に乗り換えて最寄り駅まで移動するという経路です。

その電車に移動中の際にドアのステッカーの広告にインパクトのあるものが自分の目に留まったのでした・・・。

診察とお薬を受け取ったあと、取り置きしてもらっていた本があったので、最寄り駅の近くにあるツタヤに向かいました。

お店へ入ると、店員さんが別のお客さんの応対をされていたので、店頭の新刊コーナーをのぞいてみました。

最初は「おけいはん」の雑誌が目にとまりましたが、その左側を見るとeye、ありました。ありました。

「これだ!!」



Img001


住野よるさんの青春小説、「君の膵臓(すいぞう)をたべたい」(略称「キミスイ」)(双葉社刊)

この作品について、店員さんに聞いてみると「とても泣けるお話ですよ」。

電車の広告と共に、とても気になっていたので、思い切って購入しました。
就寝前のちょっとした時間にゆっくりと読んでいきたいと思います。

※おまけ画像


20170509

往路で乗車した京阪電車。
2200系(2216F)の2262号車に小さな変化が。
ヘッドライトがLEDに交換されていました(赤矢印)。

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

2017年5月 5日 (金)

京都鉄道博物館に行ってきました。(2016.5.20)(4)

このシリーズの最後の記事を書いてから、およそ1年間放置してしまってました・・・(>_<)。
なのでこれから、当時撮影した写真と、京都鉄道博物館(京都てっぱく、以下同館)のHPを参考にしながら、書きまとめていきたいと思っているので、しばしおつき合いくださいませ<m(__)m>。


こちらの記事
の続きになります。

次に向かったのは引き込み線。
この引き込み線とは、同館の館外に延び、実際の営業線とつながる線を活用して、現役で運行している車両なども臨時で展示できるというものです。

では、この日見た展示車両を紹介してまいります。


Dsc_5514

Dsc_5516

梅小路蒸気機関車館時代は、自分が訪問したころはあまり保存状態が良くなかった、旧型客車、オハ46形13号車も、美しい姿になりました。


Dsc_5513

「国鉄型客車」の証。
「日本国有鉄道」の銘板。

次はこちら。
洗練されたカラーとフォルム。


Dsc_5520

Dsc_5521

Dsc_5522_2

ここまで見たら、もうわかりますよねwink


Dsc_5529

JR西が運行していた豪華寝台列車「トワイライトエクスプレス」に連結されていた「サロンカー」、オハ25形551号車です。


Dsc_5533


Dsc_5530

Dsc_5524

一方、こちらは同じく「トワイライトエクスプレス」の電源車で荷物室を備える、カニ24形12号車。

引き込み線に展示されていた車両は、以上の3両でした。


※おまけ画像


Dsc_5532

検修庫で憩う、2両の客車。
次に向かうべき鉄路は何処だろうか・・・。

(つづく)

最後までお読みいただき、ありがとうございます。
クリック、お願いします。

にほんブログ村 鉄道ブログへ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道写真へ
にほんブログ村

にほんブログ村 鉄道ブログ 鉄道撮影地ガイドへ
にほんブログ村

鉄道コム

web拍手 by FC2

«JR大阪環状線訪問記(2016.12.4)-寺田町駅にて~帰路へ~-

京阪石山坂本線を走る路面電車

当ブログへようこそ!!

お天気娘の天気予報

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
無料ブログはココログ